amorphous – nothing but …ism –

amorphous – nothing but …ism –


8/27 (sun) 2017 17:00-21:00 2000yen(inc 1drink + CDR)
@ environment 0g (zero-gauge)
amorphous – nothing but …ism –
bricolage: AGI Yuzuru

https://nuthings.wordpress.com/2017/08/11/2017年08月27日(日)-amorphous-nothing-but-ism/

10月発行のジン「0g zero gauge」の編集も最終局面だが、今の先端音楽を編集するのは想像以上の時間がかかる。こんなことも初めてのことだが、まとめたものをなんども崩しては組み直し、再構築しなおすのに頭を悩ませていたからだ。でもやっと全体の構造が把握できたので、あとはまとめて終わり・・・やはりこの2、3年で最も重要な音楽といえば、ハード・ノイズの美しい美学とビートレスの雰囲気を融合させたDIFFERENCE CIECLES だろう。彼らのダンスフロアを破壊するようなトラックに衝撃を受けると古い音楽なんて聴いてられない・・今回編集したものを少し抜粋すると、
” Mumdanceの、「進化するにつれて進化する」可能性の高い音楽。
「私は物事を動かすことが重要だと思っています。なぜなら、新しい、進歩的な音楽を発見することは、常に私の人生の大きな部分を占めているという単純な理由です。同時に、私は過去へのつながりを見せて、想像力に火をつけて物事を動かした音楽の道や重要な触媒の軌跡を強調したい」・・・「 無重力 ( weightless ) のアイデアは、クラブの感性を生かしてクラブ・ミュージックを開こうとしているだけです。・・・このINA-GRMからインスピレーションを受けた “ 無重力 ” のacousmaticな経験は、アンビエント・ミュージックをブレークダウンとセグエ ( segue ) させDJツールとして使用することです」”

というわけで、8月7日、ぜひお越しください。
4時間ぶっ通しのDJは疲れるので、途中1時間はみなさんからの質問に答えるTalk timeをとる予定です。
質問ありましたらなんなりと・・・
映像は予測不可能な衝突、現実と人工との間の緊張と平衡、比喩と抽象、古いものと新しいものを脱構築しているロンドンで活動しているヴィジュアル・アーティストQuayolaの映像を使用します。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。