アーカイブ

月別アーカイブ: 4月 2016

” atonal ” bricolage AGI Yuzuru – 30 sat April 2016 19:00-22:00 2000yen(inc 1drink)
@ environment 0g
https://nuthings.wordpress.com/2016/04/12/2016年04月30日(土)-atonal/

18995-schoenberg-of-borg
無力な世紀の変わり目に表出したシェーンベルク、ウェーベルン、およびバーグなどの ” 無調の音楽 “、2016年、ノイズやインダストリアルやドローン、ダークアンビエントやコンテンポラリーモダン・ミュージックに我々が聴いているのは美でも、平和でも、調和でもなく壊れていく世界を静観することだろう。20世紀のロシアで生まれたソビエト連邦のアバンギャルドの革新的なパイオニア Andrey Smirnovが名付けたジェネレーションZの ” sound in Z ” は、アート、音楽、およびフィルムの実験的なフュージョンによる画期的で並みはずれた物語だった。あの時代の想像力に供給した電波と電流の増殖。Zは、スパーク、電波、電気のエネルギーの痙攣、ジグザグを、、「 Zはスパーク、電波のジグザグを意味している 」、、、そうした実験精神を継承するEmptyset、KerridgeやYves De Mey、Shapednoiseたちのクラブカルチャーでの先端の電子音楽や具体音楽、ノイズなどのサウンドは音楽的な構造の新しい美学と新しい世界を生み出しつつあるのか?
photo – Schoenberg of Borg

Atonal 2

Andrey Smirnov’s Sound In Z
from The Wire Magazine

広告

Lumisokea ‎– Transmissions From Revarsavr

4/23 (sat) 2016 @ environment 0g
Lumisokea Japan Tour 2016
LIVE: Lumisokea (Alter/Opal Tapes) / Yuki Aoe / junya tokuda / Kentaro Hayashi
IMG_0330
IMG_0328IMG_0327IMG_0324

4/23のenvironment 0gでのLumisokeaの演奏は、 Vladimir Popov’の “Noise Instruments” と、ソビエト連邦での先見的な発明者と作曲者の開拓心に敬意を表すリズム・テクノロジーおよび実験的電子音響の、その建築的なポリリズムのどう猛さとトランスミッションの未来的な音響ビオトープとを結び付けた熱の帯びたライヴ・パフォーマンスだった。音のバランスもエンヴァイロメントで、素晴らしかった。ソ連で1920年代にデザインされたそのノイズ楽器は、テルミン、ノイズ・オーケストラ、 paper sound, syntones、オーディオ・コンピュティング、装飾的でグラフィカルなサウンドなどで、間違いなく実験音楽の歴史の最も肥沃で大胆な期間が1910から1930年代遅くにあった。例えば作曲家のArseny Avraamovたちが1930年代のソビエトで映画の効果音に使われていた光学式シンセサイザーVariophoneは、光学式のサウンドトラックのループ曲線、弧、波形をフィルム上に直接図形を手書きすることで、シンセサウンドが生み出せると考え発明された。スターリンの全体主義時代の発展するチャンスもなく、ほとんど忘れられて無数の未完成のアイデアとプロジェクトは残されたままである。ちなみにアルバム”Transmissions From Revarsavr” のレコーディングにおいて使われた「ノイズマシン」は、音楽研究所(モスクワ)の好意によりLumisokeaのためベルリンのリノイズ展示会で記録された。誤解しているひとが多いのでいっておくが、彼らの音楽の本質はクラブミュージックを装ったミュージック・コンクレートである、、、Lumisokeaは、インドや韓国からウラジーミル・ポポフキンまで、ノイズ機器のレコーディングにみられる電気音響の錬金術への愛情および伝統的なリズム・サイエンスと結合する。アルバム「Transmissions From Revarsavr」の意味は、多くの先見的な作曲者、理論家の開拓心についての賛辞でもある。
http://www.lumisokea.com/www.lumisokea.com/News.html

Vladimir Popov’の “Noise Instruments”
( http://www.themoscowtimes.com/sitemap/free/2014/3/article/sound-art-revolutionaries-rediscovered/496420.html )


1930s Russian Drawn Sound: Arseny Avraamov’s ‘Ornamental Sound Animation’
straypixel
2013/04/11

https://vimeo.com/155407711
– Blanc –
from Raymond Gwendal
Premier travail présenté dans le cadre d'un diplôme blanc de cinquième année aux beaux-arts de Bordeaux.
Premières recherches en vue de l'obtention du DNSEP.


Lumisokea | Nanissáanah [Opal Tapes 2016]
2016/01/21

スキャン 7
スキャン 8スキャン 9スキャン 10
Lumisokea ‎– Transmissions From Revarsavr
Opal Tapes ‎– OPAL065
Vinyl, LP, Album
UK
22 Jan 2016
Electronic
Abstract, Experimental
A1 Generation Z 5:51
A2 Buk 3:45
A3 Whirling Dervishes 6:22
A4 Hyman Otor 3:47
B1 Uroboros 6:20
B2 Engrams 5:29
B3 Nanissáanah
Recorded and mixed by Lumisokea
Mastered by Rashad Becker at D&M
Artwork by Darren Brian Adcock / Suk Ninmyo
Performer – Andrea Taeggi, Koenraad Ecker
Lumisokea:
Belgian/Italian duo, playing improvised electro-acoustic music.
OPAL TAPES 2016

Lumisokea
Transmissions from Revarsavr (forthcoming Opal Tapes)

Mats Erlandsson ‎– Valentina Tereshkova

スウェーデン/ストックフォルムの実験主義者(そして、Elektronmusikstudionスタジオ・アシスタント / 作曲家 ) Mats Erlandssonnの” Valentina Tereshkova ” は6曲の電子音響により構成されている。アルバム・タイトルになっているワレンチナ・テレシコワは、1963年6月16日に宇宙に2日と22時間を滞在しソビエト連邦の宇宙船ボストーク6を手動で操縦した最初の女性で、宇宙飛行中の女性の体の反応のデータを集めるのが目的でこのミッションに参加し、飛行中、宇宙酔いや酷い月経などの症状が表れヒステリー状態になり泣き続けたという話は有名。Posh IsolationやNorthern Electronicsなどからリリースされている新しいスカンジナビアの電子音楽には、インダストリアル・ミュージックとノイズの歴史に影響されたミュージック・コンクレートやフィールド・レコーディングなど、迷うことのない同時代意識の、現代音楽的力強いグリップが感じられ聴取者を納得させる。これもすべてエンプティ・セット以降の大きな流れだ。一般的に我々は過去の設定に基づいて音楽を経験するが、音楽は特別な何かを感じるように未知の特定の感情を表現することで、その新しいパターンや断片からくる感覚は、確実に新しい自分を作り上げる。エンプティ・セットは電子ピッチを振動させ雲のような深く厚い空虚なノイズでエンバイロメントを構築し、その空間のなかで身体と聴覚を振動させることによって我々の聴いてきた音楽の既成概念を根本から変えた。” 包まれる音楽 ” 、、、新しく生まれ変わりたいなら未知の宇宙に飛び出したテレシコワのように宇宙酔いを経験するがごとき、未知の新しい先端音楽を聴くことだ、、ストックホルムの肥沃な音楽土壌から生まれたマットの” ワレンチナ ・ テレシコワ ” は、強力な電子ループとサウンドスケープを可視化し、孤独と十字架信仰の恐怖の感情、未知の慈悲が歌われている。北欧のヴェネツィアとも呼ばれているスウェーデンの首都ストックホルムから生まれた美しいアルバムだ。

http://matserlandsson.bandcamp.com/releases
http://poshisolation.net
https://www.facebook.com/poshisolationsounds

poshisolation
Mats Erlandsson – Ivory Towers

スキャン 12スキャン 13
スキャン 14スキャン 15
Mats Erlandsson ‎– Valentina Tereshkova
Posh Isolation ‎– POSH ISOLATION 165
Vinyl, LP
Denmark
26 Feb 2016
Electronic
Abstract, Experimental
A1 Ivory Towers
A2 Etterum
A3 Simulacra
B1 Glances
B2 Valentina Tereshkova
B3 1671 Chaika
All music composed by Mata Erlandsson
Mastered by Daniel M Karlsson at EMS,Stockholm
Thanks to Loke Rahbek, Yair Elazar Glotman & Maria W Horn.
Dedicated to Ada.
Front photo by Merih Koc
Back photo by Kristian Emdal
Art Direction by Hojlund & Rahbek
POSH ISOLATION 2016

https://www.youtube.com/watch?v=MoXTPRMCfuU
Mats Erlandsson – Simulacra [Posh Isolation]
Vincent Glandier
2016/03/10
Album: Valentina Tereshkova
Artist: Mats Erlandsson
Label: Posh Isolation
Released: 2016

https://www.youtube.com/watch?v=0UsBrpTnEic
Mats Erlandsson – Glances [Posh Isolation]
Vincent Glandier
2016/03/10
Album: Valentina Tereshkova
Artist: Mats Erlandsson
Label: Posh Isolation
Released: 2016


Mats Erlandsson | Scarlett Rooms [Posh Isolation 2016]
0AntN
2016/02/25

R-7971460-1452687595-2284.jpeg
Mats Erlandsson ‎– Selective Miracles
Posh Isolation ‎– Posh Isolation 167
2 × Cassette, Album, C21
Denmark
05 Jan 2016
Electronic
Ambient, Abstract
I
A-I Scarlett Rooms
A-II Class And Commodity I
B-III Use Roman Numerals
II
C-IV Class And Commodity II
C-V Selective Miracles
D-VI Vanishing Membranes
D-VII Consensual Factories
Composed By Mats Erlandsson
Composed by Mats Erlandsson in the Summer of 2015. 200 copies.
Thanks to Loke Rahbek, Yair Elazar Glotman, Maria W. Horn and Daniel M. Karlsson.
Dedicated to Laila Karin Kristina.
POSH ISOLATION 2016

ーーーー

https://www.youtube.com/watch?v=TUbCFx34V2w
Mats Erlandsson live @ Fylkingen 2016-01-08
Mikael Snäll
2016/01/13