アーカイブ

月別アーカイブ: 11月 2013

Sandra-05

「……………… Daniel Millerに最も影響されたというDownwards Recordsを首謀するバーミンガム出身のアートテロリストRegis ( Karl O’Connor) の、Downward Recordsにおけるアートを退化させる戦略、音楽のプロパゲイトにみられる匿名性 (  pseudonymous )と神話学 ( mythology )は、1993年以後から現在までのクラブカルチャーに与えた影響力は計り知れない。………………… ( Artzineの書き下ろしから抜粋 ) 」
いまクリスマスイヴに発表するartzine編集の真っ最中、先端音楽のインダストリアルテクノにみられる美学や態度は、80年代のインダストリアル、エレクトロニック、ポストパンクにもみられたマニエリスムとバロック様式と、ドイツ的なるエレクトロニック、テクノのパースペクティブが展望されたもの、とも言える。RegisからKerridge、Shapednoise、Yves de Mey、Concrete Fenceにいたるまで、この文脈の核に流れているのは、DIYとindividualの美学と、アートを退化させる戦略、音楽のプロパゲイトにみられる匿名性 ( pseudonymous )と神話学 ( mythology )だ。……………ここではもう多くを語らないが、80年代から2014年まで、この音楽の文脈は脈々と流れ続けていて、秋山伸氏とのArtzineのプロジェクトが終わって機会があれば1冊の単行本でも編集しなければと思っている。それほど膨大な情報量なんだ。とりあえず、クリスマスイヴにプレゼントできるだろうartzineを楽しみにしていただけたら嬉しく思います、、、。

Sandra-04Sandra E.-01Sandra-02

Sandra Electronics ‎– Untitled
Downwards ‎– DO 4
Vinyl, 10″, 45 RPM, Limited Edition, Clear
UK
Released: 22 Feb 2010
A It Slipped Her Mind
AA Protection Now !
B New Purpose
Written by – Mendez, O’Connor
Vocals, Guitar, Electronics [Treatments] – Juan
Electronics, Studio – Karl
Recorded October 2009 in direct sunlight.
Comes with a glossy photo paper insert and a Downwards button badge.
2010 DOWNWARDS

Sandra Electronics – It Slipped Her Mind

IMG_2303

the Normal-01the Normal-02the Normal-03

The Normal – Warm Leatherette

The Normal ‎– T.V.O.D. / Warm Leatherette
Mute ‎– MUTE 001
Vinyl, 7″, Single, 45 RPM
UK
Released: Oct 1978
A T.V.O.D.
B Warm Leatherette
Written by – D. Miller
Mastered by [Metalwork] – Maxwell Anandappa
Photography By – Motor Industry Research Association
Copyright (c) – Mute Records
Printed By – Delga Press Limited
Distributed By – Rough Trade Records
Pressed By – Lyntone Recordings Ltd.
Notes
“….feel the steering wheel….”
“….stick the aerial into….”
dp delga press limited
16 Decoy Avenue London N.W 11 England
Sole distributors ROUGH TRADE RECORDS
© 1978 Mute Records

2013 11/29 am8.02

EN AVANT! EMPTYSET – Operating at the stress point between Experimental sonic Architecture and corporeal club music
EN AVANT!:november「 エクスペリメンタル・ソニック・アーキテクチャーと肉体的で物質的な具体のクラブミュージックの間の応力点で作動する尖端音楽 」
福島と来るだろう大地震と、秘密保護法と治安維持法と、、、ますます厳しくなってゆく管理社会のなかで世界は窮屈に痩せ細って行く、、、そして堕落してしまったクラブカルチャー、、、ベルリンを拠点に活動するサミュエル・ケーリッジは、現在のクラブカルチャーで表出する糞音楽の多さに人々は辟易し、退屈してるぜと発言している。downwardsからもうすぐ発表される彼のアルバムKerridge ‎– A Fallen Empireには、「 死は私たちそのもの 」、「 地獄へストレート 」などのタイトルを持つ曲が収録されている。イマジェリーもないダンスミュージックに操り人形のようにただ機械的に踊らされているバカども! ( 追記 / 起きてみると、誰かがぼくひとりでブリコラージュしているこのイヴェントには、ひとが少ないという書き込み、まあ、ひとが多いにこしたことはないけど、パーティじやあるまい毎回東京や遠方から10-20人のひとが顔出してくれるだけでも大したものだ満足してるよ、、、笑、ぼくひとりで展開しているこのイヴェントは先端での新しい音楽情報をエディトリアルし、社会に下ろしていることの意味が大きいこと、理解してね、、笑 )、 、、そう、お前たちに欠けてるのはイマジェリー、想像のこの空想的なパスは、生命の迷路を通ってそれらの方法を見つけるために予言者と空想家の両方によって使用される神秘的なユダヤ教において最も古い。このいまという時代の「死の舞踏」、リアルな真実のヴィジョンを、、、こうした音楽が暗いという奴は、いままでこの世界のなにを見、なにを聴き、なにを読んできたのだろうか、、、いま一度、人間精神の常数、歴史の常数「バロック」を、、、、こうしたインダストリアルミニマルのヴィジョンは、想像を利用することを学ぶとともに、生活を活性化する意志と技術を教えてくれる。Emptysetから Karl ‘Regis’ O’Connor、そしてWill Bankheadへ、いま、もっともぼくが注視している動向だ。

23 (sat) November 2013 18:00-23:00 1500yen(inc 1drink) @ nu things
EN AVANT!
Emptyset – Operating at the stress point between experimental sonic architecture and corporeal club music
bricolage: AGI Yuzuru

Kerridge – Chant

*Say Yes to Tech·: 2013/11/18
Kerridge – A Fallen Empire
Release Date: 30-10-2013
Label: Downwards
Cat.nr: DNKLP01
Genre: Electronic
Style: Techno, Experimental, Industrial, Noise
http://hardwax.com/69595/kerridge/a-f…

levantis Believes
http://jp.juno.co.uk/products/levantis-believe-ep/512925-01/

LEVANTISEomac-01Madted-01
Wanda Group-01Basic House-01Kerridge-A1

:Zoviet:France: ‎– Eostre

2013年のクリスマスイヴに発表する予定の秋山伸アートデザイン/装丁+ぼくの編集によるartzine ( 雑誌の名前はまだ未定ですが「0G – zero g 」が有力? ) のためのエディトリアルと原稿書きをそろそろ本格的に始めようと思っています。最新のレコード/CDばかりを選ぶ予定でしたが、それも単純すぎるので、先端音楽の起源である80年代の貴重な作品なども交えてエディトリアルしようかと、考えています。と、いうことで、しばらく最新の音楽情報の更新もいままでのように頻繁にできませんが、、、ぼくと秋山氏のクリスマスプレゼントとしてのartzineの完成を楽しみにしておいてください、、、、

エディション・ノルト秋山氏からの今回のアートジンに関する現時点での構想
「形態に関して今考えているのは:版型はA5-B5サイズで、(プラスチックのピンのような部品で)平綴じにして紙の切り替えの自由度を確保し、コンテンツによって紙質や版型が混在する形態です。
印刷や製本はうちの機械と手作業+安価な通販印刷できる範囲におさえ、
本文はモノクロ印刷をメインにして(アクセントとして表紙や扉で強い色を使う)、
フレキシブル(ページ数も厚いときもあれば薄いときもあるとか)で、
フットワークのかるい(簡易印刷、簡易製本、小部数)ものにして、
1年を通して短いスパン(2-3ヵ月?:4-6号で第一期完結?)で出せるものを考えています。
部数は先端音楽のアナログ生産枚数にならって、200部(売り切れたら次号の刊行時にあわせて増刷していく…)」
http://www.editionnord.com

EOSTRE-02
EOSTRE-03
EOSTRE--04

:Zoviet:France: || Cad Goddeau

Muzik Eater·: 2012/09/03
From the album “Eostre” [1984] ||

EOSTRE-01EOSTRE-05EOSTRE-06
EOSTRE-07EOSTRE-08
:Zoviet:France: ‎– Eostre
Red Rhino Records ‎– REDLP 45
2 × Vinyl, LP, Album
UK
Released: 1984
Style: Abstract, Industrial, Experimental, Ambient
A1 Shout The Storm
A2 Circle
B1 Hymen
B2 Gustr
B3 Kirke
C1 Pearroc
C2 Regn
C3 Bell
C4 Cad Goddeau
D1 Wadis
D2 Angelus
D3 Neptune
Companies etc
Pressed By MPO
Credits
Artwork [Latex Insert, Uncredited] – Paolo Di Paolo
Artwork [Tissue Paper, Uncredited] – Ben Ponton
Composed By, Performer, Producer – Ben Ponton, Paolo Di Paolo, Robin Storey
Concept By [Uncredited], Artwork [Labels, Uncredited] – Robin Storey
Notes
1st release, not the 1985 remastered issue.
Outer cover is printed fold-out silk paper.
Inner cover is printed white latex.
Barcode and Other Identifiers
Matrix / Runout: RED LP 45 A2 MPO
Matrix / Runout: RED LP 45 B2 MPO
Matrix / Runout: RED LP 45 C2 MPO
Matrix / Runout: RED LP 45 D-2 MPO
EOSTRE-B-01EOSTRE-B-02
EOSTRE-B-03EOSTRE-B-04

:Zoviet:France: || Shout The Storm

Muzik Eater·: 2012/09/03
From the album “Eostre” [1984] ||

Zoviet France – Pearroc (Oestre 1984)

Tamara Dinka·: 2010/02/24
Zoviet France is an idiosyncratic collective of anonymous postindustrialists, dronologists, and pseudo-ethnomusicologists. Their investigations have taken them into fictional cultures where nothing is easily located and reality often slips into the hypnagogic. Having secluded themselves in Newcastle, England since their inception in 1980, Zoviet France have developed a radical relationship with the cheap technologies of old-fashioned tape recorders, homemade acoustic instruments, primitive looping and sampling devices, and basic dub trickery. From these machines, the collective has crafted a distinctly unique vocabulary of postindustrial sonic hypnosis. Just as Zoviet France’s sound was alchemic reconfigurations of inexpensive technologies, their vinyl packaging literally covered their sounds with aluminum, roofing shingles and porcelain

Origin Newcastle upon Tyne, UK
Genres Dark ambient, post-industrial, industrial, ambient
Years active 1980–present
Labels Charrm, Red Rhino Records, Staalplaat, DOVentertainment, Soleilmoon, Mute Records
Associated acts Reformed Faction, Rapoon, Dead Voices on Air
Members Ben Ponton
Mark Warren
Past members Andy Eardley
Lisa Hale
Mark Spybey
Paolo Di Paolo
Peter Jensen
Robin Storey

:Zoviet:France: – Angelus

:Zoviet:France: – Bell / Cad Goddeu

http://www.the-edge.ws/zoviet/
https://www.facebook.com/zovietfrance
https://twitter.com/zoviet_france

http://www.mixcloud.com/zoviet_france/a-duck-in-a-tree-2013-11-09-a-playful-wind-stops-at-will/
http://zovietfrance.podbean.com/

2013 11/16 am5.12