アーカイブ

月別アーカイブ: 8月 2014

JAMES HOFF – Blaster

James Hoff – Blaster
from PAN 1 week ago
James Hoff – Blaster (PAN 55)
Video by Nic Hamilton, © 2014 PAN
p-a-n.org
nichamilton.info

この夏は様々な事件や天災などの出来事が明示的、あるいは暗示的に表出した。音楽にもそれが言えて、この夏にリリースされた尖端音楽に隠されたその暗示的な意味は、これからやってくる2、3年先の世界の手がかりを与えてくれる。PANからリリースされたニューヨークのサウンドアーティスト、ジェームズ・ホフの” Blaster ” にみられる美しいスポット・ワニス・スリーブ ( spot-varnish sleeve ) の、Bill Kouligasによるタイポグラフィーとコミュニケーション・ネットワークへのコンピューター・ウィルスの影響、およびそれらの可能性を明示する画像を使用したアートワークの挑戦的態度。収録されている音響は、スパークし緊張したスプライシング・ノイズ、歪み、フィールド・レコーディング、バラバラに引き裂かれたテクノやグリッチノイズの予期できない形状の、コードの感染/断片の再構成といった感じで、絶句するほどに絶望的だ。vimeoでアップしたJames Hoff – Rblaste [Blaster 2014]は、なんだかraster-notonでの過去のグリッチのようでもあるが、B面のスクラッチ・ツールでのRashad Beckerのマスタリング/カッティングは壮絶だ。このアルバムだけは買い逃すなよ! ところで夏はいつも不吉な季節なのだが、それにしても今年はすべてのものが自然淘汰されていったような気がする、ミュージシャンも古い音楽も、、、なにもかも、、、

James Hoff – Scratch

*4deep8u
2014/08/13
BLASTER (2014)
https://www.facebook.com/4deep8u
http://4deep8u.blogspot.com/

http://vimeo.com/103523690
James Hoff – Rblaste [Blaster 2014]
from k_sixsix 1 week ago
UNOFFICIAL VIDEO
James Hoff “Rblaste”
Blaster 2014 PAN 55
video [AudioReact•Lab]

James Hoff-01
James Hoff-02James Hoff-03James Hoff-04
James Hoff-05Jamesw Hoff-06

James Hoff ‎– Blaster
Pan ‎– PAN 55
Vinyl, LP
Germany
Released: Aug 2014
A1 Blaster
A2 Lasterb
A3 Asterbl
A4 Sterbla
A5 Terblas
A6 Erblast
A7 Rblaste
B Scratch
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Lacquer Cut At Dubplates & Mastering
Artwork – Bill Kouligas
PAN 2014

James Hoff-B-01
James Hoff-B-02JAMES Hoff-b-03James Hoff-B-06

James Hoff ‎– How Wheeling Feels When The Ground Walks Away
Pan ‎– PAN 92
Vinyl, LP, Single Sided, Picture Disc, Limited Edition
Germany
Released: 2011
A How Wheeling Feels When The Ground Walks Away
Producer – Mike Skinner
Producer [Uncredited] – James Hoff
Sound Designer [Uncredited] – James Hoff, Mike Skinne
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Lacquer Cut At Dubplates & Mastering
Artwork – Bill Kouligas, Kathryn Politis
*Limited edition of 200 copies, pressed on a 140g one-sided picture disc, housed in a silk-screened pvc sleeve.
Special thanks to: Artists Space, Mark Beasley, Michael Bernstein, Todd Cavallo, Elizabeth Hirsch, Stephanie Howe, Stefan Kalmár, Maya Miller, Nate Nelson, Esa Nickel, Amy Owen, Performa, Calvin Rocchio, Børre Sæthre, Mike Skinner, Danny Snelson, Elizabeth Sporleder, and Spencer Yeh.
PAN 2011

James Hoff – How Wheeling Feels When the Ground Walks Away

*Performa
2009/11/27
James Hoff’s “How Wheeling Feels when the Ground Walks Away” presents an audio landscape comprised of various historic riots, from the concert hall and music venue to the sounds of modern warfare. Presented in surround sound, the work relentlessly envelops the audience as the tumultuous panorama of over-layered riots travel around the gallery.
Part of Riot Radio Ballad, which explores the performative and futurist aspects of spoken word, audio, and radio material.
Curated by Mark Beasley. Commissioned by Performa. Co-presented by Performa and Artists Space. Produced by Mike Skinner and James Hoff – sound design Mike Skinner and James Hoff.

+

083014_CON_Cretism Aug
CON/cretism @ nu things
8/30 (sat) 19:00-23:00 1500yen(inc 1drink+CDR)
bricolage: AGI Yuzuru
https://agiyuzuru.wordpress.com/2014/08/19/concretism-nu-things/
+
スクリーンショット(2014-08-29 17.06.54)
Closing Party[ CON/cretism ]
9/6 (sat) 19:00-23.30
@ BULLET’S[西麻布]http://www.bul-lets.com/
入場料2000yen ( hiromiyoshii roppongiでのトーク参加者は1000yen )
DJ – asyl cahier
Wasabro VII
Bricolage – AGI Yuzuru
ジェームズ・ホフを核に写真での購入したばかりの素材を使用してブリコラージュします。インダストリアルテクノからジェームズ・ホフのスパークするスプライシング・ノイズを横断! 最新のモダンに感電しUpdating Modernism!

IMG_2589
IMG_2588

[余談]
https://www.youtube.com/watch?v=FS6xLpPmzlE
「絶叫する女、同情する女たち」
この映像での哀れな人間模様、これこそがこの時代と我々の病、、、
[余談2]
「万人受けしそうにない音楽で生計立てられてる人は凄いなぁ、とつくづく思う。少し前に阿木譲さんが”日曜趣味で音楽をやられても困る”的な事を書いていたのと照らし合わせて」( tadas1cks )や、「 ” CDだけで食べていくのはもう無理 ” ドリカムですらこう言い切る時代。漠然とライブして音源をネットにあげるだけのバンドは会社員が” ゴルフや釣りをしてるのと変わらない ” 。良い音を出していても趣味でしかない。考えるか辞めるか、趣味だと言い切るか」( masakinisi )の2つのツイートを読んで、これはミュージシャンだけの話ではなく、とても大きな問題だ。ぼくのような評論家にとっても、音楽だけで生きていくのには想像以上に過酷な時代がやってきていることを実感し思い知らされている。アメ村にnu thingsを立ち上げた頃には、大学を出たての音楽に夢を抱いていた若いラップトップミュージシャンがごまんといた。あれから5年、彼らはいったいどこに消えたのだろう。残ったのはSeihoと∠yuLLiPPeぐらいか、この違いはなんだろう?

2014 8.28 pm5.00

広告

Demdike Stare ‎– Testpressing #006 + #005

Demdike Stare (live @ Glazart – 22 mai 2014)

Miscere / Demdike Stare live in Paris

Demdike Stare live St.John’s Hackney 19.06.2014
https://www.youtube.com/watch?v=hqnCcniNSvM
*Gerry Ford 2014/06/20

http://vimeo.com/43945973
demdike stare + p.ma · atp · union chapel
from Pedro Maia 2 years ago
music · demdike stare projections · p.ma
atpfestival.com
all tomorrow’s party 31/03/2012 · union chapel london · uk
modern-love.co.uk/artists/demdike-stare
facebook.com/demdikestare
pma.pt.to
Pedro Maia
http://www.pedromaia.net

テストプレッシングの#001″ 衝突( Collision)” から、はや1年3ヶ月、Testpressing #6からもデムダイク・ステアならではの尖った無調インダストリル、エレクトロジャングル、ミュージックコンクレート、パワーエレクトロニクスの広域の文体が聴こえる。衰退していくクラブシーンの時代遅れを教化するかのように、野生化した狂気、サイバー・インダストリアルのリアリズム。そこにアマチュア芸術を加速させるかのようなアレックス・ソルマン ( Alex Solman )のキュービズムとバウハウスに触発された「ずさんな構成主義 」アートワークがインサートされている。佐々木敦氏がTwitter上で「ニッポンの音楽業界は本当に糞だ。Spotifyの参入障壁問題。 自分で自分の首を絞めてることにまったく気付いてない。気付くわけないか。もうずっと同じような過ちを繰り返してきたのだから。問題はむしろ、そうしたニッポンの音楽ビジネスの歪みに、リスナーの方が馴らされてしまったことだ」と檄を飛ばし、それには同感だが、ぼくは80年代中期にニッポンの業界から距離をとろうと決心した時から、ニッポンでの業界はおろか洋楽リスナーや海外の尖端音楽に追従しているミュージシャンやDJすらも、それほど意識したことはない。というか、そうした人間関係や構造は足手纏いでもあった。ぼくにとって大事なことは同時代に生きる我々が、文化、思想、芸術などの時代的経験を音楽によって共有/認識することで、そうした同時代意識が忠実に反映されたイギリスやヨーロッパの ( アメリカはもはや興味の対象ではない) 先端で起こっているリアルな音楽の運動、音楽情報を文脈化することだった。振り返れば70年代のパンク表出以後の大きな物語の終焉の、ポストモダンの時代から評論家には生きる糧/術としての音楽業界などもはや存在しなかったのだ。残されていたのは「ネットで繋がることの耐えられない軽さ」と「ずさんなポストモダン」だけ、、、だった、、、

DS-06DS-02DS-03DS-04DS-05
Demdike Stare ‎– Testpressing #006
Modern Love ‎– LOVE097
Vinyl, 12″, 45 RPM, Limited Edition
UK
Released: 31 Jul 2014
A 40 Years Under The Cosh
B Frontin’
Mastered, Lacquer Cut –Matt
Mastered At Alchemy Mastering
Lacquer Cut At Alchemy Mastering
Artwork – Alex Solman
*Black vinyl version. Includes an insert with artwork by Alex Solman.
MODERN LOVE 2014

Demdike Stare – Frontin’

*Modern Love 2014/07/31

Demdike Stare – 40 Years Under The Cosh

*Modern Love 2014/07/31

DS-B01DS-B-02DS-B-03DS-B-04DS-B-05
Demdike Stare ‎– Testpressing #005
Modern Love ‎– LOVE096
Vinyl, 12″, 45 RPM, Limited Edition, Yellow Transparent
UK
Released: 03 Jul 2014
A Procrastination
B Past Majesty
Mastered, Lacquer Cut – Matt
Mastered At Alchemy Mastering
Lacquer Cut At Alchemy Mastering
Artwork [Uncredited] – Alex Solman
*Initial Copies come on transparent yellow vinyl in handstamped sleeve. Includes an insert with artwork by Alex Solman.
MODERN LOVE 2014

Demdike Stare – Past Majesty

*Modern Love 2014/07/03
Taken from Testpressing#005 (Love096)
Images reimagined by Andy Rushton

hiromi yoshii roppongiでのexhibition「CON/cretism」では、勿論、zine「0g」で ずっと打ち出してきた ” updating modernism ” と、具体芸術の「芸術は自然の正式な特性から、あるいは官能または感傷から何も受け取るべきではない。叙情、dramaticism、象徴を、除外したい」というテオ・ヴァンドースブルフのマニフェストや、「具体音楽」の伝統的で抽象的な音楽にnonを突きつける人や動物の声、自然 の音や都市の騒音などを録音し電気的/機械的に変質させ組み合わせて制作されたミュージック・コンクレートを裏付けるための図りごとであって、2010年代の音楽のリアリズムとはなにかと考えたときに、ある意味で物質的、触覚的な「音」、 世界に存在する材料や残骸を徹底的に活用するコラージュやカットアップによる完成作品自体がオブジェクトなもの、 同時代性の空間 ( エンバイロメント) および時間的次元を共有可能な、それらを充たすものとしてのコンクレート ( Concrete現実の、実際の、明確な、具体(性), 具象性 ) という言葉と思いに至ったというわけです。それは70年代後半のインダストリアル・ミュージックやインディペ ンデント ( DIY ) の精神から継承されている ” ディレッタント( dilettantesしろうと芸 の、好事家、文学・芸術の愛好家 ) によるディレッタントのための音楽 ” 、「ずさ んな構成主義」「 ずさんなポストモダン」と言い直してもいいのかも知れない。
(お詫びと訂正「 0g2.5」での最後のページ”music for the direttante by the direttante”の文章に大きな誤りがありました、この文章に置き換えてお読みください。申し訳ありません)

Millie and Andrea / Drop The Vowels – Quay (Video) Tilda Swinton
https://www.youtube.com/watch?v=qkecG5Sairo
* nennadd n 2014/08/03
Andy Stott forged a partnership with Miles Whittaker (from Pendle Coven and Demdike Stare) in 2008. Together the pair create luscious dubby techno as Millie & Andrea, released solely through ML’s sister label Daphne.

https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/04/18/demdike-stare-test-pressings/

https://agiyuzuru.wordpress.com/2014/04/04/millie-andrea-drop-the-vowels/

https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/01/23/2012-best-album-part3/

2014 8.22
pm22.22

**

208,010 表示回数
8月 22, 2014、3:15 pm

CON/cretism @ nu things

083014_CON_Cretism Aug
CON/cretism
8/30 (sat) 19:00-23:00 1500yen(inc 1drink+CDR)
@ nu things
bricolage: AGI Yuzuru

CONFERENCE
from Norbert Pfaffenbichler 8 months ago

CONFERENCE from Norbert Pfaffenbichler on Vimeo.

In this grotesque found-footage-film close-ups of 65 actors playing Adolf Hitler in movies created between 1940 and today are combined in shot/countershot-manner. The soundtrack is produced by the Austrian composer Bernhard Lang.
No other historical figure of the 20th century was portrayed more often in movies and by so many different actors than Adolf Hitler. (Only Jesus Christ has more appearances in cinema´s history – but with a headstart of more than 50 years.) In this grotesque and uncanny identity parade Adolf Hitler is presented as an undead who is impersonated by an alarming number of revenants.
CONFERENCE is part five of my notes on film-series, which deals wtih filmtheoretical and -historical subjects. The movie is also part of a series of works about Charles Chaplin, which includes a number of installations and films.

norbert pfaffenbichler notes on notes on film
http://vimeo.com/32521766
While the development of the Notes on Film – series is logical, the expansive directions it takes are baffling. Pfaffenbichler’s unique sensibility finds expression in a growing emphasis upon the comic and the uncanny, whereby his avant-garde and often structuralist approach is coupled with an ever-increasing pleasure in playful experimentation. The source material is simultaneously de- and re-constructed, with a considerable amount of Brechtian surplus value, albeit involving a specifically filmic magnetism. It is impossible to come away from a Pfaffenbichler film without an altered and enriched sense of cinema, its history and possibilities.
(Christoph Huber)