” atonal ” bricolage AGI Yuzuru – 30 sat April 2016 @ environment 0g

” atonal ” bricolage AGI Yuzuru – 30 sat April 2016 19:00-22:00 2000yen(inc 1drink)
@ environment 0g
https://nuthings.wordpress.com/2016/04/12/2016年04月30日(土)-atonal/

18995-schoenberg-of-borg
無力な世紀の変わり目に表出したシェーンベルク、ウェーベルン、およびバーグなどの ” 無調の音楽 “、2016年、ノイズやインダストリアルやドローン、ダークアンビエントやコンテンポラリーモダン・ミュージックに我々が聴いているのは美でも、平和でも、調和でもなく壊れていく世界を静観することだろう。20世紀のロシアで生まれたソビエト連邦のアバンギャルドの革新的なパイオニア Andrey Smirnovが名付けたジェネレーションZの ” sound in Z ” は、アート、音楽、およびフィルムの実験的なフュージョンによる画期的で並みはずれた物語だった。あの時代の想像力に供給した電波と電流の増殖。Zは、スパーク、電波、電気のエネルギーの痙攣、ジグザグを、、「 Zはスパーク、電波のジグザグを意味している 」、、、そうした実験精神を継承するEmptyset、KerridgeやYves De Mey、Shapednoiseたちのクラブカルチャーでの先端の電子音楽や具体音楽、ノイズなどのサウンドは音楽的な構造の新しい美学と新しい世界を生み出しつつあるのか?
photo – Schoenberg of Borg

Atonal 2

Andrey Smirnov’s Sound In Z
from The Wire Magazine

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。