AGI Yuzuru(阿木 譲)

0g [ zero-gauge ]

「音楽はいまも言葉を超えている。そして、言葉はいつも心に足りない。(0g, Emptyset)」

長きにわたり、言葉を綴り、本を編み、クラブを構え、DJ/bricolage を展開してきた阿木譲の言葉だからこそ、強く、深く、胸に響く。0g[zero-gauge]、それは、音楽と音楽に表出される世界を、誰も追随できない射程の広さと深さでとらえてきた「阿木譲のEgo System」の最新形だ。ならば『EGO』から語り始めよう。

Decode の深度。1986年、CSV渋谷で『EGO』と出会う。膨大な情報量、斬新なエディトリアルと造本、全てが衝撃的だったが、なかでも、歴史的・文化的・思想的な音楽の解読の深さには驚嘆した。
Abstract の密度。1990年、島之内の Mathematic Modern。自ら立ち上げたクラブで阿木譲の DJ を初めて体験、「相似律を抽出して俯瞰する」作業を経て空間に解き放たれる音の密度に圧倒された。
Evocation の強度。1994年、湊町の cafe blue。 店のスタッフに阿木譲を紹介される。「本を読むだけではだめだ、音を聴け」と挑発してくる阿木譲という人間の存在の強度、その片鱗に触れた夜。

1994/2000。展覧会のデザイナーを探して秋山伸と出会ったのも1994年だった。以来、仕事を通じて多くの刺激を受けてきた。2000年の『プラスチックの時代|美術とデザイン』のカタログ(デザイン:秋山伸)には阿木譲のテキストも収録している。

Updating Modernism の速度。2013年、阿波座の nu things。阿木譲+秋山伸の対談という稀有な機会。同年末、この二人によって『0g』が刊行され、2014年には『0g』の刊行と連動する複合プログラム「DE/construct: Updating Modernism」および「CON/cretism」が開催された。誰も追いつけない瞬発力と驚嘆すべき持続力。阿木譲は、両立しがたいふたつの速度を自在に操り、モダニズムを更新し続けている。

2015年、紙媒体と webで展開してきた 0g は、新たな場の始動を予感させ、期待感に満ちている。「尖端音楽から全音楽史を俯瞰する」阿木の思考に触れ、「コンテンポラリー・モダン・ミュージック」の世界を体験するには、0g を読み、阿木の DJ/bricolage を体験するしかない。0g[zero-gauge]、それは、音楽と音楽によって表出される世界が、阿木譲という稀有な存在を媒介として、「人間主義的な重力圏から解き放たれた音楽」を現前させるために生み出した「音楽の Ego System」でもあるのだから。

梅津元(埼玉県立近代美術館主任学芸員/芸術学)

0g (zero-gauge)web
http://www.zero-gauge.com/

————————————————————————————-

”’阿木 譲”’(あぎ ゆずる)は音楽評論家、エディター、レコードプロデューサー、DJ。大阪府在住。

AGI_Yuzuru
AGI yuzuru @ nu things

”'[略歴]”’
雑誌1976年に「ロックマガジン」、以降「EGO」、「E」、「fashion」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、1978年には日本初のインディーレーベル「Vanity Records」を設立し、以降「neu product」、「Personnages recordings」、「remodel」を運営、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。
近年では自身のレーベル「remodel」よりV.A「a sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In Samoa」をリリース。
運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 / プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。
自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。
一時休止していたブログを再開し、国内外問わず大きな反響、影響をもたらす。
2013年12月24日にはデザイナー / アーチストの秋山伸氏と共にアートジン[ 0G – zero g]を発刊、出版パーティーで用意した限定初版は瞬く間に売り切れ、約10年ぶりに紙媒体を発表することで話題を呼ぶ。
2014年1月24日に東京現代美術館 contentで開催されたFRUEでは氏を知らない層にも圧倒的なインパクトを残し、更なる支持を得る。 ( nu things 平野隼也 記 )
https://agiyuzuru.wordpress.com/

”'[歌謡歌手時代]”’
1963▼9月11日 松竹映画「嵐を呼ぶ十八人」吉田喜重監督のオーディションに合格 たかし役で出演
1966▼秋 バイトをしていたホテルニュージャパンを訪れた関谷文栄にスカウトされ、舟木一夫の所属する第一共栄プロダクションと東芝EMI専属の歌手への道を歩む。
1967▼5月19日 東京八王子公会堂で初ステージ
▼5月28日 「ロッテ歌のアルバム」出演
▼6月5日 東芝レコードからシングル『高原の慕情』[TP-1462]でデビュー
▼9月5日 2nd『錆びた十字架』[TP-1518]発売
▼12月1日 3rd『俺には天使の君だった』[TP-1556]発売。
1968▼『星影の波止場』(日活)主役で出演(主題歌『俺には天使の君だった』)
▼ 3月1日 4th『俺の影が泣いている』[TP-1609]
▼7月1日 5th『たった一人の海』[TP-2015]
▼9月1日 6th『霧に消えた恋』[TP-2043]
▼雑誌『ヤングレディ』11月25日号に「全告白──阿木譲(歌手)貧困の屈辱のなかで愛と女に飢えた22歳」と題した暴露記事を発表、芸能界引退

”'[放浪時代]”’
1969▼大阪難波にあったフォーク歌手が集った伝説の喫茶「ディラン」を拠点に活動開始
1970▼5月24日「ビー・イン・ラブ・ロック」@大阪天王寺野外音楽堂に出演
▼11月 佐藤信率いる演劇センターの黒テントでの創作劇「不演不唱(ぶるうす)」に出演
▼ハプニングス・フォーをバックバンドに自主制作シングル『生きているだけのことなんだ』
▼ディラン発行の小冊子『ディランズ・チルドレン・ソングブック』に「俺らは悲しいウィークエンド・ヒッピー」を掲載
1972▼初夏 アメリカ・サンフランシスコに旅立つ
▼写真家の福田ヒロに連れられヒッピーコミューン「Morningstar」に出入り開始
▼福田の家で初めてマリファナやマクロバイオティックを体験
1973▼秋 帰国
▼埼玉県入間市の米軍ハウスに住みコミューン生活を続けたが断念 (雑誌”新宿プレイマップ”などに寄稿)
1974▼難波の高島屋デパートの若者向け企画担当、催し会場のヤングヤングバーゲンなどや当時ローズシアターで裸のラリーズ公演も企画
▼ファッションブランド「I am a Boy」をスタート

”'[ロックの時代]”’
1975▼4月2日~1978年3月29日 水曜20時からKBSラジオ「ファズ・ボックス・イン」のDJを務める (担当ディレクター奥田靖彦)
1976▼2月 『rock magazine』創刊
▼KBSテレビのPV番組「ポップス・イン・ピクチャー」でコーナーを持つ
1977▼暮れに東京千駄ヶ谷にロックマガジン編集部を設ける
1978▼7月1日 日本初のインディレーベル”Vanity Records”第1弾リリース、DADA『浄』
▼8月1日 工作舎『遊』1002号より連載「DISCLIPPIN’」開始
1979▼6月1日 『流行通信』6月号で今野雄二と対談
▼9月9日 『遊組本1ち組ホモエロス ( 工作舎)』に「プラスティック・エロス」寄稿
1980▼4月1日 オブジェマガジン『fash’un』創刊
▼5月15日 初の単行本『rock-end』( 松岡正剛編集/工作舎刊)
▼FM東京「ミュージックマガジン」月1ゲスト出演
1981▼近畿放送(KBS京都)「テレリクホットライン」毎週レギュラー出演
1983▼ラジオ関西「マジカルミスティツアー」レギュラーDJ
1984▼大阪造形センター「音の教育」
▼6月30日 「ロックマガジンサイキックレクチャー」@吉祥寺GATTYに出演
▼08月1日 『rock magazine』69号で休刊
▼単行本『イコノスタシス』(インピタス刊)
1985▼8月1日 『EGO』創刊
1986▼10月12日~19日 「Independent Art」展@LesBoisでビデオ上映解説
1987▼5月1日 『EGO』9号で休刊
▼7月7日 『銀星倶楽部』6号に「ロックはいつもノイズだった」寄稿
▼『美術手帖 ( BT ) 』に2年間ほど連続的に寄稿
▼アメリカ村にレコード店「Schallplatten Neu」を兼ねたnue product設立
▼12月 レーベル〈Neu Product〉から12インチ・シングルPBC『21st Century Sweet Lucy』

”'[Eの時代]”’
1988▼2月1日、『rock magazine』復刊
1990▼クラブ〈M2(Mathematic Modern)〉オープン
▼8月1日 単行本『E』(nue product刊)
▼9月 『ET PLUS』17号に「Eの時代」寄稿
▼9月 『現代詩手帖』9月号”ウィリアム・S・バロウズ特集”に「走っている者のみが…」寄稿
▼9月30日~10月12日 武邑光裕と「バロウズ・ナイト・フォー・Eジェネレーション」を開催。場所は元麻布エンドマックス、大阪マセマティック・モダン
▼10月28日 『MIX』3号から1年以上わたって寄稿
1991▼カルチャー雑誌「03」 ( 新潮社 ) ブライアン・イーノ・インタヴュー▼4月1日 『STUDIO VOICE』4月号に「ハウスはどこへ」寄稿
▼5月 『RITZ』に寄稿
1992▼11月1日 『STUDIO VOICE』11月号に「結晶世界の響き」「ブライアン・イーノ」寄稿
1993▼〈M2〉閉店
▼クラブ〈cafe blue〉オープン

”'[infra/BIT時代]”’
1999▼6月1日 『infra』創刊準備号刊行
2000▼10月7日 「プラスチックの時代|美術とデザイン」展@埼玉県立近代美術館のカタログに「音楽におけるプラスチック感覚」寄稿
▼10月 『Quick Japan』33号で「関西発、 伝説のカルト雑誌『ロック・マガジン』と阿木譲」記事掲載▼12月 『Quick Japan』34号でインタビュー掲載、のち篠原章『日本ロック雑誌クロニクル』に再録
2001▼8月 『infra』7号で休刊。1990年から2001年までのクラブミュージックの運動を記録し終えたため
▼8月 レーベル〈personnages recordings〉を立ち上げ、辰巳哲也『Aspects from Both Sides』リリース
2002▼1月 『BIT』創刊

”'[nu things時代]”’
2003▼3月10日 レーベル〈personnages recordings〉辰巳哲也『Reflection and Integration』リリース
▼『remix』で連載開始
▼07月12日 大阪市の湊町にjazz cafe〈nu things〉をプレ・オープン。週末限定のイベントを断続的に続けた
2004▼1月10日 〈nu things〉正式オープン
2004▼5月8日 〈nu things〉一時閉店。同じビルの住人からの騒音苦情に耐えかねたため
▼08月08日 南本町で〈jaz’ room nu things〉を再オープン
2005▼7月13日 『NO WAVE ジェームス・チャンスとポストNYパンク』に『rock magazine』の記事再録と寄稿
2006▼10月10日 『ロック画報』25号にインタビュー「鏡の歌をうたう詩人 阿木譲 裸のラリーズ回想と証言」収録
2007▼3月13日 ブログ「Oblique Strategies」開始。70年代からの音楽を総括する内容だった
2009▼4月 『DOLL』にインタビュー「阿木譲とメディアミックス ギャザー・ノー・モス」収録
2010▼4月10日 心斎橋アメリカ村で〈nu things JAJOUKA〉として移転オープン。jazzの文字が消え去った
2011▼2月16日 現代音楽からグリッチ、尖端音楽、アーカイヴを横断するレーベル〈remodel〉からV.A.『a sign paria – ozaka – kyoto』リリース
▼Amon Tobin『Isam』(Beatink)国内盤CDライナーノーツ
2012▼3月3日 阿波座に〈nu things〉を移転
2013▼1月10日 ブログ「a perfect day」開始
▼3月27日:DJ NOBU『Crustal Movement Volume 01 – Dream Into Dream』CDライナーノーツ
▼『文藝別冊/KAWADE夢ムック デヴィッド・ボウイ』(河出書房新社)、「ゴドー(GOD)を待ちながら」』寄稿

”'[0g 0 gauge/ゼロゲージ時代]”’
2014▼秋山伸とのアートジン『0g(0Gauge/ゼロゲージ)』(edition.nord) 発刊
▼1月24日東京現代美術館 content「FRUE」でDJ。Svrecaと共演
▼3月 特集idea アイデア363「 阿木譲のエディトリアル・デザイン 」 Editional Design of Yuzuru Agi ● idea 「アイデア」363 2014.3
▼0g|02 [zero-gauge] ” Updating Modernism-DEconstructivist ” 発刊 published bedition.nord / written and edited by AGI Yuzuru
▼4月 0g+IDEA presents 『 DE/construct updating modernism 』
4.8-29 NADiff modern ●Exhibition [ Cabinet of Sound: Editorial Design of AGI Yuzuru ]
4.13 Bunkamura/NADiff modern ●Lecture+Sound Talk [ decode, abstract, evocation ]
4.19 Super Deluxe ●Video Talk+Live+bricolage [ 0g night: Do Bloom in the Silence ]
▼5月, ▼6月 May 30 friday, June 3 Tuesday, June 8 sunday 「0g night UN/expressionism」@ nu things
▼8月「0g_02.5 “CON/cretism” 発刊 | B5/カード53枚+その他12P/モノクロ 雑誌0gの増刊号的な小冊子。
Text+Edited by AGI Yuzuru」
▼8月2日[土] – 9月6日[土] 2014年 「 0g _exhibition CON/cretism 」@hiromiyoshii roppongi
8/2 オープニング・トーク「音楽のコンクレーティズム」阿木譲+畠中実 [主任学芸員/NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]]
阿木譲DJ「Bricolage: CON/cretism」
9/6 クロージング・トーク「 批評家の死 / ロックの死 」阿木譲+椹木野衣[美術評論家/多摩美術大学教授]
▼8/30 (sat) @ nu things「 CON/cretism 」 bricolage: AGI Yuzuru
▼9/6 クロージング・パーティー│BULLET ’S[西麻布] AGI Yuzuru「Bricolage: CON/cretism」
▼2014.12.20  FRUE | Experimental Perspectives @ Super Deluxe [roppongi] / Agi Yuzuru Bricolage
▼2015. 1月 有料制 [ 0g – zero gauge ] web 立ち上げ http://www.zero-gauge.com/
▼2015.3.15 南堀江に新店舗environment : 0g [zero-gauge] エンヴァイロメント:ゼロジー[ゼロゲージ] をプロデュース/オープン
▼2016 environment 0g ( zero-gauge ) にて毎月1度のBricolage展開
▼2016 .12.22 恵比寿NADiff a/p/a/r/t AKIYAMA Shin + AGI Yuzuru TALK EVENT 「非再現、剽窃、イメージ/物質──音楽とデザイン」
▼ 2016 .12.22 「 0g_extra Special edition 」 edition nordから刊行
▼ 2016 .12.22 4枚組みCD「AGI Yuzuru: Bricolage Archive_1 」edition nordからリリース

”’創刊誌”’
*『ロック・マガジン』1976年~1984年、1988年(復刊)
*『fashion』1980年
*『EGO』1985年~1987年
*『infra』1999年~2001年
*『BIT』2002年
*『0g』2014年

”’著書”’
* 『ロック・エンド』 工作舎、1980年。
* 『イコノスタシス』 インピタス、1984年。
* 『E』 neu product、1990年。

”’外部リンク”’
* [ 0g – zero gauge ] web http://www.zero-gauge.com/
*http://www.idea-mag.com/jp/publication/363.php IDEA No.363 : 阿木譲のエディトリアル・デザイン
* [http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1010.html 松岡正剛の千夜千冊『イコノスタシス』阿木譲]
* [http://nu-things.com/ nu things] nu things
* [http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20051017A/index2.htm テクノポップの起源]

***********************************************************************************

AGI yuzuru ☞  remodel records producer、Music critic、owner of  «nu things»、editor
http://nu-things.com/   B1F Lupo- nishi- Hommachi 2-2-22, Awaza, Nishi-ku, Osaka Japan
mail@nu-things.com
agi@nu-things.com

Agi, Yuzuru
Profile
Editor, Publisher, Producer and Music Critic.
AGI was regrded as one of “Big Three” critics in Japan in 70~80s. Other critics are: Toyo Nakamura and Yoichi Shibuya. He created the term “Techno Pop” on “Rock Magazine” which he edited and published in mid 70s. He was also founder of “Vanity Records” which regarded as the first independent record label in Japan.
Differ from other music critics, Agi has been focusing on “New music” of the time till now on. For example, He introduced Velvet Underground, Kraftwerk, avant-garde classical music, German experimental, Brian Eno to name few. He introduced “Edgy” music around the world from mid70s to now. He is such a guy like pioneer or explorer. And his atitude stays same still now on. Usually, music critics focused on music category which they love most, but Agi is different from that type.

Generally speaking, Agi was defined “Rock Music Critics” mainly because he produced “Rock Magazine” and that magazine was so strong impression and great information. But on the Rock Magazine, Agi also introduced many style of music like punk, new wave, industrial, noise, and so on and on because he has been searching for something “new things” in music. Furthermore, his way of editorial was so much ahead of time, it reflected most of Japanese music magazine. This is maybe because stuffs of Rock Magazine was kind a melting pot of young people who want to be with music and many of them works music publishing business. Besides Rock Magazine, Agi produced magazineslike “EGO” “Infra” and “BIT”. All works reflected music of the time. His attitude remind me of Miles Davis who wanted to keep his music as fresh as possible.

One more thing make Agi special is that he always researches around music to understand it. He checked art, philosophy and design around music of the time while he check music. So he can find something new or old music but fresh in nowadays so quickly. And such knowledge around music make him possible to edit or design anything he want without spoiling image of the music.
Thus, AGI Yuzuru is something great guy not only categorize music critics but also something big exsistence. ( Tetsuya Tatsumi wrote. 2008/7/3 )

➥vanity records http://www.discogs.com/label/Vanity+Records+%283%29
➥rock magazine 1978- 1981http://www.google.co.jp/images?q=rock+magazine+阿木譲&hl=ja&gbv=2&gs_l=heirloom-hp.3..0i10i19j0i30i19l2j0i10i30i19j0i5i30i19l2.37.4232.0.4749.11.11.0.0.0.0.170.879.10j1.11.0…0.0…1ac.1.MOXRWguU7yI&sa=X&oi=image_result_group&ei=11xmUcW4KcGdkwWBlYGYDg&ved=0CB8QsAQ

https://agiyuzuru.wordpress.com/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。