アーカイブ

月別アーカイブ: 2月 2016

Geert-Jan Hobijn “Witteveen+Bos Art+Technology Award 2014”
new material 2016.March

IMG_0195
最近レコードやCDを購入する枚数が限りなく少なくなっている。その原因はいわゆる ” 躍らせる ” テクノやハウスや、ビート系の12インチシングルでリリースされるクラブミュージックにまるで興味がなくなってしまったことが、最も大きな要因だろう。レコード1枚の値段の高さにも原因があるが、一過性のそうした作品にお金を浪費することの馬鹿らしさに気づき始めたのかも、、、クラブで遊ぶひとも少なくなり衰退する一方だが、、発売されたレコードやCDを繋いでDJイングするDJもめっきり少なくなったし、というかそうした志向を持つDJはいまや皆無だ。それに加えぼくの周囲にいた30-50歳代の新しいレコードを購入していたマニアたちも、気がつくといつのまにかどこかに消えてしまった、、、ここにも世代交代の兆候が見え隠れする、、、上の写真は未紹介の最近2週間にぼくが購入した素材の一部だが、これを見れば、先端の音楽がどこに向かっているのか解るひとには一目瞭然だろう。なんども言っておくが、先端の新しい音楽を楽しむにはせめて50年代の現代音楽から70年代のロック、80年代のポストパンク、インダストリアル、90年代のテクノなど脈々と流れ続けてきた音楽の文脈を把握しないことにはどうしょうもない、、のだ、、1年前に始めた有料制の ” 0g (zero-gauge) Web ” も期限がきたので、その流れを継承しながら先端音楽の新しい情報をいまこのブログで発信しているが、そろそろそれも終わりにして、新しい音楽情報は再び刷新した有料制 ” 0g (zero-gauge) Web ” を立ち上げるのと、毎月environment 0gで展開するイヴェントだけにして、このブログはぼくのプライベートな日常的情報発信の場に戻そうと思っている、、、今日はなにを食っただとかの、、、( 笑 )

hobijn-1a写真のなかのGeert-Jan Hobijn ” Witteveen + Bos Art + Technology Award 2014 ” だけを少し紹介しておこう。
ボール紙に同封された7″ シングルと、接着された針、ターンテーブルと、、手動で行われうる溝をロックするために反応する小さな電子機器。単に通常のレコードやCDをプロダクトするのではなく、こういう遊びココロのあるガジェット、オブジェこそが最も必要な時代かも、、最近のカセットリバイバルにはそういった意味も含まれている、、

 

Uitreiking Kunst+Techniek-prijs 2014
from Witteveen+Bos
Geert-Jan Hobijn ontving op 6 november 2014 de Witteveen+Bos-prijs voor Kunst+Techniek uit handen van Witteveen+Bos-directeur Karin Sluis. In aanwezigheid van vele relaties en medewerkers van het ingenieursbureau, familie en vrienden van de kunstenaar en mensen uit de kunstwereld werd tevens de expositie ‘Om’ van Geert-Jan Hobijn geopend, met de installaties Composed Nature en Letterlijk muziek. De expositie is van 7 november t/m 7 december te bezoeken in de Bergkerk te Deventer.

Gonçalo F Cardoso, Ruben Pater
A Study Into 21st Century Drone Acoustics

A Study Into 21st Century Drone Acoustics
Discrepant Films
2016/02/08
Trailer for A Study Into 21st Century Drone Acoustics project by Gonçalo F Cardoso and Ruben Pater.
http://www.droneacoustics.org

Gonçalo F Cardoso
: Gonçalo F Cardoso is a London based artist who runs the label Discrepant. He also releases music under the Papillon moniker as well as Gonzo.
He has released works by the likes of Kink Gong, Cédric Stevens, My Cat Is An Alien, Ergo Phizmiz, Mutamassik among others.

「A Study Into 21st Century Drone Acoustics ( 21世紀の無人機音響効果への研究 ) 」は、作曲家Gonçalo F. Cardoso (Discrepant records)とデザイナーRuben Pater (Untold Stories)による知られざる未知のノイズ/音響と聴覚の探求である( 明らかにされない物語 )。無人機ドローンのエンジンはどのように聴こえるのか? AサイドはRuben録音の小さな無人機から大きな軍隊用無人機に及ぶ17種類のフィールドレコーディング。Bサイドは、破壊的なパワー、無人機テクノロジーによりインスピレーションを与えられたGonçalo F. Cardoso Goncaloのためのサウンドスケープが収録されている。構成は21世紀の航空無人機マシンの概念(音)の人生と死をテーマにしたもの。アルバムは、銀色のmetallicizedされたものの上にまるで鳥のような偵察機無人機ドローンが黒インクでプリントされ、記録されたドキュメンテーションの12ページの小冊子が付いている。無人機ドローンの駆動音を、音楽におけるドローンと重ね合わせ、サウンドアート、21世紀の鳥物語としての電子音楽を構築した時代を先取った作品でもある。軍事的偵察から天気予報、Amazon社の配達用ドローン構想など商業分野におけるドローンの応用まで、あらゆることに広く使用され ( いまでは手のひらに乗るほどの、虫型ドローンのコンセプトモデルの実機も完成済みで、監視や爆薬の搭載による攻撃など、汎用性の高いマイクロドローンはアメリカ軍の最終的な目的になっていると言われている ) 、なにかと話題の、無人機ドローンにまつわる議論の多くは、監視と攻撃のその機能に導かれ、 あくまでも衝突のエリアに住んでいるひとには破壊的な心理的効果をも持っている無人機のエンジン音で、このアルバムにもその暴力的なまでのノイズが収録されている。このプロジェクトは様々な美術館とフェスティバルのインストールにおいて使われて、音はwww.droneacoustics.orgのウェブで自由に入手可能。

Discrepant
Gonçalo F Cardoso – The Life and Death of a 21st Century Drone Machine (LP excerpt)

https://soundcloud.com/discrepant/qav400?in=discrepant/sets/aereal-drone-sounds
Discrepant
QAV400
In playlist: Aereal Drone Sounds
#Follow Discrepant and others on SoundCloud.
Create a SoundCloud accountSign in
Drone sounds from the LP ”A Study into 21st Century Drone Acoustics”
Audio by Gonçalo F. Cardoso
Free Download version with no Introductory voice.
For more info go to http://www.droneacoustics.org

CREP24_droneacoustics_frontR-7851342-1450369817-7682.jpegスキャン 2
スキャンスキャン 1
unnamed
Gonçalo F Cardoso, Ruben Pater ‎– A Study Into 21st Century Drone Acoustics
Discrepant ‎– CREP24
Vinyl, LP, Album
UK
18 Dec 2015
Electronic, Non-Music
Field Recording, Experimental
A1 QAV400 1:12
A2 Parrot AR 0:47
A3 AirRobot AR-100 0:55
A4 RQ-11 Raven 1:11
A5 ScanEagle 0:35
A6 RQ-7 Shadow 0:24
A7 Harop/Harpy 0:11
A8 Rustom-1 0:11
A9 MQ-8 Firescout 1:25
A10 Heron 1:03
A11 Hermes 900 1:20
A12 Heron TP 0:38
A13 MQ-1Predator 0:46
A14 MQ-9 Reaper 1:09
A15 RQ-4 Global Hawk 0:48
A16 nEUROn 0:11
A17 X-47B 0:21
B1 The Life And Death Of A 21st Century Drone Machine 23:08
Written, Composed – Gonçalo F Cardoso
Voice – Emmet O’Donnell
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Concept – Gonçalo F Cardoso
Concept, Sleeve – Ruben Pater
Side A: field recordings of drones selected by Ruben Pater and edited by Gonçalo F. Cardoso.
Printed on a metallic finish sleeve.
With 12 page booklet.
DISCREPANT 2015

Discrepant:
Discrepant: inconsistent; conflicting; at variance
from Latin discrepāns, from discrepāre to differ in sound, from dis-1 + crepāre to be noisy
info@discrepant.net
discrepant.net
http://www.dronesurvivalguide.org

eRikm ‎– L’Art De La Fuite

Luc Ferrari & eRikm
from jetlag prod
Les ProtoRythmiques 2005
extract of the documentary.
Portrait d’un Réaliste abstrait
by Hideyuki Miyaoka
Product by Studio Malaparte ©2005

ターンテーブリストというのは、90年代におけるDJのカッティング/スクラッチングといったクラブカルチャーでのDJが生んだブリコルールという演奏者でもあるのだが、ターンテーブルをひとつの楽器として巧みな編集作業によってオリジナルをずたずたにカットアップし、まったく新しいスタイルの新しい曲を生み出すアーティストである。フランスのミュージシャン、作曲者、およびヴィジュアル・アーティストeRikmもまたDJのようにメディア・プロダクトやレコード、CDを3台のターンテーブルと4トラックカセットで遊び、新しい混合物としてコンテンポラリー・ミュージック ( 壊された音楽 ) を我々に投げ返す。この ” L’Art De La Fuite ” という作品は彼の1994 – 1995に制作された10トラックが収録された4番目のカセットをヴァイナル化したもので、既成の音素材から電気音響の実験音楽を展開しているもの。ミニマルな暴力的で痙攣統合失調症患者テクノ、語り手としてのシネマ的物語が再構築されている。ルーク・フェラーリ、Einsturzende NeubautenなどともコラボレートしているeRikmはフランスの実験的な視覚のコラージュとポスト・パンクによる33回転の即興音楽と、ノイズアンビエントなミュジック・コンクレート、ポスト・インダストリアルを横切りひとつの物語の語り手、寄生虫の彫刻家とも言えるだろう。彼の作品に興味を持ったのは、オーストリアのRoom40からリリースされていた ” Stème ” や ” Transfall ” 、2010年にEntr’acte ‎( E94 ) からリリースされた ” Lux Payllettes ” からで、特に真空パックされた密封ジャケットで発表されたEntr’acteでの作品には、多くのウェスタン・ムーヴィー、ヴィデオ・テープからの、DVDからの、音の断片が、映画を鑑賞しているときのその緊張感、リアルな音響効果にある潜在的なヒステリー状態までもが再構築、ブリコラージュされていて印象深い作品だった。


eRikm – L’Art de la Fuite LP
Sonoris
2015/06/12
Available Sept. 1st, 2015.
http://www.sonoris.org
http://www.erikm.com
Distribution : http://www.metamkine.com
https://www.discogs.com/ja/artist/381973-eRikm

IMG_0191

eRikm ‎– L’Art De La Fuite
Sonoris ‎– LP01
Vinyl, LP, Album, Limited Edition, Reissue, Remastered
France
01 Sep 2015
Electronic, Non-Music
Experimental, Industrial, Musique Concrète
A1 No Accident 3:56
A2 Piscine 2:11
A3 Ventoline & Berotec 4:04
A4 Shangri-La II 4:47
A5 Rose 4:56
B1 Ich War Ein Armer Heidensohn ! 8:46
B2 White Deep 2:31
B3 1937. Encore Des Dieux 3:06
B4 Hangar à Sel 1:34
B5 Parallel Stress 2:58
Remastered By Giuseppe Ielasi
First recordings: a selection. Originally released on limited edition homemade tape.
All compositions recorded on 4 or 8 track. 1994-1995 (Turntables & prepared records . Tapes . CD . Prepared guitar . Field recordings)
300 copies
With 2 postcards and a French/English text sheet.
SONORIS 2015

R-2330889-1285619278.jpeg
eRikm ‎– Lux Payllettes
Entr’acte ‎– E9
CD
UK
:
2010
Electronic
Abstract, Experimental
1 Lux Payllettes
Composed By – eRikm
Liner Notes – Graeme Thomson
Liner Notes [Translated Into French] – Benoit Deuxant, Patrick Thinsy
LUX PAYLLETTES
dimanche 6 juin 2010, par erikm
With this piece, I have been working with the sound material of Western cinema, after its multiple supports : optical film sound, video tapes, dvd and also with sounds that I recorded in cinemas during projections.
Originally, my interest in this « process-handling » is the very relation to listening to the motion picture sounds, its clichés, tensions, loosening, sound effects, and the emotional palettes coming out. In the meantime, Lux echoes a reflexion about the process of identification to such actors or groups of population, including a potentially schizophrenic relation over these projections (Hallucinations).
My desire, on this occasion, was to support the emergence of psychic images so that the listener would seize different elements to create his own decorations, lights, landscapes. Via this range of acoustic suggestions, the listener would let him be led to the centre of his own interpretations.
The first empirical phase of creation originated in an intuitive selection of musics, sound effects, and audience reactions. Gradually, as a meaningful “colour” arose from these sound images, the layout of comments released a social criticism, through the prism of popular cinema. 2007