アーカイブ

月別アーカイブ: 8月 2013

lecture and exhibition [Record collection of 80s] curator + Selector AGI Yuzuru @ nu things
**昨夜のトークイヴェントには多くのひとが来て下さってありがとうございました。ぼく自身もひさしぶりにディスヒートやジョイディヴィジョンの音楽を手もてに引き寄せ、色々考えることが多いイヴェントでもありました。あの80年代の中期までは、インターネット、打ち込み音楽、JPOP、オフィスでのOA化、ラップトップパソコン→ノートパソコンの登場、コンビニエンスストアの普及、日経平均株価が初めて1万円の大台を突破しバブルの時代へ、オタク文化の始まり、アナログからCDへの過渡期、ディスコティックの隆盛、いじめ元年から自殺者の急増などなど,みんなの心にゆとりのあった昭和の時代が完璧に終焉し、現在我々が生きている窒息しそうな経済至上主義、管理社会の始まりを意味する、最悪の時代だった。ぼくにとっては怨念の時代、、、。音楽シーンもなにも新しいものなど表出してこなかった空白の80年代後半の、始まりで、音楽離れの著しい時代でもあった。なんとまあ、2013年までこの酷い時代が続いていることだろう。そしていつまでこの最悪の時代が続くのだろうか、、、( 2013 9/6 am2.24 )

http://twitpic.com/dc3aw6
http://twitpic.com/dc3at2

record collection of 80s

lecture and exhibition
[Record collection of 80s]

9/2-9/5 (mon-thu)
curator + Selector AGI Yuzuru @ nu things
9/2-9/3 (mon-tue) Exhibition 19:00-23:00 500yen(no drink)
9/4 (wed) bricolage: AGI Yuzuru 19:00-23:00 1500yen(inc 1drink+CDR)
9/5 (thu) Talk lecture: 阿木譲 & 石立敏保 19:00-23:00 1500yen(inc 1drink)

IMG_2192

Violet Poison ‎– Awakening Messiah + Yves De Mey ‎– Metrics

フリーメーソンのシンボル「第三の目」と「コンパスと定規とG」、秘密結社「イルミナティ」、オカルティックな古代の魔術的宗教の記号が隠されているViolet Poison ‎– Awakening Messiah。救世主がもうすぐ現れるとでもいうのか? Sandwell District → Yves De Mey → Vatican Shadow → Shapednoise → Violet Poison → Violetshapedなどの音楽潮流は、キリストとアンチキリストのコスモス、ローマ神話の物語に溢れている。我こそルシファーの子、サタンの子と彼らは宣言しているのだが、、、世界に偶然なんてない、キリストの再臨を阻止するためのイスラエルのハルマゲドン、なんだか聖書どおりのリアルな様相を呈し始めている世界情勢、全てはあらかじめ計画されていると言うが、、、、、

http://www.shapednoise.net/

Violet Poison | Osiris Antichrist [Bed Of Nails 2013]

** 0AntN·: 2013/07/29
Violet Poison ‎| Awakening Messiah
Label: Bed Of Nails ‎– NAIL004
Format: Vinyl, 12″, EP, Transparent Purple
Country: US
Released: 25 Jul 2013
Genre: Electronic
Style: Techno, Industrial, Experimental, Ambient
http://www.discogs.com/Violet-Poison-…

VIOLET POISON-01VIOLET POISON-02VIOLET POISON-03
Violet Poison ‎– Awakening Messiah
Bed Of Nails ‎– NAIL004
Vinyl, 12″, EP, Black Vinyl
US
Released: 25 Jul 2013
A1 Aenigma Messiah
A2 Babylon Suicide
B1 Osiris Antichrist
B2 Vira Serpens Secrets

Bed Of Nails
http://bedofnailscompound.com/

暗い、沈んだ、挽歌の空電を備えた砂だらけのテクノ。振動し身震いするドラムマシーン・リズム、暗さのなかにある美。黙示の/将来の景観。テクノ儀式。この作品に続いてBed Of NailsからRainforest Spiritual Enslavement「Water Rose Above The Head」のリリースが決まっている。

Violet Poison | Aenigma Messiah [Bed Of Nails 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=cSEPuwYBFuw

Violet Poison | Vira Serpens Secrets [Bed Of Nails 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=YMpp_8hFl6k

Finally another EP drops on Hospital Productions techno sub-label Bed Of Nails. Following superb 12″s from Christian Cosmos, Bronze Age and Vatican Shadow, Violet Poison hits us with the fourth release on Dominick Fernow’s other label. Violet Poison is one half of the Violetshaped duo along with Shaped Noise with whom he also runs the Violet Poison record label.
‘Awakening Messiah’ fits in seamlessly with the Bed Of Nails Aesthetic of dark submerged, gritty techno with elegiac atmospherics. Opening with the gorgeous ‘Aenigma Messiah’ with throbbing, shuddering drum machine rhythm, droning baseline and gloomy soundscapes there’s real beauty to be found in within the darkness.
‘Babylon Suicide’ is proper dead zone territory with slow steely industrial clanking and bleak synth work that really transforms the dynamic of a room when cranked up to high volume. Throughout their is an air of menace conjuring imagery of desolate post apocalyptic/ future landscapes with Terminators crushing skulls and shit.
On the B-Side ‘Osiris Antichrist’ is a cracking subs-driven techno throbber coming like a less explicitly dancefloor friendly Milton Bradley or Giorgio Gigli. I reckon you could get the right bodies shaking to this filth though as this would gobble up my mind if I heard this over a Funktion One soundsystem at 4am. Swirling melodies emerge from the blackness, almost sounding like the chiming of church bells adding an almost devotional aspect to the groove. But hey after all techno is a ritual.
‘Vira Serpens Secrets’ has a scraping metallic rhythmic. The flesh on this titanium skeleton comes in the form of a high pitched gently modulating drone and subtle doomy bassline. The rhythms appear to get increasingly crunchy, as they shred and tear away at an almost military marching pace.
If you’ve been following Vatican Shadow and not checked out Violet Poison or indeed Violetshaped then you really ought to be thinking about remedying that, as these guys are cut from the same black cloth. Highly recommended.

***************

FREYA DALSJØ SS14 WINDOWS / Lindsey Wixson for Freya Dalsjø SS14 Windows collection by David Havstein and Malthe Madsen

**Freya Dalsjø – SS 14 Windows
from Malthe Risager Jørgensen PRO 1 week ago NOT YET RATED
Campaign for Freya Dalsjø collection SS 14 Windows.
Model – Lindsey Wixson
Art Direction – David Havstein and Malthe Madsen
Director of Photography – Malthe Risager and Gustav Risager
Photo Assistant – Alexander Høeg
Hair Stylist – Mette Thorsgaard
Makeup Artist – Anne Staunsager
Grading – Munzer Hodayfa
Set design – Emil Frøge
Music – Box Caisson by Yves De Mey – opaltapes.bandcamp.com
Note: The video is not made officially for the song
Thanks to:Steen Evald //The Lab/ Axel Petri
アーキテクチャーと心理学に興味を持つコペンハーゲンの婦人服ファッションデザイナーFreya Dalsjöの映像に Yves De Meyの曲が使用されている。いつまでも、こうした音楽をマイナーだとか、アンダーグラウンドと捉えていると大きな間違い。ニッポンの音楽業界やファッション業界にいるひとびとの感性がただ遅れているだけ。

OPAL TAPES-01OPAL TAPES-02OPAL TAPES-03
Yves De Mey ‎– Metrics
Opal Tapes ‎– OPAL025
Vinyl, 12″, EP
UK
Released: Aug 2013
A1 Box Caisson
A2 Metrics
B1 Eye Splice
B2 Cessation

http://opaltapes.tumblr.com/
http://opaltapes.bandcamp.com/
http://opaltapes.bandcamp.com/album/yves-de-mey-metrics

2011年10月にSandwell DistrictからリリースされたYves De Meyの2×12″「 Counting Triggers 」はDJイングに不可欠な作品だし、それに続くUKのOpal Tapeからリリースされた新作「 Metrics 」 ( メトリクスとは韻律学、作詞法という意味の英単語。また、測定基準、尺度、計量、距離などを意味する名詞“metric”の複数形。分野や対象を表す名詞に伴って、「~の尺度」「~の測定法」「~の計量法」などの意味を付加する接尾辞 ) には並々ならぬ思い入れがある。それというのも、6月22日にnu thingsでの「Minimal Fluid」にゲスト出演していただいたYui Onodera氏がコンパイルした「建築家が与えられた敷地に対して固有の環境条件(風土や地形、文化的背景)を読み取りながら建築を設計するように、音楽にヴァナキュラーな要素を持ち込めないだろうか?モダニズムによる地域性や民族性を超えた普遍的なデザインによって切り捨てられてきたその土地特有の、通語 についての再考」というコンセプチュアルな2枚組CD、VA「Vernacular 」 (Whereabouts Records/ WHACD13 ) にもYves De Meyの「Local Fracs」という曲が収録されていて、なにか不思議な必然、因縁めいたものを感じたからだ。Yves De Meyは8月下旬にベルリンで Modal Analysis organizeの「night at Suicide Circus」というレーベルを組織するという。70年代からの電子調査の実験的、現代音楽的流れと、最近のインダストリアルテクノの文脈がリアルに結び付き始めている。

vernacular-01varnacular-02
vernacular/va ( WHACD-11 )
http://vernacular.whereabouts-records.com/

Yves De Mey | Metrics [Opal Tapes 2013]

* 0AntN·: 2013/07/31
Yves De Mey | Metrics
Label: OPAL TAPES
Format: 12″
Catalogue Number: OPAL025
Genre: ELECTRONIC
Released: Aug 2013
http://boomkat.com/vinyl/755007-yves-…

Yves De Mey | Eye Splice [Opal Tapes 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=s5iYXQo4oy8

Yves De Mey | Box Caisson [Opal Tapes 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=4G2CorY0gfs

Yves De Mey – 273 – Electronic Explorations

*****Rob Booth·: 2013/07/11
“With this mix i wanted to combine delicate reduced compositions with raw bursts of noise, covering bass music and electro-acoustic ground at the same time. Using abandoned buildings as echo chambers, making speakers rattle with a bow on a cello string, patching analog or digital modular synthesizers,…. no matter what tools are being used to transgress genres, this is where my heart is. One track feeds the following, whether it is spectrally or rhythmically. At the end of the story, there’s unison in energy” – Yves De Mey
01 – Mika Vainio – Kevin Drumm – Axel Dörner – Lucio Capece: Venexia I [Pan]
02 – Yves De Mey: Transfer #1 [Modal Analysis]
03 – Monoton: Dancing & Singing [Oral]
04 – Mohammad: Sakrifis [ Pan]
05 – Samuel Kerridge: From the shadows that melt the flesh 3 [Downwards]
06 – Shoc Corrider: Artificial Horizon (Mordant ReMMix) [ Testtoon]
07 – Guiseppe Ielasi: Third Stunt (Side A) [Dekorder]
08 – Grischa Lichtenberger: Globalbpm [Raster Noton]
09 – Autechre: Runrepik [Warp]
10 – Demdike Stare: Grows without bound: Modern Love + Ira Cohe: Majoon Traveller Cut up: [Erratum]
11 – Pokk!: 203 [SM-LL]
12 – Lee Gamble: Coma Skank (BinocConverge Mix) [Pan]
13 – Metasplice: Prismatic Sway [Morphine Records]
14 – Yves De Mey: Eye Splice [Opal Tapes]
15 – Emptyset: Chislehurst Mine – Kent, England 02.11.12 [Subtext]
16 – Worn: No Expression [Mira]
17 – Frank Bretschneider: Kippschwingungen part 8 [Line]
18 – Kentolevi: Imola [Cheap Records]
19 – Shapednoise: Information on the individual sensoriality [Opal Tapes]
20 – Ben Vida: Qweek Plus Enner (Outro too) [Pan]

Yves De Mey – Particle Match
http://www.youtube.com/watch?v=sc7eWzNjYJ

2013 8/21 am00.51

Concrete Fence (Regis & Russell Haswell)
New Release

Concrete Fence (Regis & Russell Haswell) – Industrial Disease

*Concrete Fence (Regis & Russell Haswell) – Industrial Disease
Yoan Voneuen: 2013/08/12
New Release (1) ( 2013, PAN – http://www.pan-act.com/ ) – August 30 – Pre-order here : http://tiny.cc/mhmp1w

RegisとRussell Haswellの新プロジェクトConcrete Fenceが本格始動。コンクレートフェンス ( コンクリートフェンス?) は、カール・オコーナーとラッセル・ハーズウェルの共同作業。去年10月、コルシカ・スタジオでのパフォーマンスは、エレクトロニック/インダストリアルテクノの尖端を感じさせるものだった。3つのトラックから構成されたEPは、Industrial Disease、インダストリアル病(職業病 ) と名付けられた現代音楽の領域に侵入した実験テクノ+テクノにダンスホール/ダブの要素が融合したような作品。PANからは、8月30日にディジタルとビニールのフォーマットでのリリース。

Concrete Fence
http://www.youtube.com/watch?v=J78_B1M9IGQ
**Concrete Fence
oliver fay·: 2012/10/15
Russell Haswell and Karl O’Conner making a cacophonous racket at Corsica studios.

Concrete Fence – Blackest Ever Black – Corsica Studios 2012
http://www.youtube.com/watch?v=HZx3muMwZic
* David Luis·: 2012/10/14

333
Concrete Fence (Regis & Russell Haswell)
New Release

Released: Aug 2013
Catalogue Number: PAN39
A1 Industrial Disease
A2 Caulk
B1 The Unabridged Truth
**PAN
http://www.pan-act.com/
Electronic experimental sound art label based in Berlin, run by Bill Kouligas.

先日のnu thingsでのイヴェント「ガリレオ・ガリレイ」でのミュージックコンクレート的展開は、うまくいけばこのConcrete Fence 、MIKA VAINIO、Innode 、Zeitgeber (Speedy J + Lucy)、PETE SWANSONなどのグリッチ以後の尖端音楽の流れを大きく根底から変えたEmptysetのあとを引き継ぐ、現代音楽に侵入し始めたエレクトロ、インダストリアルテクノに、remodel projectでのミュージシャンをGraft ( 接ぎ枝、移植、合体[融合] )させることが可能だったし、そうしたかった。しかしその計画は見事に失敗してしまった。音楽的にもミュージックコンクレート/サウンドアートの域まで彼らの多くが達していなかったのも大きな要因だが、彼らがこうした尖端で起こっている文脈を、把握できず、まるでぼくの意図するところを理解してもらえなかった、というのが失敗の原因だろう。残念、、、そして反省、、、remodel projectは一旦白紙にもどしてやりなおします。

**

Contemporaneity:nn-01
2013年8月16日(金) CONTEMPORANEITY
18:00-23:00
1500yen(inc 1drink)

「CONTEMPORANEITY」
nibuya ‏@cbfn ( 丹生谷貴志 ? )氏が 7月28日のTwitterで「 Moderneを近代という時代呼称としかとれない語で訳してしまったのは如何にも杜撰である。Moderneはmodeを語根とする形容−名詞であり直訳すれば流転性/変異性/非定在性・・を意味する」と呟いていたが、ほんとうにその通りだと思う。
ぼくが尖端音楽を聴き続けているのは、「最新で」、「新しく」、「同時代」の音楽変容をレコードやCDに記録するように、書きとめて置きたいがためだ。尖端音楽でのModernは一瞬でも目を離すと、その実像がまったくみえなくなってしまうのだ ( 阿木 譲 ) 。

今回のブリコラージュは勿論いつも通りの購入したばかりの新譜と、Emptyset以後の現代音楽の領域に侵入し始めた実験的テクノと、インダストリアル系でもハードなものではなくSemanticaでのDonor、Specter / Jose RicoやShiftedなどのインダストリアル・ミニマルテクノ、Deepcodeなどのディープなミニマルダブ、ダークアンビエントなどを、亡くなったひとの精霊を祀る供物を置く容器 ( 盆 )に例え展開しようと思っています。イヴェント終了後も時間があるなら、お盆の季節くらいは明け方まで店を開けて、色々語り合ってもいいかとも考えていますが、、、

KC4A0595**石立くん、ARMS、本城みらいさん、猫柳さん、足立くん、ネイロさん、岡村くん、その他大勢の方々、、、Contemporaneityに顔みせて下さり、朝の3時までお付き合い下さってありがとうございました。あなたたちのお陰でとても心の和んだクールな空間を構築でき、お盆らしい時間を過ごすことができました。DJブースに精霊馬でも飾ろうかとも思っていたのですが、まあレコード盤をお盆にみたてることで充分だろうと、、、先祖の霊の供養というまでもなく、音楽供養くらいはできたように思います。

http://nuthings.wordpress.com/2013/07/26/2013年8月16日(金)-contemporaneity/

2013 8/13 pm22.57