アーカイブ

月別アーカイブ: 4月 2013

Chris Petit ‎– Museum Of Loneliness

flyer2クリス・ペティット ( Chris Petit ) の 「Museum Of Loneliness」は、 現代音楽やサウンドアートでの編集テクニックの関与と、文学の主要な関心をモダン・アヴァンギャルド書体で構築されている。素材として使用されているのは彼の小説Robinson (1993)、The Hard Shoulder (2001)、 The Passenger (2006)からのナレーション、そして彼の最近のプロジェクトから映画Asylum (with Iain Sinclair, 2000)とContent (2010)のサウンドトラックに加えJohannesburgのフィールドレコーディング。この作品は70年代から90年代にかけて Flight to Berlin (1983)やChinese Boxes (1984)、The Falconer (1997)でクリス・ペティットが行ってきた物語形式、開発中の形式やシフト技術の継続的な実験でもある。ペティットの小説や映画はdouble-dealingが常に関係している。フィクションとノンフィクション、nightとthe city、paranoia とrestlessnessといったように。後書きになったが。なおクリス・ペティットはヴィム・ヴェンダース監修の1979年のロードムーヴィー「レディオ・オン」の監督を務めた映像作家で、小説家でもある。このアルバムは事実上クリス・ペティットとIAN HICKS ( Mordant Music ) のフィールド・レコーディングやインスタレーション音源、インダストリアル/エレクトロニクス音響をカットアップしたコラボレーション。このアルバムがBlackest Ever Blackの関係筋からリリースされていて、彼らの音楽の刺激およびインスピレーションの源だということにも注目を。

Scene From The Other Side – Chris Petit

雄弁なペティットの言説で興味を持ったのは彼の創作発想の原点とも言える次のような発言。「3Dスペースおよびギャラリー・スペースに関して私が興味を感じることは、カットアップ ( すなわち編集 ) についての概念 ( それは映画の最も面白い部品であると私は思う ) が、かろうじてそこに浸透したということです。」「自動車 ( 旅行 ) のイメージ、動いている景観、すべては意味をなします、、、あなたが自動車に座れば、それは映画の経験です。」

Chris Petit http://en.wikipedia.org/wiki/Chris_Petit

Chris Petit-01Chris Petit--02

Chris Petit--03Chris Petit--04

Chris Petit--05Chris Petit--06

Chris Petit ‎– Museum Of Loneliness
Test Centre ‎– TC002
Vinyl, LP, Album, Limited Edition
UK
Released: 01 Mar 2013
A Dead Drunks (Robinson / Angleton / O’Grady)
B Museum Of Loneliness / Flickers
all readings recorded on 26 April 2012 at TCHQ by Dan Scott
smeared and spored by Mordant Music using mateerials culled from out=0f-season resort, deservedly
look books and deleted DVDs
mastered by Dallas Simpson at dallas Masters
text by Chris Petit
artwork by Emma Matthews
designed by David S. Blanco at originalblanco.com, London
thanks to Matthew Beaumont, Gareth Evans, Bruce Gilbert, Antye Greie (agf), Keith Griffiths and Illuminations Films, and Iain Sinclair
executive producers; Jess Chandler and Will Shutes
released in an edition of 600 copies, of which 15 have a special insert
Copyright (c) – Test Centre Publications LLP

**The Museum of Loneliness ( MoL ) will embark on a series of projects on infiltration
These include audio projects; exercises in situ ( soundscapes ) ; installations from the memory bank;
non-radio exercises for radio and i-players. Sound montages for the electronic age. the audio equivalent to channel-hopping, sound quilts, alternative programming. Cubist radio. Post-DJ. Cut-ups. Audio junk. Electromagnetic slums. Music played in another room. Lonely songs for lonely places
Specific project; take one dead romantic landscape ( Worldsworth or C.D. Friedrich ) and fill it with the
detritus of the modern audio experience. Last years traffic news. Tinny surveillance recordings. Dead
weather reports. Calls waiting. Dial-up internet connections. All via speakers arranged in a landscape to create a series of audio collisions, the opposite of sitting in a public space next to someone with
leaking headphones; a series of visual postcards with the wrong soundtrack, to make you think 1 )
about what you are seeing 2) what you are hearing 3 ) and maybe, how you fit between the two
Mol says; Sound Not Vision

このレコードで収録されている音響/サウンドアートとは違ったものだが、youtubeにアップされている「 Museum of Loneliness – Fragments 」では、英国のフェリックスストウ・コンテナ港、近くのオーネスの不気味冷戦地形の風景などの農村と都市の両方の風景の提示、オンライン・コンテンツの賛美、ポストフォード主義 ( 1967年ないし73年のオイル・ショックのあたりまでに、その生命力を便い尽くして危機に陥り、新しいシステムに移行しようとしている。それがポスト・フォード主義 ) 、サイエンスフィクションなど、徹底した覗き趣味がみられる。ラジオでの彼自身のナレーションとニコとジム・モリソンのジ・エンドなどのロックミュージックにおけるカルト的選曲があちこちにカットアップされ使用されている。ジャン=リュック・ゴダールの影響を受けたのかカメラなしでのグーグルアース/マップ/クロームなどを使い映画の形式をとりながらイマジネーションして遊んでいる。

Museum of Loneliness – Fragments

FIFTH ERA – “RADIO NO” – F.E.#9 / Chris Petit “tribute” 2.000/2.013 AYPS
http://www.youtube.com/watch?v=EPjdAhkHC7Y
**fifthera·: 2013/01/16
exactly that.
watch the original film
– Radio On –
from 1.979 AYPS.
this version contains a special non-subliminal message for Kenny Kramp and Iain Sinclair – “…the crappest of crap towns in a list made by idiots” eh? –
“Grieve With Me” is not inlcluded here as it’s already up – so no bitching.
annoying idents again – blame the fool that said
“please upload more videos so i can rip the audio” .
don’t forget – brand new release “We Are FE-Vo” is out now on Ketacore check
http://www.ketacore.com or http://www.doomraver.com
Thanks to Dan in Ash (the back-end of beyond) and the two trendy vicars i
was listening to in the pub,who should be doing stand-up comedy –
i have not laughed so much in ages.

2013 4/26 pm14.50

IMG_2102CC昼夜逆転の生活から最近は午前9時には起きていて、10数年ぶりに社会が動いている時間に外出する機会がとれたので、お昼過ぎから大阪駅北口の「グランフロント大阪」のオープニングをちょっと覗きにいってきた。誰だったか忘れたが「生活世界が空洞化してホームベースが消えると、仕事での自己実現が無理になり、消費での自己実現に向かいシステムによる埋め合わせが登場する」と言ってたが、北口に聳え立つ無機質な超高層ビル ( 単なるビジネスビルのなかにテナントが詰め込まれているだけの ) 群を眺めていて、愈々ぼくのようなマトモに人間らしく生きようとIMG_2108CCする者は完璧に淘汰されるポストフォード主義の時代がやってきたなと思った。まあ、ぼくのような頑固者は帰る場所があるから不毛な消費主義的パラダイムの罠にハマることはないけれど、あのうめだ開発プロジェクトの実体を見て、音楽による自己実現なんて、遠い遠い話だとミュージシャンたちは覚悟すべきだと強く感じた。グランフロントのなかのテナントも色々探索したけれど、消費することで満足させてくれる商品なんてどこにも見つからなかった。いったいこれは誰がディレクションしプロデュースしたんだというほど、モダンもプチモダンもない、殺伐としIMG_2101CCたポストモダンな、つまらない空間だった。クリス・ペティットの言う幽霊の存在するような「素晴らしいけど利用されていない場所」は、どこにも見つけられなかった。ひょっとするとあの殺風景なビル群からひとが消えた深夜になると、グランフロントは息 ( 粋 )を吹き返し、輝き出すのかも。大阪駅北口に広がる街は、消費での自己実現もできないサラリーマンのためのゴーストタウンだ。

Rainforest Spiritual Enslavement ‎– Black Magic Cannot Cross Water

Rainforest Spiritual Enslavement
Dominick Fernow

Rainforest Spiritual Enslavement – Refuges From Black Magic

Dominick Fernowは、これまでにAmerican Tapes、Hanson Records、RRRecords、Load Records、Troubleman Unlimited、Chrondritic Sound、Kitty Play Recordsなど多くのレーベルを設立し、また彼個人のレーベルHospital Productionsで活動してきた。彼の背後にはPrurientとVatican Shadow、Hospital Productions labelがある。
「ノイズとはジャンルや聴衆の外側にあるもので、個人の妄想を追求するなにものにも縛られないフリーダムなもの。そのイデオロギーは完全な自己本位および自己探究だ。」とDominick Fernow。
ノイズやインダストリアル・ミュージックは、考えればひとりのアーティストの妄想を聴いてるようなものだから、そもそもそこに同じ場を共有するオーディエンス同士の、いわゆるロックのライヴ会場でみられる、乗ってるかいのような一体感、コミュニケーションなど存在するはずがない。あくまでも閉ざされた部屋で聴く情報不全の、個人的な自己探求能力、神の存在証明 ( Arguments for the Existence of God ) がそこに暗示されるだけ。だからこそこうした音楽を聴いている者が、音楽のメッセージを正しく解読し、情報を共有するための「場」が必要だと思わずにいられない。 ( 残念なことに、長い間の経験上から、こうした音楽が本質的に持つナルシシズムというか、鏡に映る自分を見つめているだけの自己愛の強いひとに ( ミュージシャンも音楽ファンもこうしたタイプのナルシシストが多くなったね。自己愛性パーソナリティ障害に陥るよ ) 、一種の共同体のようなものが生まれるかというと、そのことに関してもぼくは絶望的に捉えているけれど。 )

Rainforest-01rainforest-02

Rainforst-03Rainforest-04

Rainforest Spiritual Enslavement ‎– Black Magic Cannot Cross Water
Blackest Ever Black ‎– BLACKEST015
Vinyl, 12″
UK
Released: Apr 2013
Dark Ambient, Industrial
A Homes Built Over The Sea 14:29
B Refuges From Black Magic 14:53
writtenand produced by Rainforest Spiritual Emslavement / Dominick Fernow
Copyright (c) – Blackest Ever Black
layout – Oliver Smith
remastered, lacquer cut by – Matt Colton
remastered at Alchemy Mastering
lacquer cut at Alchemy Mastering
*originally released on tape (edition of 79) by Hospital Productions in 2012. Remastered for BEB by Matt Colton at Alchemy, London, January 2013
*Hospital Productions
Profile: Label run by Dominick Fernow.
Contact Info: hospitalprod@hotmail.com
http://www.discogs.com/label/Hospital+Productions

Blackest Ever Black
Profile: London-based label, founded in 2010 by Kiran Sande.
Sublabel: Confessions
Contact Info: contact@blackesteverblack.com
http://blackesteverblack.blogspot.jp/
https://twitter.com/blackestever
http://www.facebook.com/pages/Blackest-Ever-Black/230141540370890
https://soundcloud.com/blackest-ever-black

Rainforest Spiritual Enslavement – Homes Built Over The Sea
http://www.youtube.com/watch?v=8EO-SXXYn3Y

“Spirits Of The Rainforest” (1/7)

**nativeicon·: 2010/07/23
Andy Jilling’s famous ethnographical documentary about a Yanomami village in the Amazon rainforest of Venezuela.
Famoso documental etnográfico de Andy Jilling sobre una comunidad Yanomami en la selva amazónica venezolana.

この12″ はドミニック・フェルノーがホスピタルプロダクションから去年リリースした100コピーにも充たないカセットテープ「Black Magic Cannot Cross Water」が、Blackest Ever Blackから再リリースされたもの。まるで正体を隠すかのように、太陽の陽が当たらない葉っぱの背軸面のようなコンセプチュアル・イーセティック ( 概念の美学 ) なスローモーションテクノ、ダークアンビエント ( なぜかぼくはドローンという言葉が嫌いだ ) 。 Rainforest Spiritual Enslavementのホワイトノイズが湿った洞穴状のトンネルのなかの滴りのように延々と続く「アンスリウムをコントロールする複雑な儀式 “Complex Rituals To Control Anthurium”」や、MP3でリリースされた「混乱から、緑の悪魔がやってくる “Out Of The Mess Came The Green Devil”」 、などの疑似フィールドレコーディングによるノイズの深淵。彼の曲名には観賞用に栽培されるサトイモ科アンスリウム属の常緑の多年草の総称アンスリウム ( 包葉は通常ハート形で, 赤・桃・白色などで, 高温多湿を好み, 鉢植え・切花用;ハワイの花のオオベニウチワもこの一種 ) や、「多くの顔を持つプラント “The Plant With Many Faces” 」など熱帯地方に群生する植物的記号が頻繁にでてくる。熱帯および温帯降雨林は20世紀を通じての激しい森林破壊にさらされ、次の創造神話はこうした電子音楽のメタファーのなかにしかない。魔法も神話も森の中のジャングルからもううまれることはないだろう。

Rainforest Spiritual Enslavement – Complex Rituals To Control Anthurium

The Plant With Many FacesRainforest Spiritual Enslavement – The Plant With Many Faces (2013)
Rainforest Spiritual Enslavement
The Plant With Many Faces
Release: 2013
Hospital Productions
1. Abaxial Masks With Sockets Closed To Hide The Face When The Destroyer Comes Alive (11:12)
2. Out Of The Mess Came The Green Devil (11:07)
3. Complex Rituals To Control Anthurium (11:08)
4. Poisonous Spirit Species (10:52)

http://www.discogs.com/search?q=Rainforest+Spiritual+Enslavement&type=all

http://www.youtube.com/results?search_query=Rainforest+Spiritual+Enslavement+%E2%80%8E–&oq=&gs_l=

Prurient ‎– Through The WindowPrurient ‎– Through The Window
Blackest Ever Black ‎– BLACKESTLP002
Vinyl, LP
UK
Released: Feb 2013
Techno, Darkwave, Industrial
A1 Through The Window 19:47
B1 Terracotta Spine 3:49
B2 You Show Great Spirit 10:11
Produced by Dominick Fernow, Kris Lapke
engineer, mixed,mastered by Kris Lapke
recorded at Hospital Productions
lacquer cut by Matt Colton
lacquer Cut At – Alchemy Mastering
art direction – Dominick Fernow, Nikolay Saveliev
design – Oliver Smith
photography by Juan Mendez, Tim Cadiente
copyright (c) – Blackest Ever Black
recorded October 1st 2011 – October7th 2011 at Hospital Productions, New York City
prurient is Dominick Fernow
listen at night in the hills watching as headlights approach
but like Elizabeth Siddal, Annie Miller, Jane Morris, and other famous victorian models, she had archived a kind of immortality Christopher Wood
If we are not at the centre, is our existence of any importance? Why should god or the laws of nature care about what happens… Stephen Hawking
After a few minutes they were in the hills, but not high up this time.
Darcy O’Brian
Barcode and Other Identifiers
Barcode: 5055300357236
Matrix / Runout: MATT@ALCHEMY BLACKESTLP002A BC99116-01 A1
Matrix / Runout: BLACKESTLP002B BC99116-01 B1

ヨーロッパの伝統的テクノ ( 例えばドイツのクラウトロック、レイヴカルチャーなど ) にみられる多幸症ダンスミュージックに当て付けたDominick Fernowのもうひとつの戦略。しかしインダストリアルでダークウェイヴな暗い中世的ゴチック叙事詩ともいえる作品。フェルノーの恐ろしいところは、意味のある妄想および反復の電子的呪文、マントラが無制限に繰り返されていて純粋なコードに形を変える言語トリック。タイトルの「Through The Window」の意味するものとは、映画学者アン・フリードベルクと、肺の疾病に苦しみ10年間後の1995年にパリのアパートの窓から投身自殺した哲学者ジル・ドゥルーズをリコールしていること。

Prurient – Through The Window

Prurient – Terracotta Spine
http://www.youtube.com/watch?v=J_OJloPTvdM

Prurient – You Show Great Spirit
http://www.youtube.com/watch?v=mFWfoUTvGEY

Prurient / Dominick Fernow
http://www.discogs.com/artist/Prurient

http://hospitalproductions.net/

「ディスコミュニケーションは、コミュニケーションの不全や不能状態のことをさすのではなく、反コミュニケー ション、矛盾コミュニケーション、ゼロ度のコミュニケーションということを想定している。つまり、コミュニケーションの概念で 捉えられることは、コミュニケーションがある/ない、よい/わるい、同一の価値体系のなかで判別される概念をさしている。これ に対してディスコミュニケーションは、そのような数直線上の概念でとらえない、ゼロ度の状態をさしている。( ディスコミュニケーション )」
*ディスコミュニケーション dis-communication( 池田光穂 )
http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/050531discom.html

BLACKEST EVER BLACK / YEAR OF THE WATER SNAKE
tumblr_m122qs239q1qd3feno1_5001-500x500tumblr_mfcodiCkJG1qd3feno1_5001-500x500tumblr_mfcow4BlEI1qd3feno1_500-11
http://www.eclecticollective.com/tag/rainforest-spiritual-enslavement/

[御願い] April 24, 2013, 12:43 amの時点で30,939人のひとがこのブログを見て下さっている。個人の資本でずっといろいろボランティアのように無償でやってきたけど、このブログもそろそろ献金か、有料の会員制にしていこうかと思っています。その節はどうぞ我々の活動をバックアップしてくださるか、ご協力くださいますよう ( 阿木 ) 。

2013 4/24 am9.50

DEMDIKE STARE – TEST PRESSINGS #001

cialexDEMDIKE STARE – TEST PRESSINGS #001
黒魔術とブレークビート・サイエンスの組み合わせ。マンチェスター、モダンラヴレコードの初期から今回のテスト・プレッシングス・シリーズまでの戦略は70年代のジェネシス・P・オリッジやアディ・ニュートンが展開していたそれと同じ。大きな旋盤上の塩化ヴィニールはマスター「ラッカー」を作りカッティングされる行程へ流れ、その後、そのラッカーはプレス工場へ送られ量産される。少数の「テスト・プレッシングス」は、通常テスト盤、ホワイトレーベルと呼ばれているもので、デムダイクステアの新しい12インチは、ジャケットもなくプレス工場から送られてきたそのサンプルレコードを、簡潔なノートが内袋の裏表に英語とドイツ語に分かれ印刷されリリースされている。それにプラス、錬金術師マット・コルトンによってマスター/カットされ、CIA – Alex Solman ( アレックス・ソルマン ) の幾何学アートのインサート付きというからには、こうした戦略はレコードマニアのための、一種の美術品と考え、蒐集することで完結するとも言えるが、そうじゃない、彼らは正気でメジャーへの階段を上ろうとしているのだ。そしてそれに対して採った手段が、ジャングルと呼ばれるウェストキングストン、ジャマイカエリアに住んでいる人を指す俗語「 Junglist 」「 Drum ‘n’ Bass 」の放蕩児、ドラム・アンド・ベース・ヘッズへと向かう。Test Presingsでの音楽は、一昨年のPinch- Retribution、Shackleton- Fireworks、T++ – WirelessなどやEchoes of The Great Traitor( Monolake )、またはあのパレスチナの自由と反シオニズムを謳ったブリン・ジョーンズのムスリムガーゼ ( Muslimgauze ) のグルーヴが一歩進化したインダストリアル・ジャングル/インダストリアル・ブレークビーツ。( 悠長にTest Pressings#1の情報をアップしていたら、突然次のSecond12インチ「Testpressing#002: Grows Without Bound / Primitive Equations」のインフォメーションが飛び込んできた、このたたみ込むようなスピード戦略。デムダイクステアは愈々本気だしてるな。)

Demdike Stare-02Demdike Stare-01

Demdike Stare-03Demdike Stare-04Demdike Stare-05

DEMDIKE STARE ‎– TEST PRESSINGS #001
Modern Love ‎– LOVE085
UK
Released: 20 Mar 2013
A Collision 8:12
B Misappropriation 7:56
Artwork – Alex Solman
Mastered By, Lacquer Cut By – Matt Colton

tumblr_lt7z6vslAu1r4jwh0o2_400tumblr_lt7z6vslAu1r4jwh0o6_400tumblr_lt7z6vslAu1r4jwh0o7_400

Alex Solman ( アレックス・ソルマン )の描く立体派、ロシア・アヴァンギャルドに影響を受けた抽象的な作品は多くがジオメトリックな構図を持っている。
彼の有名な作品にハンブルク2010での “ Fotoreportage23-In search of Ian Curtis ” というタイトルのジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスを描いたシルクスクリーン印刷で作られたポスターがある。下記に連絡すると25ユーロで購入できる。
shipping. Contact: katja@fotoreportage23.de

c.i.alex solman
http://www.mfoc.de/mfoc.php?get=cia
verkrachter Kunstmaler
mailto:ciaindustries@mfoc.de
cialex.org

https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/01/23/2012-best-album-part3/

*あるフォロワーのTwitterで、「 嗚呼阿木譲よ、、、時代から外れたと言われながらも、この狭くなっていく世界で、あなたは何処へ向かおうとしているのか 」、というぼくへのメッセージがあった。それに答えるなら、時代から外れていることすら気付かないで、大きな力でコントロールされているのは、社会の大多数を占める大勢の人々、いわゆるポップカルチャーを楽しんでいるあなたたちの方。一般大衆が広く愛好する文化は時代ではない。現代のようなすごい勢いで変遷し続ける時代を作っているのは大衆文化ではなく、時代に先がけて新しい時代をつくっていくその外側のカウンターに存在するひとや文化、音楽。そんなことも解らないの? でも、ほんと、自分でも思うけど、最近のぼくのコメントはちょっと不吉で暗過ぎる。でも音楽がそうなんだから仕方ないし、それこそが未来なんだから ( 言っておくがぼくが暗いわけではない。ぼくを心配してくれてのメッセージだろうけど、大丈夫w  ) 。もうすぐこうした音楽のリアリティがあなたたちの生活に下りて行き、否応無しにそれを自覚する時がくるでしょう。70年代のパンクであれ、90年代のテクノであれ、尖端を走る音楽はいつもぼくにもうすぐやってくるだろう未来を見せ続けてくれた。そして、過去にその予言が外れたことは一度もない。

2013 4/19 am4.32