Die Tödliche Doris
Sprechpause



当時の西洋資本主義と社会主義両方のグリップを超えた文化的作品を合成ブレンドし民主化しようと、80年代初期、西ベルリンのポストパンク・コミュニティに生まれたDeadly Doris、”Die Tödliche Doris” は、1980年に当時の西ベルリンで、ヴォルフガング・ミュラーが主宰していたダダイスト集団 “Die Geniale Dilletanten” のプロジェクトのひとつとして結成されたもの。彼らは音楽、映画、絵画、パフォーマンスなど自由なアプローチの代名詞となった。アルバム「沈黙(Sprechpause)」は1981年から1982年に Chris Dreier、Nikolaus Utermöhlen、Wolfgang Müller によって古いテープに記録されたもので、1982年に発表されたファースト・アルバム ” ” の最後に収録されていた曲 “In der Pause”。その “In der Pause” をオリジナルテープから再び蘇らせ、ここではムーグアナログ・エフェクト・モジュールとAbleton liveでノイズ、アンビエント、ソニックコラージュに再構築している(ドイツのWDR、NDRとHR、ラジオ・イタリアIBFとラジオ・カメルーンを含むラジオとテレビ局からのアーカイブ・インラウンドを補完している)。このヴィニールの再発行には、元の24ページの小冊子の複製が含まれている。
Die Tödliche Dorisは、ノイエ・ドイチェ・ベレにも、どこにも属さないベルリンのポスト・パンク・アヴァンギャルド、どちらかといえば美術のジャーマン・ニュー・ペインティング派からの異例の音楽人生を歩んでいる。

Fang Bomb
Die Tödliche Doris – Acht-Jahres-Pause / Eight-Year Pause

Die Tödliche Doris
https://web.archive.org/web/20020110010256/http://www.die-toedliche-doris.de:80/index.html


Die Tödliche Doris ‎– Sprechpause
Fang Bomb ‎– FB027
Vinyl, LP
UK
Dec 2017
Non-Music
Sound Art
Sprechpause
A1 Sendepause / Broadcast Pause 2:51
A2 Ratenpause / Payment Pause 3:01
A3 Acht-Jahres-Pause / Eight-Year Pause 3:11
A4 Schweigeminute / Minute Of Silence 3:11
A5 Pausenmusik / Pause Music 3:39
No Audio
B1 Untitled 5:00
B2 [silence] 12:00
B3 Untitled 6:00
Recorded – Chris Dreier, Nikolaus Utermöhlen, Wolfgang Müller
Mastered by Martin Bowes
Mastered at The Cage Studios
Photography – Werner Walczak
Side A contains five “pause music” tracks.
Side B contains three tracks: B1+3 with constant white noise. B2 is a silent track.
Recorded from 1981-1982, first released in 2017.
FANG BOMB 2018

Fang Bomb:
Fang Bomb is a record label based in London, UK. Founded in Gothenburg, Sweden in 2006.
http://www.fangbomb.com

““In der Pause” (During the Pause) was the title of the last track on the b-side of “ “, the first album by Die Tödliche Doris. “In der Pause” was pause music, as well as the announcement of the interval between their debut album, released in 1982, and the box format project ”Chöre und Soli” that followed in 1983. The original sounds of “In der Pause” survived on a single audio tape dating from 1981.

Now, about 35 years later, Chris Dreier and Wolfgang Müller have used the material recorded on the audio tape as the source for five new tracks of pause music. The material on the original audio tape has was reworked using Moog analogue effect modules and Ableton Live. It has been supplemented with archived announcement interludes from radio and television stations, including German stations WDR, NDR and HR, Radio Italy IBF and Radio Kamerun.

“Sprechpause” was recorded in 1981 — 1982 by Chris Dreier, Nikolaus Utermöhlen and Wolfgang Müller and reworked by Wolfgang Müller and Chris Dreier in 2017.”

https://vimeo.com/10567849
Die tödliche Doris
Christoph SattlerPLUS
Musiker, Autor und Island-Experte – Wolfgang Müller ist ein kreativer Tausendsassa. Und er hat Geschichte geschrieben. Als Mitbegründer der Avantgarde-Band „Die Tödliche Doris prägte er den Stil der genialen Dilettanten. Ein Ausflug in die Subkultur der 80er-Jahre. // Redaktion: Mischa Pfisterer, Christoph Sattler, Realisation: Hanno Stecher

https://vimeo.com/search?q=Die+tödliche+Doris

広告

Alex Augier ‎– Germination

DAC Records
Alex Augier ‘Germination’ (DAC2017)

2002年に設立されたフランスのレーベルD’Autres Cordesは、インプロヴァイズド・ミュージック、コンテンポラリー・ジャズ、エレクトロ・アコースティックなどの作品をリリースしていた。初期の作品はそれほど特筆すべきものはないが、特に2015年にエレクトロニックな音楽に焦点を移した後のDAC RecordsからリリースされるFranck Vigroux “Rapport Sur Le Désordre”と、 もうすぐリリースされるAlex Augier ‎– “Germination”の2枚は、新しい時代意識に裏付けられた音楽と視覚的な要素を含むハイブリッドの美学を探求していて、進化する電子音楽のプロセスを示している。Alex Augier ‘Germination’には、Subtext Recordingsの共同設立者Roly Porterの解体された超重低音リミックス”The r/K Strategies”も含めた4つのトラックで構成されていて、実験的な音楽の境界を、電子的にも器械的にも拡張している。
「音色の成長と痙攣性のリズム 発芽のより有益なAmon Tobin様のThe Selfish Geneのダイナミクスと増殖するチャンスの貪欲な形への放出は、突然変異する可能性がある(Richard Allen)」
Alex Augierは、パリに拠点を置く電子+A/Vアーティストで、 彼の作品は、サウンド、ヴィジュアル、フォーマルな要素を含む横断プリズムのデジタル美学を探求している。 これらの要素は、景観の空間内で相互作用し、視聴覚演奏の形式を取る。 パフォーマーの存在は、マルチメディアによって送信され、デザイン、プログラミング、技術が芸術的プロジェクトの不可欠な部分である創造的プロセスの概要を守る。

Alex Augier:
Audiovisual artist from Paris, France.
http://www.alexaugier.com
https://soundcloud.com/alexaugier
https://alexaugier.bandcamp.com/album/germination
https://www.facebook.com/alex.augier.av
https://twitter.com/AlexAugier
https://alexaugier.bandcamp.com


Alex Augier ‎– Germination
D’Autres Cordes ‎– DAC2017
4 × File, FLAC, EP
France
26 Jan 2018
Electronic
Experimental, IDM
A1 Germination
A2 The Selfish Gene
B1 A Chance To Proliferate Is A Chance To Mutate
B2 The r/K Strategies (Roly Porter Remix)
Design, Photography – ABM Studio
D’Autres Cordes ‎ 2018

D’Autres Cordes:
The French label D’Autres Cordes, established in 2002, first turned towards improvised music, contemporary jazz, electro-acoustics, etc.
In 2015, after shifting the focus on exploratory music, notably electronic, it became DAC Records.
:Email: julie(at)dacrecords.fr
http://dacrecords.fr/index.php
http://www.dautrescordes.com
https://soundcloud.com/dautres-cordes
https://myspace.com/dautrescordes
https://vimeo.com/dautrescordes

_nybble_ / Official Teaser
alexaugierPLUS
Audiovisual Performance
2016
Coproduction : Arcadi, Stereolux
Credits : Gisele Production

https://vimeo.com/238329414
Multiplicidade_2025_Ano_13 | Alex Augier
Festival Multiplicidade

raster-noton | synthetic coloring

ラスター・ノートンの作品を本格的に購入し始めたのは、2003年の ‘ senking – tap ‘あたりからで、それ以前の東ドイツの90年代の頃の作品は情報も少なかったこともあるが、当時ジャズ的なるものを追従していたぼくはあまり興味を抱けなかった。先駆的なエレクトロニクスとミニマル・デザインのための作品は、ぼくにとっては電子回路中に現れる接触不良などに伴うバグ雑音=グリッチの快楽的サウンドにショックを受けてからのことで、その後、ヴィデオ・プロジェクターを使ったラスター・ノートンのライブショーケースのオーディオ・ヴィジュアル・メッセージと相まって2013年のemptysetーrecurの頃までは、それこそこのレーベルとともに意識変容を重ねてきたといえるだろう。建築とランドスケープデザインを学んだのち、音と空間の理論的性質に興味を抱いていたカールステン・ニコライの、音をループ回路のオシレータと音声信号発振器を用いて変形させ、曲の根源的なリズムや和声的要素として用いたクリック、グリッチは、それ以降のダンスミュージック=クラブミュージックすらも変革したといえるだろう。Raster-Notonの創立20周年を迎えての書籍とCDの出版 ” RASTER-NOTON SOURCE BOOK 1 ” 。Raster-Notonはミュージカル・プロジェクト、グラフィック出版物およびインスタレーションを制作するアーティストのためのプラットフォームで、このソース・ブック1は共同設立者のOlaf BenderのTextから始まり、レーベルのアイデンティティーと哲学についての洞察を提供するBerliner、Max Daxのインタビューが続く。カタログには、Raster-Notonのアーティストが署名したヴィニール、コンパクトディスク、ポスター、書籍、インスタレーションが時系列で表示され、ミニマルな美学が魅力的だ。Source Book 1にはArchivシリーズのコンパイルCDも収録されていて、イントロスペクションと遊び心のあるポップの間で変化するAlva Noto、Byetone、Frank Bretschneider、Kangding Ray、Emptyset、Senking、Grischa Lichtenberger、Kyoka、Robert Lippok、Uneo Masaaki、Anne-James Chatonなどレーベル傘下のアーティストたちのミニマリスト電子音楽の自由な実験的構成を含んでいる。ソースブック1は、3キロの重さで400ページあり、1.000部限定で、厚紙ケースに入っている。そのモジュール式設計により、ページを削除、交換、または追加することや、コンテンツを更新することが可能になる。この書籍の出版は、ひとつの時代が完璧に終わったことを意味している。このアーカイブの改訂版の続きとして、アーティストのプロフィール、インスタレーション、作曲テクニック、インスピレーションの源について文書化するさらなる書籍が計画されている。さて我々も2020年に向けてのアップデート・モダニズム宣言だ。

synthetic coloring
RASTER-NOTON
12 mon February 2018
@ environment 0g
pm19.00-pm22.00
2000yen inc.1 drink + CDR
bricolage AGI Yuzuru

https://vimeo.com/90687918
LEV 14 · HERMAN KOLGEN · SEISMIK ·

https://agiyuzuru.wordpress.com/2017/04/05/raster-noton-source-book-1/
https://agiyuzuru.wordpress.com/2017/05/28/v-a-magnetband-experimenteller-elektronik-underground-ddr-1984-1989/
https://agiyuzuru.wordpress.com/2017/01/13/jesse-osborne-lanthierunalloyed-unlicensed-all-night/