アーカイブ

月別アーカイブ: 5月 2013

The Haxan Cloak ‎– Excavation

いまはもう通報があって消去されてしまったけど、The Haxan Cloak「Excavation」のD2に収録されている曲「The Drop 」のYoutubeには、オフィシャルではなく彼らの音楽の支持者である一個人がアップした1979年にRaoul Ruiz ( ラウール・ルイス ) によって制作されたフランスの映画 「 The Hypothesis of The Stolen Painting – 盗んだ絵の仮説 」の映像の一部が使用されている。この映像でのイメージがThe Haxan Cloakの音楽すべてにあてはまるわけではないけれど、ブルジョアのホームで起こるスキャンダルと想像の世界、改革運動、テンプル騎士団員、および秘密結社、画像収集者の謎などによって展開する映画の持つコンテキストは、彼らのシュールなサウンドイメージを拡張してくれ、インダストリアルテクノ、モダンクラシカルやダークアンビエント、ノイズと呼ばれる音響に付加するイメージ誘発には、こうした手もありかなと興味をそそられた(著作権違反とやらで通報する人間、もう救いようないな) 。

the haxan cloak-01the haxan cloak-03
the haxan cloak-04the haxan cloak-05
The Haxan Cloak ‎– Excavation
Tri Angle ‎– TRIANGLE18
2 × Vinyl, 12″, 45 RPM, 33 ⅓ RPM, Album
UK
Released: Apr 2013
A1 Consumed
A2 Excavation (Part 1)
A3 Excavation (Part 2)
B1 Mara
B2 Miste
C1 The Mirror Reflecting (Part 1)
C2 The Mirror Reflecting (Part 2)
D1 Dieu
D2 The Drop
allsongs – Bobby Krlic D2- For Stina
mastered by Matt Colton at Alchemy
photograph – Cody Cobb http://www.codycobb.com
design – Dr.Me http://www.dr-me.com
mastered at Alchemy Mastering
includes free MP3 Album download
Triangle 2013

http://tri-anglerecords.com/#

The Haxan Cloak – “The Mirror Reflecting” – Pitchfork Music Festival Paris

*pitchforktv ·: 2013/12/02
The Haxan Cloak performs “The Mirror Reflecting” at Pitchfork Music Festival Paris at Grande Halle De La Villette.

vlcsnap2012011712h21m31ロックとは、ぼくにとっては常に「歪んだ真珠」を想起するもので、このラウール・ルイスの映画に描かれた衣装を身につけた役者がポーズをとって絵画のような情景を作る活人画のごとく、バロックの精巧な技法によって現実とフィクションの間のぼかされた超現実的描写がなされていることに尽きる。ルイスの「 The Hypothesis of The Stolen Painting – 盗んだ絵の仮説 」には超現実的で異様な寓話 ( 夢に裂かれたラブ ) 、神秘学と悪魔崇拝、不吉な雰囲気を作り出すことにより芸術と現実を融合させる。それはロックの現在形でもあるインダストリアルテクノ、モダンクラシカル、ダークアンビエント、ドローンのなかにもみられる。そこにピエール・クロソウスキーのようなポルノグラフィ、強烈なエロティシズムが発酵しているなら文句ないのだが、、、「 ルイスの映画は、ボルヘス、グリーナウェイの初期の映画 (滝 – 垂直のフィーチュア・リメーク ) 、芸術理論および実験の映画の様々な他の形式を愛している人々向けです。これは、実際に伴うシーンを備えた拡張エッセイのように感じます。全く魅了するexperiment… ( A Film Rumination: The Hypothesis of the Stolen Painting, Raoul Ruiz – 1979) 」

The Hypothesis of the Stolen Painting Part 1

**The Hypothesis of the Stolen PaintingはPart 7までアップされていて全編みれます。

The Haxan Cloak – Consumed
http://www.youtube.com/watch?v=9ILQ86SW1n4

The Haxan Cloak – Excavation (Part 1)
http://www.youtube.com/watch?v=EFkLHlDRoNk

The Haxan Cloak – Mara
http://www.youtube.com/watch?v=rZejB9scdG8

「Excavation」は演奏者というよりサウンドデザイナー/アレンジャーとしてBurning Star CoreやKevin Drummの楽曲を再構築、再解釈している。彼をドローンアーティストなどと短絡に一括りに評価すべきではない。予測不可能のテクニックと感性を持つ凄い才能の持ち主だ。6月8日にSpitalfieldsのために制作した16世紀の作曲家/リュート ( 撥弦楽器の一種で、主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器 ) 奏者John Dowlandへのオマージュともいうべきメランコリックな新曲をシリーズで公開するらしい。そのなかでもJohn Dowland「Lachrimae」は、Bobby Krlic ( The Haxan Cloak ) の新しい作品のためのインスピレーションとなったもので、彼の別ユニット”スキャナ”の音楽制作の背後にある予測不能のコンピューター・ジャンク・オーケストラ装置の解釈を特色とし、多重器楽演奏家、チェロのための新しい作品を示すこと、ギターおよびその衝撃によって連結されるオリジナルの作曲および映像。ぼくはこの歳になっても、再び退廃堕落の、そして死と快楽の象徴「バロック」の虜となり、魔法にかけられたまま人生を終えそうで本望だ。「重く沈むフォルム」に対し、「飛翔するフォルム」、規範からの逸脱と過剰、光と影の対比、不安定の中で或るものから或るものへ移行し、他の存在を結び付けてゆく生命の流れ、もう一度言っておく、ロックとはバロキスム「歪んだ真珠」のことである。それこそがイコールこの世界の、自分の意志で変えることのできない運命、命数、常数。

John Dowland – 7 Lachrimae in 5 parts (1605)

John Dowland-Lachrimae Pavan, and galliard
http://www.youtube.com/watch?v=SEMS3vwxWtc

John Dowland – My Lord Willoughby’s Welcome Home
http://vimeo.com/3532583

Mr. John Langton’s Pavan – John Dowland – viol consort

from earlystringsbystolz 3 years ago NOT YET RATED
Those recordings are meant for my pupils to play with and listen to, but they are also a way for me to play those consorts myself.
Unfortunately I miss the right people to play them with in reality, so I keep doing it like this.
(I hope the listener doesn’t mind)
The consorts were popular in England during the sixteenth and seventeenth centuries
They played an important role at court and in households of the wealthy in the Elizabethan era.
John Dowland wrote many pavans and galliards for consort, but these pieces also can be played on the lute or viginal.
ernst stolz

The Most Sacred Queen Elizabeth, Her Galliard – John Dowland
http://vimeo.com/6716484

✝✝

R-3134552-1317370355The Haxan Cloak ‎– Observatory
Aurora Borealis ‎– ABc-01
Cassette, EP
UK
Released: 01 Dec 2010
Side A Observatory
Side B Hounfour (Temple)
This is the second edition cassette release of the Observatory E.P.
AURORA BOREALIS 2010

The Haxan Cloak — Observatory

✝✝✝✝✝

** Ashkin Damavandi ( Writer/Director at Varou X ) の映像には、The Haxan Cloakの音楽が多く使われている。この映像での音楽は The Haxan Cloakが2011年にUKのAurora Borealisからリリースした「The Haxan Cloak」に収録されている曲。彼の文章や映像にみられる植物的バロキスム感性。「ドリア様式における樹木が円柱に実物の形体が幾何学図形に変形する様式ではなく、ベルニーニやチェリゲラの作品のように円柱が樹木になるような様式をバロック」( エウヘーニオ・ドールスのバロック論 )
https://twitter.com/AshkinDamavandi

sea PULL
from Ashkin Damavandi PLUS 1 year ago / Creative Commons License: by NOT YET RATED
Shot on Ikonoskop Acam DII under a single low sodium vapor streetlamp w/ Canon 8-64mm. Color Grading done in Adobe Lightroom. Just for fun 😉
Music: © The Haxan Cloak, In Memoriam

「 6月24日は、708年のうち、陽気な群衆がVazonフォレストへ群がっていました。それは美しいスポットでした。島の他の部分は露出していて、多少荒れていた;ここで、土の湿度は、素晴らしく活発な材木の成長に適していた。低地においては、カシとスズカケノキが、一層よく保護された場合、自由に豊富な新緑で成長して、木が大西洋の強風のその力に遭遇した海岸の近くで裂かれ曲げられて繁栄した。より高いものにおいては、傾斜が、集中したブナ、カバ、島で飼育されたヨーロッパグリでした。気候の柔和によって育成された豊富な花でいっぱいになる林間の空地は、四方八方に森に浸透した;スプリングから上昇して泡立ち、それらのコースが花崗岩巨石によって小さなカスケードを形成して、流れて、その魅力を増していた。森林の中心の方へ、これらの流れは、どれが巨大なカシを立てたかに中央の島を囲んで、湖、あるいはやや自然な堀を形成するために結合した。これは島の上のただ一つの木でした;アーチ状の、12個の置かれた石の距離でさえ、それを越えて、周囲の水まで延長された様々な色調できらめく牧草地  ( Ashkin Damavandi PLUS ) 」

The Haxan Cloak – In Memoriam
http://www.youtube.com/watch?v=vzUQAS0d5Bo

CTM Trailer
http://vimeo.com/35502106

2013 5/31 am0.01

広告

FELIX K
INDUSTRIAL DRUM ‘N’ BASS

lo:topia welcomes felix k

*from lo:topia 3 months ago / Creative Commons License: by nc nd ALL AUDIENCES
08.02.2013 // Kassablanca Jena // Lo:topia presents:
Felix K (Hidden Hawaii/Dystopian/Berlin)
Whatwhatwhat (Ashore/lo:topia/Berlin)
Lekande (lo:topia/Jena)
—————————————————-
Die Sache schien so sicher, doch der Weltuntergang wurde wieder einmal verschoben. Nächster Termin: 2029. Vorerst genug Zeit also, um sich ausführlich tieffrequenten Utopien elektronischer Musik zu widmen. So wie Felix K, der bereits seit 1995 fester Teil der Berliner Musikszene ist und auf seinem Imprint Hidden Hawaii samt seinen diversen Sublabels (QNS, Solaris, Sub) feinsinnig die Brücke zwischen Ambient, Drum’n’Bass, Dubstep und Dub Techno schlägt. Bei seinen Tracks kommen Namen wie Instra:mental, Photek oder Doc Scott in den Sinn, dennoch tragen sie stets eine ganz eigene Handschrift. Als Produzent auf eher subtilen Sohlen unterwegs, jagt der Berliner hinter den Decks auch gerne härtere Töne durch die Woofer. So fand Felix inzwischen auch bei dem Berliner Party-/Labelkollektiv Dystopian Anschluss, das seit Jahren die raue, melancholische, düstere Seite elektronischer Tanzmusik beleuchtet. Unterstützung kommt in dieser Nacht von den beiden lo:topia-Residents Whatwhatwhat und Lekande, die ebenfalls im Auftrag elektronischer Vielfalt unter dem Motto „Bass Is Boss“ unterwegs sind.
AK.: 5.-€
flxk1.blogspot.de
soundcloud.com/whatwhatwhat
soundcloud.com/lekande
facebook.com/lowtopia
drift-ashore.de/
music: unknown – adult a2 (weevil series)

15のトラックで構築されたFelix Kの「 Flowers Of Destruction ( 破壊のフラワー ) 」は、尖端で密かに起こっている運動、デムダイクステア「 Test Pressings 」などに象徴的な新たに表出しつつあるインダストリアルな‹nu drum n Bass›の雰囲気の生成および感情の喚起には必要不可欠な素材だ。振り返れば2、3年前からシャクルトンやモノレイクで始まった“nu drum n bass”、あるいは“Industrial Drum n Bass”は、いままさに感染し拡大しつつある。90年代のスクエアプッシャーから始まったあのドラムンベースではないインダストリアルの文脈をイニシエーションしたもうひとつのドラムンベースの流れがいま新たに形成されつつある。ひとつの徒花で終わってしまうのか大きな潮流を形成するのか、いまは判断に困るけれど、確かにクラブミュージックの尖端はここにある。3枚組「 Flowers Of Destruction 」はドラムンベースとはいってもleftfieldish、ambientishな作品だ。この音響を活かすには彼の過去のQNSシリーズ、ソラリス・シリーズなどの作品とミックスするのが最適。

Felix K-01Felix K-02

Felix K-03Felix K-04

Felix K-05Felix K-06Felix K-07

Felix K ‎– Flowers Of Destruction
Hidden Hawaii LTD ‎– HHD LTD 000, 0000 ‎– 0000 001
3 × Vinyl, 12″, Album, Limited Edition, Grey
Germany
Released: 04 May 2013
A1 Flower Of Destruction #1 A2 Flower Of Destruction #2 A3 Flower Of Destruction #3
B1 Flower Of Destruction #4 B2 Flower Of Destruction #5
C1 Flower Of Destruction #6 C2 Flower Of Destruction #7
D1 Flower Of Destruction #8 D2 Flower Of Destruction #9
E1 Flower Of Destruction #10 E2 Flower Of Destruction #11 E3 Flower Of Destruction #12
F1 Flower Of Destruction #13 F2 Flower Of Destruction #14 F3 Flower Of Hope
written and produced by Felix K
mastered, Lacquer cut by LXC
lacquer cut at R.A.N.D. Muzik
artwork by Sebastian Manger
phonographic copyright (p) – Hidden Hawaii
copyright (c) – Hidden Hawaii
pressed by Optimal Media GmbH
distributed by Hard Wax
edition of 500 copies.

http://hiddenhawaiirec.blogspot.jp/

Felix K – Flower Of Destruction#4

**HiddenHawaiiDigital·: 2013/04/26
This video is an artistic interpretation of the tune “Flower Of Destruction #4”. The tune is taken from Felix K’s debut album “Flowers Of Destruction” that is released by Hidden Hawaii LTD.
Music: (c) Hidden Hawaii 2013
Video: (c) Sebastian Manger 2013
The video work was created from randomly taken material from the internet. § 24 UrhG applies

***

Felix K-V-05Felix K-V-06

Felix K-V-07Felix K-V-08

Felix K ‎– Res Extensa EP
Hidden Hawaii LTD ‎– HHD LTD 007
Vinyl, 10″, 45 RPM, Limited Edition, EP, Grey-Translucent, Stamped
Germany
Released: 2012
A Res Extensa
B Aussenwelt
mastered by LXC
mastered at R.A.N.D. Muzik
photography by Rohan Reilly
distributed by Hard Wax
sleeve consists of two parts of a photography screenprinted on two cardboards
limited to 185 numbered copies

90年代の初めに表出してきたドラムンベースの持つ無限の可能性、実験精神、フリースタイルには未来が見えていた。それらは最終的にフューチャージャズ、nu Jazzへの迷路に侵入し消滅してしまうのだが、ここでのドラムンベースに未来はみえない。同時代音楽としてのインダストリアル精神病の呪術的狂気の記号と黙示録世界を描くダーク・アンビエントとミニマルダブ・テクノが、その化学反応によってFelix Kなる突然変異を起こしたまでのことだ。

Felix K – Aussenwelt (Hidden Hawaii LTD)

Felix K – Res Extensa (Hidden Hawaii LTD)
http://www.youtube.com/watch?v=3k0Ahw5cDFE
*HiddenHawaiiDigital· 2012/09/01
(c) Hidden Hawaii 2012
http://hardwax.com/66571/felix-k/res-…

Felix K -V-01Felix K-V-02

Felix K-V-03Felix K-V-04

Felix K ‎– Res Cogitans EP
Hidden Hawaii LTD ‎– HHD LTD 006
Vinyl, 10″, 45 RPM, Limited Edition, EP, Clear, Stamped
Germany
Released: 2012
A Res Cogitans
B 11 Block Girl
mastered by LXC
mastered at R.A.N.D. Muzik
photography by Rohan Reilly
distributed by Hard Wax
sleeves consist of two parts of a photography screenprinted on two cardboards. Limited to 217 numbered copies

Felix K – Res Cogitans (Hidden Hawaii LTD)

*HiddenHawaiiDigital·: 2012/09/01
© Hidden Hawaii 2012
http://hardwax.com/66570/felix-k/res-…

Felix K – 11 Block Girl (Hidden Hawaii LTD)
http://www.youtube.com/watch?v=4dNyUXFBhhM

********

Felix Kの作品にはそのジャケットからカラーヴァイナルまで灰色の美意識で統一されている。アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の名探偵エルキュール・ポアロ ( Hercule Poirot ) は、事件の真相に近づくと「私の灰色の小さな脳細胞 ( little grey cells ) が活動を始めた」と口走ることで有名だが、灰色の脳細胞、脳を含む中枢神経は、灰白質と白質とに分類され灰白質は神経細胞の集まっている部分、白質は神経細胞から伸びている神経線維で、物事を考える脳の大脳皮質という部分は、灰白質 ( gray matter ) がいっぱい詰まっている。Felix Kはそのことを知っているのか知らないのか確かめる術もないが、灰色というのは「 人生・将来などが灰色 暗い ・ 陰鬱(いんうつ)な ・ 暗く沈んだ ・ 滅入(めい)るような ・ 重苦しい ・ 絶望に近い ・ 期待のもてない ・ 見通しのきかない ・ 魅力のない ・ 色あせた ・ 単調な ・ モノトーンの ・ ダークな」という意味もある。

Felix K – Scapes Pt. 2 [Alpha Centauri I]

Felix K-08Felix K-09

Felix K ‎– Alpha Cutauri I
Alpha Cutauri ‎– ACA I
Vinyl, 12″, EP, 33 ⅓ RPM, Marbled
Germany
Released: Jan 2013
A1 Escapism Part 1 5:59
A2 Escapism Part 2 4:37
AA1 Scapes Part 1 3:09
AA2 Scapes Part 2 4:45
AA3 Scapes Part 3 4:52
concept, a&r, mastered by LXC
lacquer cut at R.A.N.D. Muzik
chrome labels, chrome silk-screen printed sleeves

Felix K – Escapism Pt. 1 [Alpha Centauri I]
http://www.youtube.com/watch?v=OSNW1J6Ma20
*Belanna999·: 2013/01/25
From the Escapism EP
Buy it here: http://hardwax.com/04925/felix-k/esca…
https://www.facebook.com/flxk1?fref=ts
Just for promotion.
Please write me a direct message if you have complains about this upload concerning copyright issues. In that case, I will delete the video immediately.

Felix K – Escapism Pt. 2 [Alpha Centauri I]
http://www.youtube.com/watch?v=mvoQZV7WanU

KOTO-01KOTO-02

Koto ‎– Alpha Cutauri II
Alpha Cutauri ‎– ACA II
Vinyl, 12″, EP, 33 ⅓ RPM, Marbled
Germany
Released: Jan 2013
A1 Filmscape 5:42
A2 Motions 5:57
AA1 Emersion 6:33
AA2 Endgame 6:11
concept, a&r, mastered by LXC
lacquer cut at R.A.N.D. Muzik
chrome labels, chrome silk-screen printed sleeves

SUB-01SUB-02

Sub ‎– Alpha Cutauri III
Alpha Cutauri ‎– ACA III
Vinyl, 12″, EP, 33 ⅓ RPM, Marbled
Germany
Released: Jan 2013
A1 Alpha 6:37
A2 History 5:43
AA1 Deeper 5:39
AA2 Hades 3:50
concept, a&r, mastered by LXC
lacquer cut at R.A.N.D. Muzik
chrome labels, chrome silk-screen printed plastic sleeves.
the marble will only show when the record is held against light, otherwise it appears like regular black vinyl

Sub : History

**sissinaelettronica·: 2013/03/05

2013 5/27 pm18.04

******************************************************************************************

Lussuria – Industrial Drum n Bass / Minimal Dub / Dark Ambient / bricolage: AGI Yuzuru
6/3 (mon) 19:00-23:00 1500yen ( inc 1drink )

–¼Ì–¢Ý’è-1おそらく3.11以後の大災害の続きが近いうちに再び我々を襲うだろう、その時期は切迫しているように感じるけれど、覚悟はできているのかな。6/3 (mon) 19:00-23:00 1500yen ( inc 1drink ) の「 Lussuria – Industrial Drum n Bass / Minimal Dub / Dark Ambient / bricolage: AGI Yuzuru 」では、尖端音楽,実はModern Loveレーベルのアンディ・ストットなどの音楽に秘められているVirginia Ding Dong Bellの映像にみられる「 滑稽にちゃかしたヴィンテージ、カメラのためにポーズをとるヴァージニア・ベル女王、固有のヴィンテージ・ストッキングおよびガーターベルト ( 一致するべきさらに美しい1組の蝶スパンコール ) 」のエロティシズムとセクシーな空気感やB級センスをフロアに再現しながら展開できたらと考えている ( 映像に使われているサウンドも時にはミックスして生かすかも ) 。インダストリアルなサウンドとこうした退廃的/糞耽美な映像はとてもマッチしている。最近ぼくやnu thingsの周りには気持ちのいい人間やミュージシャンたちが集まりつつある。そうしたひとたちで新しいパーティーが展開できたら、、、平日月曜ですが、ぜひ、ひょっこり顔みせてください。
Virginia Bell star of the 60’s

プロローグには次の映像も30分ほど流します。
+CTM Trailer
+sea PULL
from Ashkin Damavandi PLUS 1 year ago / Creative Commons License: by NOT YET RATED
Shot on Ikonoskop Acam DII under a single low sodium vapor streetlamp w/ Canon 8-64mm. Color Grading done in Adobe Lightroom. Just for fun 😉
Music: © The Haxan Cloak, In Memoriam
+THE COLOUR LEXICON
from Jennie Cole 1 year ago / Creative Commons License: by nc sa NOT YET RATED
A trailer for something that happened/didn’t happen.
Music samples are:
The Haxan Cloak – Parting Chant
Chimo Bayo – Asi me gusta a mí
Dreamcrusher – Anti-Pop
Paprika OST – Parade Theme
+The Parting Chant
from Chris Schofield 1 year ago NOT YET RATED
Little Video i shot for my director class.
Song is Parting Chant by The Haxan Cloak
+Club To Club – #C2C12 – The Future Is Yet To Come (Director’s Cut)
+#C2C12 • The Future Is Yet To Come

Repetition / Distract – salles des perdus
Anthone ‎– Double Dub / Clear View
Weevil Neighbourhood

repetition : distract-01repetition : distract-02

repetition - distract-03repetition - distract-04

Repetition/Distract ‎– salles des perdus
Weevil Neighbourhood ‎– WAIT
Vinyl, LP, Limited Edition, Album, Clear Vinyl
Germany
Released: 17 Dec 2012
OLD WEEVIL NEIGHBOURHOOD
Experimental, Drone, Musique Concrète, Field Recording, Ambient
A1 Untitled Pt. 1
A2 Untitled Pt. 2
A3 Untitled Pt.3
B1 Untitled Pt. 4
B2 Untitled Pt. 5
B3 Untitled Pt. 6
written by Felix Hoeck
mastered by LXC
additional etching, side A: “A LICHEN MAPPED…”
additional etching, side B: “…ON MILD CLAYS”
clear vinyl, hand-screenprinted artwork on clear plastic sleeves, hand-stamped and -numbered, limited to 100 copies for the world

Repetition - Distract – salles des perdusドイツ、ベルリンのレーベルOld Weevil NeighbourhoodからのRepetition / Distractの2012年のアルバム「 salles des perdus 」や、 2011年のカセット「 Old Weevil Neighbourhood, Old Weevil Neighbourhoo 」は、即興のシンセサイザーとひび割れたデジタル処理の旋律の破片とノイズ、ダークアンビエント・サウンドで構築されたフィールドレコーディング/ミュージックコンクレート。ヴィニールの上にスクリーンプリント ( シルク印刷 ) されたジャケットとスケルトンヴァイナルの美しい美術品のような100枚限定コピー「 salles des perdus 」は、Felix HoeckのプロジェクトRepetition / Distract ( 反復 / 転ずる、混乱させる ) として発表されたもの。資料によるとそれは2006年にPlain ProductionからFile/MP3で発表した「Recordings 07/2004 – 05/2005 」Dostoevskian ( haha;D ) の特性に起因したもので、クリム半島、タンジール、カラカスあるいはハリファックスへの孤独な旅行の際の、荒れ果てたホテルの大きく開いた窓から射し込んで来るかのような機械類、原始的なドラム・コンピューター、アコーディオン、および輸送湾の貝殻に似た狭い通路で見つけた様々な音のコラージュ+フィールドレコーディングと、自宅で録音された小さなメロディーの破片によって構成されている。「salles des perdus」でのサウンドはそのカセット「 Old Weevil Neighbourhood, Old Weevil Neighbourhoo 」とそれほどの違いはない。Repetition / Distractの描く世界は「憂鬱、不穏な、高揚、知性に訴える、聖礼のーあなたの夢と悪夢にパーフェクトなサウンドトラック」。

*weevilneighbourhood·: 2011/12/15
Old Weevil Neighbourhood is a sort of homespun musique concrete, the source material was gathered from various recording sessions, which was subsequently manipulated and edited into a four piece electro-acoustic composition. Grey drones are combined with melodic fragments, everyday environmental sounds drift through synthesizer improvisations and the crackle of unstable digital processing. The result is a skewed look into a landscape of gentle noise and rich timbres.

Repetition/Distract – Old Weevil Neighbourhood, Old Weevil Neighbourhoo

http://www.discogs.com/release/2684825
http://www.weevilneighbourhood.com

Repetition-Distract:b-01Repetition/Distract ‎– Recordings 07/2004 – 05/2005
Plain Productions ‎– pp015mx
File, MP3
Germany
Released: 20 Mar 2006
1 Kurhotel Sewastopol
2 A Visitor For Mr. Merrick From Hell
3 Blink And You’ll Be Even More Confused
4 Paracetamol
5 Black Black Black Black
6 Wir Warten Darauf Dass Das Leben Beginnt
7 Does It Help Hurt Loving
8 She Lays Her Head In There – Lumber
9 She Lays Her Head In There – Condor
10 She Lays Her Head In There – Panorama
http://www.plainaudio.com/experimental/releases/pp015mx.html
http://grooveshark.com/#!/album/Recordings+07+2004+05+2005/4568300

Repetition/Distract ‎– Old Weevil Neighbourhood
Weevil Neighbourhood ‎– PICNIC
Cassette, Limited Edition
Germany
Released: 04 Apr 2011
A Old Weevil Neighbourhood Pts. 1 & 2
B Old Weevil Neighbourhood Pts. 3 & 4
composed and artwork by Felix Hoeck
limited to 100 copies.

*****

Anthone ‎– Double Dub / Clear View

体長は数mmから数cmくらいの小型の甲虫で動きが遅いが頑丈な外骨格で身を守り敵に出会うと死んだふりをするゾウムシ「Weevil Neighbourhood」を商標にしたベルリンのレーベルは、正直まだ未知数だ。300枚限定の10″でリリースされたAnthone – Double Cub / Clear Viewはその中でも特に注目すべきアイテムで、ベルリン伝統のディープな重低音至上主義/ダブテクノの、フィールドレコーディングなどによって構築されたエクスペリメンタルな作品。

Antbone-01Antbone-02
Antbone-03Antbone-04
Anthone ‎– Double Dub / Clear View
Weevil Neighbourhood ‎– DOTS
Germany
Released: 08 Oct 2012
A Double Dub
B Clear View
mastered by LXC
additional etching, side A: “ONE TIMES TWO TIMES TWO”
additional etching, side B: “ALL OBSTACLES IN MY WAY”
black vinyl in brown discobag, handstamped and -numbered.
limited to a total of 300 copies (No. 51-300; first 50 copies come with handprinted artwork).

**Edition of 300 hand-stamped 10″s in sealed sleeve** Scuttling out of a mound somewhere in Weevil Neighbourhood, Berlin, Anthone gives two dub technoid steppers for the underground. A-side ‘Double Dub’ swings with brittle, spindly percussion and worm-charming bass in a cavernous, spherical dub space. B-side ‘Clear View’ shudders expansive dub chords on a skippin’, itchy 2-step/Dubstep rhythm.

Anthone – Double Dub / Clear View, Double Dub [DOTS]

*weevilneighbourhood·: 2013/04/21
Hard on the heels of his debut release, the “Aloof EP”, Anthone delivers a dense and dubbed out two-tracker to the Weevil Neighbourhood: “Double Dub” and “Clear View”.

2010年に始められたOld Weevil NeighbourhoodからのThe Weevil Seriesの作品はすべて匿名性を持つ。アノニム ( Anonymity、anonymia ) とはギリシャの単語に由来するἀνωνυμίαから生まれた言葉で、匿名(性) 、作者不明、名前を伏せる正体不明、無名を意味する。コミュニケーション・パートナーの同一性が危ぶまれるこの時代に、意識的に公に個人のパーソナル・アイデンティティー ( 個人情報 ) の状態を堅持するというのは、ある意味でその創造がプロフェッショナルなものではなく、私生活をより大事にするための趣味、アマチュア、素人の域と公言しているようなものだろう。しかしアーティストに限っては、その匿名性も逆に計算され尽くした戦略としての、アーティストや作品そのものの神秘性の要素を加えるものという見方もある。「国民に1人づつIDを交付し、ネット使う時はログイン必須、ID情報は国が管理して、18才未満は完全フィルタリング 、当然犯罪予告なんか出たら一発で身元バレして逮捕 、日本人みたいな匿名でしかものが言えない陰険な種族は これくらいやらないとダメだろ 」と、Twitterやインターネットのソーシャルネットワークは匿名性を失くすべきだというひともいるが、個人的には身元の知れない匿名性で流れて来るガセネタや情報などはハナから無視すればいいだけ。それにしても日本人って、ほんと匿名性でしか本音の言えない奴、多過ぎると思わない?

Anthone – Double Dub / Clear View, Clear View [DOTS]

*weevilneighbourhood·: 2013/04/21
Hard on the heels of his debut release, the “Aloof EP”, Anthone delivers a dense and dubbed out two-tracker to the Weevil Neighbourhood: “Double Dub” and “Clear View”.

http://www.weevilseries.com/
https://twitter.com/weevilorchestra
acebook.com/weevilseries
discogs.com/label/weevil+series

BKJSQctCYAI5I2E*クラフトワーク来日で世のおじさんたちは騒いでいるけれど、クラフトワークなんていまや全体主義を象徴した音楽だろ。「わたしはもはやマジョリティ ( majority )です」と言ってるようなものだ。そのことに彼らが気付いていないこと自体が滑稽でおかしい。あの3D眼鏡をかけて一心不乱にクラフトワークのライヴを観ている彼らの写真をみてごらん。どうみても「人が集まると集団が出来る。集団を集合ととらえたときの最大の部分集合がマジョリティ」というけど、ファシズムっぽく格好悪い。あんな中にはいたくないな。あのライヴに1万円近い金を払う余裕があるなら、デトロイトテクノからベーシックチャンネル、そして現在のベルリンでの尖端音楽のレコードでも買って、クラフトワークの文脈がいまどこにあるのか、お勉強でもして欲しいものだ。当時京都KBSTVの「ポップスインピクチャー」でニッポンで初めてクラフトワークを紹介した人間として、ひと言だけ、、、

2013 5/20 pm17.50

********
May 20, 2013, 12:40 pm現在 閲覧数 40,000人ジャスト

ピクチャ 1