アーカイブ

月別アーカイブ: 7月 2013

Innode ‎– Gridshifter – Editions Mego
Innode_bw-300x199Innodeは、Stefan Nemeth ( synthesizers ) + Steven Hess ( drums ) + Bernhard Breuer ( drums ) によるコラボレーションプロジェクト。 ここでの音響はraster-noton以後のポストグリッチとも言える言語学におけるホルマール構造の分析/実験の相互作用/音の経験としての、ナビゲーション・システムを応用した異なるサイズのグリッド/テンプレート上をマニュピレートする上で変化していく混乱/不安定になった音の環境を、ある一定の約束事のなかでコントロールされ構築された21世紀版リズムおよび雑音のスリリングな即興演奏が収録されたもの、あるいは人間の直観および予測不可能性によって対照させられた技術的なアプローチでの極度に極端な音の力学。

01 Innode – Dedispersion I [Editions Mego]

**01 Innode – Dedispersion I [Editions Mego]
EditionsMego·: 2013/06/09
Download: http://ks.kud.li/emego168
Subscribe: http://sb.kud.li/editionsmego
Official stream from Editions Mego. Distributed by Kudos Records.
On iTunes: http://it.kud.li/emego168
On Amazon: http://az.kud.li/emego168
More music playlists: http://pl.kud.li/editionsmego
Innode enters the world with an audacious debut of rhythm and sound, space and silence and an astonishing blend of the acoustic and the electronic. Spearheaded by Stefan Nmeth (co-founder of Radian, Lokai) in close collaboration with Steven Hess (Locrian, Pan.American, Cleared) and Bernhard Breuer (Elektro Guzzi, Tumido), Gridshifter is an intense, astonishing sonic experience which navigates the line between formal structures and experimental interplay. Conceived as a series of crossbred experiments where, on one side, a human rhythm triggers electronic signals whilst on the other electronic textures sculpt a platform for physical human engagement. The stark dynamics and Human/Non Human interaction manifests itself as a thrilling expose of 21st Century rhythm and noise.
The term Gridshifter plays on the idea of composed disorder by applying opposing moves upon a template of rigid structure. On certain tracks a strict time line or grid is spiked via grids of a different size being played at the same time, whilst on others, Steven and Bernhard ‘shifted’ the grid by overlaying their own rhythms, resulting in a destabilised sonic environment.
As Nmeth describes the artwork he sums up the entire modus operandi, “These arrays, or biochips, are samples of DNA laid out as a series of microscopic spots bound to a small glass slide. Corresponding images look highly organized, but show a lot of tiny imperfections at the same time…this fact makes them especially interesting for me.”
Innode explore an exhilarating terrain whereby simple, pure forms, both human and electronic weave together, unfeathered, untarnished, unprocessed and leave a web of intense, extreme sonic dynamics.

http://innode.sonotope.org

INNODE-01INNODE-02INNODE-03
Innode ‎– Gridshifter
Editions Mego ‎– eMEGO 168
Vinyl, LP, Album
Austria
Released: Jun 2013
A1 Dedispersion I
A2 Dedispersion II
A3 Rotor
A4 Planes And Numbers
A5 Peano
B1 Gridshifter
B2 Triggerext
B3 FS Revisited
B4 Cumbre Vieja
B5 Skatterakt
Stefan Nemeth – synthesizers
Steven Hess – drums ( on B side )
Bernhard Breuer – drums ( on Dedispersion I & II )
Dedispersion I & II and Planes And Numbers
originally written for an Exhibirion by Andres Ramfrez Gaviria
recorded by Christoph Amann, Bernhard Breuer and Kassian Troyer, Various Locations, Vienna ( at ) and Berlin ( DE )
mixed by Stefan Nemeth
mastering – Kassian Troyer
artwork – Julie/C – http://www.juliec.net
INNODE. SONOTOPE.ORG
EDITTIONS MEGO/INNODE 2013

「これらの配列(すなわちバイオチップ)は、一連の微視的なスポットが小さなスライド・ガラスにはねるとともにレイアウトされたDNAのサンプルです」。「 ドラムマシーンは聴覚のドラムに連結されました、1、他方によって形作られ、拡張され、補足されること。同時にこれらの衝撃のパターンは生で加工されていない波形から構成されて、電子生地用基板です。それはアナログ・シンセサイザーによって生成されます。それは従って音の選択を定義する機能です、結果として生じる要素は白色雑音またはパルス波と同じくらい単純になりえます。「原音の」適切な用語(このコンテキスト中の位置)でありえました。このプロセスに匹敵するので、それは形式に関する要点への焦点です。組み立てる微視的な詳細と同様に音の塊の構成も、使用するちょうど求められるような多くと同じ考えから出現します」と彼らは制作プロセスを説明している。こうした作品ももはやアート音楽/音楽美術品といってもいいだろう。ウィーンのエレクトロニカシーンにはEdition MegoやCheap等のレーベルがあり、ベルリンとはまた違った独自の音楽美学を持っている。伝統の一部、その潮流としてクラシックや現代音楽の影響を引き継ぎながら。

04 Innode – Planes And Numbers [Editions Mego]
http://www.youtube.com/watch?v=Uvf_FIVcOyI

05 Innode – Peano [Editions Mego]
http://www.youtube.com/watch?v=NqmLk31Yq3s
**05 Innode – Peano [Editions Mego]
EditionsMego·: 2013/06/09
Download: http://ks.kud.li/emego168
Subscribe: http://sb.kud.li/editionsmego
Official stream from Editions Mego. Distributed by Kudos Records.
On iTunes: http://it.kud.li/emego168
On Amazon: http://az.kud.li/emego168
More music playlists: http://pl.kud.li/editionsmego
Album: Gridshifter [ALBUM]
Track: 5 of 10
Title: Peano
Artist: Innode
Label: Editions Mego
Cat#: EMEGO168
Formats: LP/Digital
Digital Release: 10th June 2013
Physical Release: 10th June 2013
About This Release:
Stefan Nmeth: Synthesizers
Steven Hess: Drums (on B-Side)
Bernhard Breuer: Drums (on “Dedispersion I & II”)
“Dedispersion I & II” and “Planes And Numbers” orginally written for an exhibition by Andrs Ramrez Gaviria
Recorded by Christoph Amann, Bernhard Breuer and Kassian Troyer, various locations,
Vienna (AT) and Berlin (DE)
Mixed by Stefan Nmeth
Mastering: Kassian Troyer
Artwork: julie/c – http://www.juliec.net
Innode enters the world with an audacious debut of rhythm and sound, space and silence and an astonishing blend of the acoustic and the electronic. Spearheaded by Stefan Nmeth (co-founder of Radian, Lokai) in close collaboration with Steven Hess (Locrian, Pan.American, Cleared) and Bernhard Breuer (Elektro Guzzi, Tumido), Gridshifter is an intense, astonishing sonic experience which navigates the line between formal structures and experimental interplay. Conceived as a series of crossbred experiments where, on one side, a human rhythm triggers electronic signals whilst on the other electronic textures sculpt a platform for physical human engagement. The stark dynamics and Human/Non Human interaction manifests itself as a thrilling expose of 21st Century rhythm and noise.
The term Gridshifter plays on the idea of composed disorder by applying opposing moves upon a template of rigid structure. On certain tracks a strict time line or grid is spiked via grids of a different size being played at the same time, whilst on others, Steven and Bernhard ‘shifted’ the grid by overlaying their own rhythms, resulting in a destabilised sonic environment.
As Nmeth describes the artwork he sums up the entire modus operandi, “These arrays, or biochips, are samples of DNA laid out as a series of microscopic spots bound to a small glass slide. Corresponding images look highly organized, but show a lot of tiny imperfections at the same time…this fact makes them especially interesting for me.”
Innode explore an exhilarating terrain whereby simple, pure forms, both human and electronic weave together, unfeathered, untarnished, unprocessed and leave a web of intense, extreme sonic dynamics.
http://innode.sonotope.org

Stefan Nemeth / Franz Hautzinger 2

**franz hautzinger·: 2010/07/01
electronic, abstract, improvised music
vienna 2010
gomberg movies

NEMETH-Film-01Németh ‎– Film
Thrill Jockey ‎– thrill 194
CD, Album
US
Released: 29 Jan 2008
1 Via L4-Norte
2 Field ( drums, crotales – Martin Brandlmayr / recorded field recordings – Lotte Schreiber )
3 Luukkaankangas ( recorded field recordings – Dariusz Kowalski )
4 Soprus
5 Transitions
6 Ortem Ende ( recorded field recordings – Dariusz Kowalski )
written, produced, guitars, synthesizers, percussion, electronics, programmed by Stefan Németh
mastered, mixed by Martin Siewert
mastered at Motone Sound Services
mixed at Motone Sound Services
mixdown and mastering at Motone Sound Services
cover design – re-p.org
© Németh, 2008
℗ Thrill jockey, 2008
***Stefan Németh
Profile:
Guitarist and electronic musician born in Baden (Austria) and actually lives and works in Vienna. Co-founder of Mosz.
http://www.radian.at/
http://www.mosz.org/
http://www.sonotope.org/lokai/

(Németh•Film)
http://www.youtube.com/watch?v=VMCpubA7UAk
Steven Hess
http://www.discogs.com/artist/Steven+Hess
Bernhard Breuer
http://www.discogs.com/artist/Bernhard+Breuer

2013 7/18 pm23.33

✙✙✙✙✙

2002 10.29 Blog 「スカンジナビア、東欧、ヨーロッパ旅行 / ウィーン」
ウィーンといえば未だにモーツアルトにクリムト、エゴン・シーレなのだろうか。ウィーンの街角には夏休みを利用してか、教師らしき人に連れられた音楽学校の女学生たちやニッポンの女性観光客と多くすれ違った。ぼくにとって今やウィーンとは3年前に”Infra”の創刊号で編集した、クルーダー・アンド・ドルフマイスターや、ピースオーケストラなどヴィエンナトーンの街というイメージが強い。 Werdertorストリートにある輸入レコードショップとディストリビューターを兼ねた”ブラックマーケット”には、イギリスを初め、ヨーロッパのクラブミュージックの全てのレコードがディスプレーされていて、ロンドン、ヨーロッパでの新しいクラブミュージックの動向を集成するように、中央ヨーロッパのクラブミュージックの情報の源といった役割をも担っていた。その夜、Donau Kanal沿いにあるクラブ”FLEX”に行き、Vienna ScientistsのJORGEN DRIMALに会った。そこではブラック・サイエンティスト・ナイトといった感のクラブイヴェントが催され、The MenheadsやFreedom Satelliteのメンバーたちが、 ドラッギーなヴィエンナ・ダブをDJイングしていた。 K&Dのウィーントーンを継承し影響されたダブ・サウンドこそがリアルなウィーンのクラブミュージックの現状だなと再認識した夜だった。帰国してからもJORGENは、手紙をくれたり、数枚のヴィエンナ・サイエンティストの作品を送ってくれて、今後も彼らとは関係を持ちながらなにか一緒に仕事ができたらと思っている。彼らは雑誌”BIT”も高く評価してくれているしね。 ウィーンは観光用の馬車が輩出する馬糞の匂いと、 やはりクラシック・ミュージックの街だった。だけどそうした音楽にもやはりクラシック・モダンの波が打ち寄せていることは確かだけどね。

これは10年前にウィーンに旅行したとき帰国後に書いたBlogで、あのSoul seduction/Blackmarketもこの7月に11年間続いた店がクローズされ、ディストリビュートだけを続行していくというニュースが入って来た。先月まで毎月ソウルセダクションでリリースされている情報をAlanが送ってくれていたのに、とても残念なことだ。どこの国でもレコード/CDが売れなくなって行く現実は想像以上に厳しい。現在、ウィーンにはElektrognner、Market、Prater Sauna 、Grelle Forelle 、Donau、Celeste、Techno Cafeなどのクラブやバーが存在していて、そこだけはなぜか人々で賑わっているようだ。どこかニッポンのクラブに集う人種とは違って知的な人たちが多いように思えるのが羨ましい。
Techno Cafe
http://www.dastechnocafe.at/#p01

広告

Sagat ‎– Satellite EP

Vlek
Sagat
Ssaliva

80-90年代に比較すると、最近はベルリンやイギリスの尖端音楽ばかりに目を取られ、ベルギー、ブリュッセルのレーベルにはもうひとつ関心を抱くことも少なくなった。でもVlekから発表される数枚の作品には古い印刷機を使った素晴らしいアートワーク、美しいそのロゴや、ジャケットの手細工で作られた美術品のようなその手触りには、なにか直感的に惹かれるものがあるし、音楽そのものもブリュッセル独特の耽美なエレクトロ色彩で構築されていて、今後このレーベルからの作品には期待せざるをえない予感を感じる。
Demdike Stareとも共作するSagatは、実験的な2ステップ、音響ダブ・テクノを展開していて、あのWarpレコードの初期に感じたものや、古くは懐かしいブリュッセルの駅前にあったサンドウィッチレーベルのディストリビューター/ショップを訪ねた時の、クラブカルチャーの源流ともいうべきクレプスキュールやファクトリーでの80年代ポストロックなエレクトロ/ニューウェイヴの衝撃と同じワクワク感を呼び戻す。今後、現在のベルリンと同じように再びブリュッセルの音楽シーンは先端音楽にとって重要な鍵を握るだろう。

Sagat- Satellite

Sagat- Satellite
Ari DerpK·: 2013/07/12
Released by:
VLEK
Release/catalogue number:
VLEK13
Release Date:
2013-07-08
Key:
G♯min
http://vlek.tumblr.com/post/483491199…

satellite-01satellite-02satellite-03
Sagat ‎– Satellite EP
Vlek ‎– VLEK13
Vinyl, 12″, EP
Belgium
Released: 08 Jul 2013
A1 Ten Steps Removed
A2 Satellite
B1 Port
B2 Intruder
written & produced by sagat
mastering Fred Alstadt – angstom brussels
supported by the Federation Wallonia – Brussels
thanks, Tower Times, vlek 54
p&c vlek – vlek.tumblr.com
vlek 13 – 2013
distributed by Kompakt Distribution
300 copies
handmade sleeves, screenprinted cover
artwork by DimRun, printed at the workshop

<iframe width="480" height="480" scrolling="no" frameborder="no" src="https://w.soundcloud.com/player/?url=http%3A%2F%2Fapi.soun

SAGAT-B-01SAGAT-B-02SAGAT-B-03
Sagat ‎– Few Mysteries Solved In A Year Of Contact
Vlek ‎– VLEK07
Vinyl, 12", 45 RPM
Belgium
Released: 04 Jun 2012
A1 Few Mysteries Solved In A Year Of Contact
A2 ESC
B1 Speaking Of Which
B2 Spelt Backwards
all tracks written by Sagat
tracks Few Mysteres Solved In Year Of Contact and ESC feature samples written by 8apos
mastering by Frederic Alstadt – Angstrom mastering Brussels
supporeted by the Federation Wallonia – Brussels
p&c by vlek
VLEKDATA ORG
vlek07 – 2012

SAGAT – SPEAKING OF WHICH

SAGAT – SPEAKING OF WHICH
vlekrecords·: 2012/04/16
Out on VLEK07 – SAGAT – FEW MYSTERIES SOLVED IN A YEAR OF CONTACT
http://vlekdata.org

ベルギーの首都ブリュッセルは欧州連合(EU)の本部が置かれている大都市で、ここではフランス語やオランダ語、ルクセンブルグ語、ドイツ語などが入り乱れた多言語地域で、稚拙な英語では通じにくいので辟易した思い出がある。小パリと呼ばれているだけあって、どこかパリで会った画家ルル・ピカソ ( パブロ・ピカソの息子 / rock magazine 198105/06の表紙でのイラスト) やジェネシス・P・オリッジに紹介してもらったスロッビング・グリッスルの衣装をデザインしていたローレンス・デュプレーにも似たお洒落でスノッブな音楽関係者が多かった。尖端音楽を聴く限り、時代は再びあの「アイデンティティーのない時代にアイデンティティ幻想を生み他人から自己を守る」80年代に「始まり」を見つけようとしている。Vlekの音楽を聴いていると、ぼくの住まいの倉庫部屋の段ボールの箱の中に30年間眠ったままになっているあの時代のレコードを取り出し、再解釈することが早急に求められているのかも、、、

Ssaliva ‎– RZA-01Ssaliva ‎– RZA-02Ssaliva ‎– RZA-03
Ssaliva ‎– RZA
Vlek ‎– VLEK06
Vinyl, 10", EP, Limited Edition, Gold
Belgium
Released: 2012
A1 Black Soul
A2 SPA82
A3 Trimensional
A4 B Adeventure
B1 Night Landing
B2 Hobo4030
B3 RZA
B4 Savaan
Mastering; rederic Alstadt
At – Ångström Mastering
Angstrom Mastering Brussels
hand printed in the Rush
supported by The Federation Wallonia – Brussels
vlek.tumblr.com
vlek06 – 2011

SSALIVA – B3 – RZA

SSALIVA – B3 – RZA
vlekrecords·: 2012/01/04
More info on http://vlek.tumblr.com.
VLEK06 – SSALIVA – “RZA” – OUT JAN 2012 on VLEK RECORDS
300 x 10″ EP – Gold Vinyl.
Hand-Screenprinted and embossed Sleeves

Ssaliva – Savaan / VLEK06 – “RZA”
http://vimeo.com/34259212

Ssaliva – B4 – Savaan
http://www.youtube.com/watch?v=dZv8xojomYU

http://vlek.tumblr.com/post/13825522951/ssaliva
*

Ssaliva ‎– m-01Ssaliva ‎–m-02Ssaliva ‎– m-03
Ssaliva ‎– Sync Thrills
Vlek ‎– VLEK09
Vinyl, 10", EP, Limited Edition, Pink
Belgium
Released: Sep 2012

A1 Masq
A2 Eza
A3 Taro
A4 A*I
+
B1 YAV *
B2 Ave
B3 Uranus7760
B4 AA Floor
mastered at Ångström Mastering
mastered by F. Alstadt
* Yet Another Vase
300 copies.
Angstrom Mastering Brussels.
supported by The Federation Wallonia-Brussels

SSaliva – Yet Another Vase

SSaliva – Yet Another Vase
brigggs03·: 2012/09/05
I don’t own, did not make and do not hold rights to this song. I just thought it was a shame people on youtube couldn’t hear it.
Off the Album Sync Thrills

Vleks channel
http://www.youtube.com/user/vlekrecords

Vlek
http://vlek.tumblr.com/
https://www.facebook.com/vlekrecords
http://www.discogs.com/label/Vlek

個人的にはビート系の音楽にはあまり興味が湧かないが (というか、そうした音楽は90年代に浴びるほど聴いていたので食傷気味) 、VlekでのBeatsurfingの有機的なMIDIコントローラー建築者、Herrmutt Lobby概念に基づき開発されたハードウェアMIDIコントローラーには興味がわく。指を軽く打つことで音を奏でるオブジェクトは、どんなMIDI対応の装置(仮想MIDIによる、ソフトウェア、ハードウェアあるいは選択されたiPad用アプリケーションなど)もコントロールすることができ、非常に直観的なインアプリ編集システムを特色とし、任意の既存のスタジオあるいはライブのセットアップに最適だ。
facebook.com/herrmuttlobby
vlekdata.org
Beatsurfing – The Organic MIDI Controller Builder – Official Teaser

✞✞✞

**音楽は耳で聴いているのではない。耳が音を聴いていない。これはずっとぼくが言い続けていることで、ミュージックセラピーという概念を全て信じているわけではないが、篠原佳年医学博士モーツァルト療法には『たとえば、ストレスの要因が母親の厳しすぎる躾にあったとすれば、ある時母親の声の周波数に対する音のフィルターを耳にセットして、 以降はその音が入ってきても聞こえても聴かない構造の耳になってしまうのです。これが「保身耳」です。聴きたくない音にカーテンを引いてマスクしてしまうのです。 とくに子供の頃のストレスは、成人する過程に大きな影響を及ぼします。家庭環境はとても重要です。トマティス博士によれば、たとえば、母親と敵対関係にある子供は、意図的に母親の発声域である高音知覚を切り捨てる(音にカーテンを引く) ことにより、知覚上での母親との関係をうまく開放できるのだそうです。 この時、母親という存在は子供の右脳で優位に認識されますので、その症状は、右脳に対応する左耳に現れます。中耳炎になる子供は、このような状態を示していることがたいへんに多いのです。 また自分をせかし大声を出す高圧的な父親にたいしては、父親の音域をきっぱりと遮断する(音にカーテンを引く)ことにより逃避するのです。父親とコミニュケーションをしなくなるケースは深刻です。ほかの大人たちとのコミニュケーションにも消極的になってしまうからです。 するともっとまずいことに、言語上、文筆上、読解力上の困難に見舞われ、父親によって象徴される未来に対して夢が持てなくなるケースが あります。 この時、父親という存在は子供の左脳で優位に認識されますので、その症状は、左脳に対応する右耳に現れます。右耳は言語をリードする耳ですので、右耳のトラブルは人生を深刻にします。』 という説があり、これはとても興味深い。こうしたことでも音楽を聴くという行為には意識と頭脳が大きく関与していることがわかるだろう。音の波動が人間の身体や頭脳、あるいは生活そのものに与える影響は計り知れない。

音が脳に及ぼす影響とは
http://www.g-labo.co.jp/life/otonohanasi.html

2013 7/15 am1.32

UNKNOWN PRECEPT – THE BLACK IDEAL

Polar Inertia, Indirect light (Dement3d)

The Black Idealにも収録されているPolar Inertiaの、彼らの映像「 Indirect light 」は予期される世紀末後の未来に励起されて2010年に制作されたもの。この世界の終わりのカウントダウン・シナリオを見るような不思議なナレーターの詩人のような言葉に、夜の芸術家の持つ精神病質の呟きが語られる。モノグラフ ( 電子音楽に関する新しい、パリの出版者 ) の最初の号と共振してリリースされた2枚組 「 Unknown Precept – The Black Ideal 」は、そのタイトル「黒い理想」が示すように現代のテクノ音楽のより暗い側面を徹底的に掘り下げたトラックのコレクション。次から次にリリースされる新しいインダストリアルミュージックによってぼくは再びまた1985年のあの忌まわしい「 怨念の時代 」へとタイムスリップさせられるのか?「 抽象的で織込んで作られたものを擁護するのは美学であるだけでなく、残忍で無慈悲だ 」と評論家リチャード・ブロフィーは述べている。だがこうした音楽はいまやひとつの美モードであって、暗い事件が多発している現代だからといって、イギリスのリバプールで起こった誘拐殺人事件「 ジェームス・バルガー事件 」などと結びつけて聴くものではない。あの事件の恐いところは、事件そのものだけではなく犯人のひとりR.トンプソンが釈放後、過去を隠してガールフレンドと結婚し今はホワイトカラーの勤労者として何喰わぬ顔をしながらオフィスで勤務しているということだ。まるで1980年代当時ノイズやパンクを聴いていた現在50歳前後の音楽ファンのようじゃないか………。いまや時代の病いはこうした音楽のなかにはない、あるとするならどこまでも日常的で凡庸で平和なオフィスのきみの隣に座っている、いまも70-80年代ロック、ノイズミュージックを聴き漁っているその中年男のなかに、だ。

Unknown Precept
http://www.unknownprecept.com/
Unknown Precept is committed to the promotion of contemporary music by producing zines as well as larger collaborative, textual and audio publications.
Unknown Precept c/o Jules Peter
41, Rue de la Réunion 75020 Paris, France
Please, for all inquiries relating to demos,
do not hesitate to send your tracks@unknownprecept.com
https://ja-jp.facebook.com/unknownprecept
https://twitter.com/UnknownPrecept

**

The Black Ideal-01The Black Ideal-02
The Black Ideal-03The Black Ideal-04
The Black Ideal-05The Black Ideal-06

Various ‎– The Black Ideal
Unknown Precept ‎– PRECEPT 001
2 × Vinyl, 12″, Compilation, 33 ⅓ RPM
France
Released: 2013
A1 Ancient Methods – Guardians Of An Eternal Bliss
A2 Saåad With Mondkopf – Last Love
B1 Polar Inertia – Antimatter
B2 Shifted – Untitled
C1 Casual Violence – Beauty Mode
C2 AnD – Reinforcement G
D1 Svreca – Linear
D2 Violetshaped – Black Wisdom, White Witch
mastered by Artefact s Mastering in Berlin
special thanks to all the artists who comitted in this compilation
for their interest, belief and full confidence, Giovani Conti and Daniele Antezza for their constant guidance
Caroline Seymour for her patience and photographs, and my family and friends who believed in this project
music is a Hidden Arithmetic Exercise of The Soul
which does not know that it is counting
UNKNOWN PRECEPT 2013
design – Jules Peter
lacquer cut – Stefan Betke
photography – Caroline Seymour
*The Black Ideal is the first compilation imagined in close relation with the content of Monograph’s first issue.

Polarinertia
http://www.polarinertia.com/
http://www.discogs.com/artist/Polar+Inertia

Ancient Methods – Guardians of Eternal Bliss

**最初にアップしていたAncient Methods – Guardians Of An Eternal Bliss (Original Mix)のYoutube、
「この動画に関連付けられていたyoutubeアカウントは著作権侵害に関する第三者通報が複数寄せられたため削除しました」、と、だとさ。こうしたことも多くが嫌がらせのひとつ、1000人ほどのアカウント数でなにが著作権? まあこうした通報も以外と我々に近しい人間がしているのだろう。

我々は、この同時代の夢、新しい感覚や感性を共有する「少年」のようでありたい。
誰がリードしているのかさえ解らない世界のいたるところから意味のある偶然の一致/シンクロニシティで同時に表出してきた新しいインダストリアル/スプラッシュテクノの物語は、痛烈な原初芸術であり、美しい大脳皮質の実験的刺激。もうそろそろ80年代とは異なる永遠至福の新しい地平線の中へ参入しよう。

Saåad & Mondkopf – Last Love (Original Mix)
http://www.youtube.com/watch?v=UwoUcKBBcWk

Polar Inertia – Antimatter (Original Mix)
http://www.youtube.com/watch?v=nuO16McFs2Y

Shifted – Untitled

Casual Violence – Beauty Mode
http://www.youtube.com/watch?v=-gNx3OEkxxM

AnD – Reinforcement G
http://www.youtube.com/watch?v=yaxeHUbDMzE

Svreca – Linear
http://www.youtube.com/watch?v=XRIGh-f-CVE

Violetshaped – Black Wisdom, White Witch
http://www.youtube.com/watch?v=qq4jZP72fUk

✞たったいまSvrecaからSEMANTICAの新しいインフォメーション届いた。
http://www.semanticarecords.com/

✞✞✞✞✞

2013 7/10 pm21.31