アーカイブ

月別アーカイブ: 3月 2018

Electric Indigo-5 1 1 5 9 3 (Imbalance Computer Music)

Robert HenkeのImbalance Computer Musicレーベルのハイエンド・テクノ・エレクトロニカからリリースのElectric Indigo-5 1 1 5 9 3 (Imbalance Computer Music)は、コンピュータ・ミュージック、エレクトロテクノ、エレクトロアコースティックな学術的サウンドアートとクラブミュージックを横断する。そのトーンやミニマリストの構造は絶え間なく変化し続ける。その結果、エクスカーションの反復的なエレクトロニック・ノイズの渦、4.31Hzの圧力、リズム主導のハイライトTroisのカットアップ、巨大な空間的音響を構築している。
電気音響学における実験的な電子音楽への関心を持つElectric Indigo(Susanne Kirchmayr)は、1965年オーストリアのウィーン生まれ。 彼女は、コンサートスペース、クラブ、舞台劇、サウンドインスタレーション、短編映画のための音楽を製作し、そのコンポジションやライブパフォーマンスでは、しばしば粒状の合成で生成された微妙に凝縮されたミニマルな音の空間的配置も持つ構造を強調している。
Electric Indigoは1989年ウィーンでDJ活動を始め、3年間(1993-1996)ベルリンで伝説のHard Waxレコードストアで働く。 1998年には、女性、トランス、非バイナリアーティストのための女性と圧力のネットワークとデータベースを創設し、そのワークショップではジェンダーと多様性の問題について取り上げている。Prix​​ Ars Electronica 2009で名誉脚本、2012年にコンピュータ音楽部門で「優れたアーティスト賞」、オーストリア連邦教育文化芸術文化省から2013年度には全国グラントを授与されている。

 

 

Darcy In Paradise
Electric IndigoPLUS
Taken from the album 5 1 1 5 9 3 [imbalance computer music ICM-09], released on 16 March 2018.
Audio & video by Electric Indigo
imbalance.de/releases/icm-09.html

indigo
Electric Indigo – 5 1 1 5 9 3 / album excerpts [imbalance computer music 09]

Electric Indigo:
Susanne Kirchmayr
DJ since 1990, working in various clubs around the world, such as the Ultraschall (München), E-Werk (Berlin), Tresor (Berlin), Ballhaus (Bonn), Douala (Ravensburg) and Flex (Vienna). As a producer and composer, she won the ‘outstanding artist award 2012’ for computer music and got the national grant for composition 2013 from the Austrian Federal Ministry for Education, Arts and Culture.
http://indigo-inc.at
https://www.facebook.com/electricindigo
http://imbalance.de/releases/icm-09.html
https://soundcloud.com/indigo
https://twitter.com/electric_indigo
https://myspace.com/electricindigo
http://www.roberthenke.com/releases/imbalance.html
http://www.roberthenke.com


Electric Indigo ‎– 5 1 1 5 9 3
Imbalance Computer Music ‎– ICM 09
2 × Vinyl, 12″, 45 RPM, Album, Grey
Germany
16 Mar 2018
Electronic
Experimental, Techno
A1 Excursion
A2 Observations
B1 The Landing
B2 Trois
B3 Darcy In Paradise
C1 Ntandathu
C2 Second Organ
C3 4.31 Hz
D1 Sept (Album Version)
D2 Perpetuate
Liner notes by the artist: Special thanks to Aiko Okamoto, Ani-Ruth K. Lugani, Angelika Lepper, Carla Santana, Christina Nemec, Eric Jung, Etapp Kyle, Heidi Mortenson, Hüseyin Evirgen, Jennifer Cardini, Johan Stephan, Jorge Sánchez-Chiong, Larissa Kapp, Lesego Sefako, Maja Osojnik, Marc Weidenbaum, Mieko Suzuki, Natalia Britos, Nicolas Canot, Paulo Martel, Pedro Pérez Pinedo & Efrén Pérez, Philisa Bidi, Rosa Danner, Rossella Melchionda, Siavaxshan Mirzaee, Vaiva Hawkins, Valeria Rueda, Willie Nurger and Wolfgang Dorninger for your voices on Trois! I loved working having you around :-)Another big thank you goes out to Sadie Plant for the her voice and the inspiration for Perpetuate. “To let noise into the system is a fine art.
IMBALANCE COMPUTER MUSIC 2018

広告

Chevel
Always Yours

MumdanceとLogosのディファレント・サークルからリリースされるイタリアのプロデューサーChevelの”Always Yours”。ヒプノティック・ミニマルテクノと90年代後半の英国のサウンドシステム・ミュージックを召喚し、Different Circlesならではの、2018年の傑出した未知のダンスミュージックを提示している。
「アルバム・コンセプトは、いままでの継続であり、ビートレストラックでクライマックスする “無重力”のコンセプトで、モジュラー・シ​​ンセや古いRolandのボックスを使って、それらをデジタルで処理し、その後多くのアコースティック録音による処理をしました。 ヴェネツィア・ビエンナーレ2017でフランスのパビヨン・スピーカーを通してトラックを演奏した実際のリバーブと背景ノイズを捕らえ、そのコントラストが私の響きと美しさを伝えるものだと思います・・・。」
Chevelの作品は、これまでにStroboscopic Artefacts、Mistry、Non Series、彼自身のレーベルEnklavなどからリリースされている。待ちに待った最新の先端音楽がもうすぐ発売される。
彼の言う „weightless music ( 無重力音楽) ” とは、テクノベースの音楽のブレークビートとダブステップなどをパーカッション・インダストリアルとパステル・アンビエントに合成した抽象的なサウンドで液体エレクトロニクスにコンポジションしたものと言えるだろう。

Chevel:
Dario Tronchin
Italian electronic music producer and founder of Enklav. and Monday Night Records labels.
https://soundcloud.com/chevelmusic
https://twitter.com/chevelmusic
https://www.facebook.com/chevelmusic


CHEVEL — ALWAYS YOURS
Cat No: DIFFLP002
A1 One Evening
in July
A2 The Call
A3 Bullet
A4 Arp 2600
B1 Warming Bath
B2 Data Recovery
B3 Dem Drums
B4 Underwater
B5 Always Yours
All tracks written and produced by Dario Tronchin
Mastered by Matt Colton at Alchemy Mastering
Distributed by Boomkat
Additional synthesis and tape loops on Dem Drums, Warming Bath and Underwaterby Filippo ‘Wavefold’ Nunziale and Michele Braga
Partly recorded at Xavier Veilhan’s Studio Venezia during Venice Biennale 2017 with Clément Roussel (recording engineer) and Matteo Gori (recording assistant)
One Evening In July contains a sample of Nurturing by Renick Bell
Always Yours contains a sample of Always Yourz by Tyler Houghton
Cover photograph: Yusuke Yamatani
Cover design and layout: Alex Gross at ourplace.studio
Coding: Gianmaria Schinezos
Special acknowledgments to Jack Adams, James Parker, Victor Nebbiolo Di Castri, Christian Olofsson, Stefano Trombetta.
® + © Different Circles, 2018.


CHEVEL
2018/01/26
DIRECTION EDITING & POST PRODUCTION BY MATTEO MASALI
MUSIC BY CHEVEL
PRODUCTION BY MICHELE ANGELO (SUPEREXPRESSO)
MECHA DESIGN BY KALLAMITY
ADDITIONAL FILMING:
SEOUL — ALESSANDRO ALLEGRI
HONG KONG — FRANCESCO BALZANELLI
NYC — DARIO TRONCHIN & MICHELE ANGELO
® + © DIFFERENT CIRCLES, 2018

Mitchell Goor ‎– Hope & Anchor


Mitchell Goor – Strength In Fellowship [Pinkman 023]
the29nov films [chamber]
2018/03/14
Hope & Anchor [PNKMN23]
https://pinkman.bandcamp.com/album/ho…
Video by Sebastian Kökow | the29nov Films

For the 23rd release on Pinkman, Rotterdam based Mitchell Goor delivers a 4 tracker of slow, raw and warped Techno. The contrast between unpolished percussive instruments and ethereal melodies reoccurs throughout the release and gets polished and refined by haunting vocal samples and pungent acid bass lines. This gives the record an ability to take audiences on rollercoaster rides through tension and anger as well as hope and promise, powered by permanent, adrenaline stimulating, raw energy.

Pinkman.
PNKMN23 | Mitchell Goor – Hope & Anchor (clips)

Mitchell Goor:
Label owner of Common Thread. From Rotterdam.
https://0110001101110100.bandcamp.com
https://soundcloud.com/mitchellgoor_ct
https://pinkman.bandcamp.com/album/hope-anchor-pnkmn23
https://ja-jp.facebook.com/pinkmanrecords/

Mitchell Goor ‎– Hope & Anchor
Pinkman ‎– PNKMN23
Vinyl, 12″, 33 ⅓ RPM, EP
Netherlands
12 Mar 2018
Electronic
Techno, House
A1 Haifa 1888
A2 Strength In Fellowship
B1 The Thrashing Ropes
B2 Hope & Anchor
PINKMAN 2018