Internazionale ‎– The Pale And The Colourful

お臍の下から前立腺あたりまでの手術痕を見るたびに人生で一度も「あなたを愛してる」なんて言えなかったぼくは、例えひと時でも身体を交えてきた罪のない可愛いかった女性たちからの天罰を受けているんだろうなと、思える。子供も家庭も持たないで一生独身で過ごすエゴイスティックな音楽生活を貫徹するには、未来を孕み過去にみたされた現在を、その自由を維持するためには仕方のない、愛を放棄する手段しかなかったんだよね。38度の熱に魘されたまま聴いていたからなのか、Posh Isolationからの新譜Internazionale ‎– The Pale And The Colourfulもまた、2015年の夏入院時に書いたEtodolac Baroque/Imre Kiss – Raw Energy EP (12”) [LT006] / Aembry Onicでの、神話または寓話的な混合物での間接的にカトリックの教義をギザギザのキーで開けたまさにバロックで、ここにも10年前駆け足でただ通り抜けた東欧旅行での、スロヴァキアの共産主義時代のノスタルジックなオレンジ色の街灯が入り混ざっている。「 ” ペール・アンド・カラフル ” は、これまでのインターナショナルの作品を論理的にまとめたものであり、彼が知覚するようになった官能的な合成瞑想の代表例です。彼の作品に対するクリアなポップ感覚は、騒音とあいまいなフィールド・レコーディングで曇っていて、音楽が私たちを持ち上げようとしているのか、それとも私たちを抑えようとしているのかは分かりません。 確かなことは、これまでのインテルナショナル・リリースはこの新しいアルバムのレベルに達していないということです ( Posh Isolation 193 ) 」
70年代以降ロックというバロキスムに呪われたぼくはおそらくカオスのなかに夢を見てきたのだろう。 「呪われたものは永遠に呪われているのではなく、ただいつでも呪われるのであって、おのおのの瞬間に自分を地獄に落としている。・・・おそらくこの呪われたもののヴィジョンは非常に深いところでもっと広大な脈絡でバロックに属している・・( 襞 – ライプニッツとバロック/ ジル・ドゥルーズ )
Etodolac Baroque
https://agiyuzuru.wordpress.com/2015/08/23/etodolac-baroque/


Internazionale – The Pale And The Colourful (Full Album) |Posh Isolation]
Vincent Glandier
2017/03/24
Tracklist:
A1 Bells Of Addiction
A2 Ruby Heart
A3 Initials
A4 They Taught Us To Count The Days
B1 Protection Glass (Love Is The Cure)
B2 The Pale And The Colourful
B3 Ivy Covered Windows
B4 White Peacock
Album: The Pale And The Colourful
Artist: Internazionale
Label: Posh Isolation
Released: 2017

https://poshisolation.net
https://www.discogs.com/artist/3987561-Internazionale
https://www.instagram.com/amortheworld/

Internazionale ‎– The Pale And The Colourful
Posh Isolation ‎– Posh Isolation 193
Vinyl, LP, Album
Denmark
24 Mar 2017
Electronic
Ambient
A1 Bells Of Addiction
A2 Ruby Heart
A3 Initials
A4 They Taught Us To Count The Days
B1 Protection Glass (Love Is The Cure)
B2 The Pale And The Colourful
B3 Ivy Covered Windows
B4 White Peacock
Internazionale: Mikkel Valentin Dunkerley
POSH ISOLATION 2017

Giuseppe Ielasi ‎– 3 Pauses

Giuseppe Ielasi ‎– 3 Pauses
Senufo Editions ‎– snf01
3 × CD, Album
Italy
Feb 2017
Electronic
Abstract
1-1 Part 1 28:06
2-1 Part 2 25:56
3-1 Part 3 28:38
Released in a box, each cd has own hardcovered envelope
SENUFO EDITIONS 2017

GIUSEPPE IELASI
Born in 1974, lives near Milan, Italy. He started playing guitar in 1988, and worked for many years in the area of ‘improvised music’ (long term collaborations with Renato Rinaldi in the duo Oreledigneur, Alessandro Bosetti, Michel Doneda, Ingar Zach, Dean Roberts). He has performed live with Taku Sugimoto, Jerome Noetinger, Mark Wastell, Martin Siewert, Nmperign, Brandon Labelle, Nikos Veliotis, Gert-Jan Prins, Phill Niblock, Oren Ambarchi, Thomas Ankersmit and many others. In recent years his main interest has been in site-specific solo performances, still using guitars as primary sound sources but integrating microphones and multi-channel speaker systems in order to create complex networks for sound diffusion in relationship to space.
Milanese guitar player and composer. Ielasi co-founded Fringes Recordings label and distribution service in 1998, and later founded Schoolmap with Francesco Tenaglia, as well as Bowindo and Senufo Editions.
https://www.facebook.com/Giuseppe-Ielasi-102293919812332/

http://www.senufoeditions.com
Senufo Editions:
Italian label for experimental music released in very limited editions. Established and run by Giuseppe Ielasi.:
senufoeditions (at) yahoo (dot) it
https://senufoeditions.bandcamp.com
https://www.discogs.com/ja/label/190605-Senufo-Editions

floating signifiers | march 25 2017
bricolage AGI Yuzuru
19:00-22:00 2000yen(inc 1drink + CDR)
@ environment 0g
https://nuthings.wordpress.com/2017/03/08/2017年03月25日(土)-floating-signifiers/

先端音楽にみられるフローティング・シニフィエ=「空の記号 ( empty signifie ) 」は意味を発するのではなく吸収する記号で、その浮かれて、美しい、浮かぶ緩やかな記号は、特定の方向への行動を促進する。それは新しく発生する音楽を共有し体験し感覚することでしか見えてこないが、この概念は、特定の記号への固定を拒否するポストモダニズムの多くのテキスト形式で使用され、単語または兆候に対する究極の決定可能な意味があるという。そして記号的思考がそれに内在する矛盾にもかかわらず作動し、全体を形作る。先端音楽に隠された音象徴(おんしょうちょう)は、音そのものがある特定のイメージを喚起し同時代意識を呼び起こす・・・2017年、音楽 ( 世界 ) のリアリティはここにある・・・

※to not see the wood for the trees; to be caught up with trivial matters and lose sight of the big picture
「 木を見て森を見ず 」
そんなことにならないために・・・