アーカイブ

月別アーカイブ: 5月 2016

Klara Lewis ‎– Too

Editions Mego
Klara Lewis ‘Too’ (EMEGO 210)

300x300-1Klara LewisのEdition Megoからの” Ett ” と、Peder Mannerfelt productionからの” Music EP ” は、音楽においても女性アーティストの時代が推進されていることを思い知らされた。もう男性優位の時代じゃないね。彼女のオーガニックなそのサウンドは、ウィーンでの実験音楽の前衛で起こっている現象で、アルバム ” Too ” には、フィールド・レコーディングとfound soundsの繊細なミクロスコピックと、サンプル、およびデジタルのマニピュレーションを使ったアヴァン・ポップでエレクトロニックな広大なスケープが描かれている。こうした音楽は、コンテンポラリーなモダン・ミュージックで、現実世界が反射された知覚の抽出であり、再構築である。こうした作品こそ主体を持った聴衆者の最前線に置いておくべきものである・・・ぐずぐずしてると新たな時代意識を持ったリアリティがそこまで来ていることも気づかないまま、ますます現実世界から取り残されてしまうぜ。思えばKlara Lewisの父Graham LewisがBruce Gilbertと組んだユニットDomeでリリースしていた1980年の ” Dome ” 、” Dome 2 ” 、1981年の ” Dome 3 ” の時代も、宝物が目の前にあるのに誰もが音楽離れし80年代というポストモダンな時代を見失ってしまっていた。まるで2016年の、「 Things are not becoming clearer 」な、いまと同じように・・・。超夢うつつ、深い夜に、意欲的に実験的なフィールド・レコーディングとプロセス電子音響を掘る行為・・・ビートはぼやけて、抽象概念、暗い調性・・気づくと、いつのまにか催眠状態・・・

IMG_0439
IMG_0440
Klara Lewis ‎– Too
Editions Mego ‎– eMego210
Vinyl, LP, Album
Austria
24 May 2016
Electronic
Experimental, Dark Ambient, Abstract, Industrial
A1 View
A2 Twist
A3 Too
A4 Else
A5 Want
B1 Beaming
B2 Once
B3 Try
B4 Us
Written, Produced & Mixed by Klara Lewis
Additional sound contributions on Twist & Want by Simon Fisher Turner
Mastered & cut by Rashad Becker at D&M ,February 2016
Drawing by Klara Lewis
Layout by Andreas Karperyd
EDITION MEGO 2016

Klara Lewis:
Klara Lewis is a Swedish composer of experimental electronic music, born in 1993. She also is the daughter of Graham Lewis (Wire).
http://klaralewis.com
https://www.facebook.com/klaralewis
https://www.instagram.com/klaralewis/
https://soundcloud.com/klara-lewis


Tusk Festival 2015 — Klara Lewis
TUSK TV
2016/03/01
Klara Lewis released her debut album Ett for the renowned Editions Mego label last year and it was greeted with unanimous applause at TUSK HQ when brought to the attention of our ears by Opal Tapes head honcho and our erstwhile producer, Stephen Bishop.

Blender Motion Graphics FBAUP
from Susana Bento
by Susana Bento
Music : Klara Lewis — Clearing
Animation clips : Blender Render Engine 2.76
Video editing: Adobe Premiere Pro CS6
FBAUP — Grafismos Especializados (2015)

Entr’acte

http://entracte.co.uk
https://www.flickr.com/groups/entracteproducts/pool/
https://vimeo.com/entracte/videos

IMG_0436
IMG_0437IMG_0438

Andrew Leslie Hooker—The Sin King (E203)
from Entr’acte
Andrew Leslie Hooker
The Sin King DVD (E203)
Published by Entr’acte
May 2016
Screenplay, direction and original
paintings by Andrew Leslie Hooker
Photography and editing by
Stuart Mabey
Original soundtrack by Philip Jeck
(Published by Touch Music [MCPS])
Deconstructed and reinterpreted
(with additional material) by
Giuseppe Ielasi
Sound design by Giuseppe Ielasi
and Andrew Leslie Hooker
Produced By Andrew Leslie Hooker and
Stuart Mabey (The Mutant Love Dolls),
2004–2014
© 2016 Andrew Leslie Hooker

IMG_0435

フランシス・ピカビアのためRelacheの1部、2幕のバレエとして発展し、エリック・サティが音楽を担当していたルネ・クレールの無声映画 ” Entr’acte(1924)” は、マルセル・デュシャンとマン・レイが出演しているダダイズムとシュールレアリズムに影響された実験的映像コラージュ作品であった。Entr’act Recordsが持つコンセプトは、おそらくここから取られたのだろうが、多種多様なイメージだけで構築されたそのフィルムのように、物語の構造を持たず、ただ官能的な楽しみとアートの統合への前衛的なアイデアと、加速する同時代のスピードと意識の高まりを音楽化しているようなものだろう。モダニズムの愉しみ、遊び・・・それこそがEntr’acte Recordsの本質だ。明日の ” atonal 3 ” ではこのあたりの音楽も1時間ばかりブリコラージュする予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=mpr8mXcX80Q