アーカイブ

月別アーカイブ: 2月 2014

Modal Analysis

Pasted Graphic
Modal Analysis
Profile:
Modal Analysis is a record label based in Athens, Greece.

Modal Analysis ( モーダル解析 )
このレーベルは音の構造特性およびインパクトを調査する実際の研究から手掛かりを得、レーベルの実験の精神を具体化する。
「 モーダル解析とは何か/ 振動とは? 振動とは、揺れ動くことであり、繰り返される現象である。いろいろな構造物たとえば、自動車、家電製品、工作機械、建築物、橋、飛行 機、etcは、何らかの外力や加振力(エンジン、モータ、地震、風、etc.)が加わり振動現象が発生する。外部から何らかの力が加わると振動し始める。一旦このような振動が起こると、外部から力を加えなくても振動し続ける。このような現象を自由振動という。全ての物体は、それぞれに固有の動的性質を持っていて、この動特性がその挙動を決定する。自由振動にはその物体の動特性に関する全ての情報が含まれている ( NVS noise & vibration ) 」。
グリッチ以後のEmptysetやModal Anakysisの音響は、音楽というよりも超音楽、または正弦波 ( サイン波 ) 力のもたらす振動や共振振動と言った方が正解だろう。それも強制的に電荷に力を及ぼす空間の電場や電界 ( Electric field ) と磁場の変化によって形成される波(波動)=電磁波ノイズそのものと、言えなくもない。
http://www.modalanalysis.net/

http://modalanalysis.bandcamp.com/
https://www.facebook.com/ModalAnalysisLabel
https://twitter.com/ModalAnalysis

http://vibetech.com/assets/papers/paper28.pdf

音は眼に見えない、だけど音は奏でると振動が波のように発生し常にそこにあるのがわかる。その振動は身体でリアルに受け止めることもできるし、手を翳せば直に触れることもできる。クラブ空間で体験する音量、反響、音の拡散する空間音響は言ってみれば身体感覚こそがすべてなのかも知れない。先端音楽での最も新しい現象として生起するModal analysisやEmptyset、Yves De Mey、kangding ray、Concrete Fence、Russell Haswell、Pete Swansonなどの周波数スペクトル/ミュージックコンクレート・ダンスミュージックからは、多彩な周波数、色、音声や電磁波の信号、振動が送られてくる。

Kondaktor | Signal #2 [Modal Analysis 2014]
http://www.youtube.com/watch?v=k4L8pQ6u0ws
0AntN·: 2014/02/05
Kondaktor | Signal EP
Label: Modal Analysis ‎– MA06
http://www.discogs.com/Kondaktor-Sign…

Kondaktor | Signal#2 (Sawf Remix) [Modal Analysis 2014]

0AntN· 2014/02/05
Kondaktor | Signal EP

Kondaktor – Signal#1 (Modal Analysis)
http://www.youtube.com/watch?v=bYE8Y-tYjHg
Mickey Dreamkey·: 2014/01/29
Kondaktor – Signal EP / Modal Analysis MA06
Vinyl release: http://www.juno.co.uk/products/kondak…
Video edited by Mickey Dreamkey

ギリシャ、アテネのプロデューサーKondaktor ( George Kondaktor aka Slydex ) の” Signal EP ” は、音のコラージュとして組み立てられたフィールドレコーディングの操作によって構成されたオリジナルトラック、シグナル#1とシグナル#2。サイドBには”Perc Trax”のSawf、”Institut Fuer Zukunft”のAnfsによるRemix。

Kondactor-01
Kondactor-02Konductor-03Konductor-04
Kondaktor ‎– Signal EP
Modal Analysis ‎– MA06
Vinyl, 12″
UK
Released: Jan 2014
A1 Signal#1 (Original)
A2 Signal#2 (Original)
B1 Signal#1″ (ANFS Remix)
B2 Signal#2″ (Sawf Remix)
MODAL ANALYSIS 2014

Kondaktor – Sink (Further Records)
http://furtherrecords.org/album/broken-boat

http://www.discogs.com/label/158813-Further-Records

AnD | Bow#1 [Modal Analysis 2013]

0AntN·: 2013/11/28
AnD | Bow EP
Label: Modal Analysis ‎– MA05
Format: Vinyl, 12″
Country: UK
Released: Nov 2013
Genre: Electronic
Style: Techno
http://www.discogs.com/AnD-Bow-EP/rel…

AnD | Bow#2 [Modal Analysis 2013]
http://www.youtube.com/watch?v=hhkoRhf-vJg
0AntN·: 2013/11/28
AnD | Bow EP
Label: Modal Analysis ‎– MA05
Format: Vinyl, 12″
Country: UK
Released: Nov 2013
Genre: Electronic
Style: Techno
http://www.discogs.com/AnD-Bow-EP/rel…

ラッセル・ハーズウェルとのリミックスが収録されたマンチェスターのプロデューサー/DJ、Andrew BowenとDimitri PoumplidisのユニットAnDのテクノ美学。 打撃音や物が壊れる時の音などのパルス状の音波や、摩擦音、声の子音などの噪音、非楽音と呼ばれるノイズ・パースペクティヴの可能性は計り知れない。

20. AnD-01
20. AnD-0220. AnD-0320. AnD-04
AnD ‎– Bow EP
Modal Analysis ‎– MA05
Vinyl, 12″
UK
Released: Nov 2013
A1 Bow#1
B1 Bow#2
B2 Bow#1 (Russell Haswell’s Decomposition)
Remix – Russell Haswell
MODAL ANALYSIS 2013

AnD
Profile: Techno producers & dj duo from Manchester, UK.
Members: Andrew Bowen, Dimitri Poumplidis
http://andmusik.tumblr.com/
https://www.facebook.com/AnD.Musik

**

Yves De Mey | Transfer#1 (Shifted Remix) [Modal Analysis 20
http://www.youtube.com/watch?v=FIxot4S0-4o
0AntN: 2013/09/03
Yves De Mey | Transfer EP
Label: Modal Analysis
Cat No. : MA 04
Release date: September 2013

Yves De Mey | Transfer#2 [Modal Analysis 2013]

0AntN·: 2013/09/03
Yves De Mey | Transfer EP
Label: Modal Analysis
Cat No. : MA 04
Release date: September 2013

Peter Van HoesenとのSendai、Sandwell Districtなどで活動するベルギーのプロデューサーYves De Meyの、次世代インダストリアル・ミニマリズムこそコンテンポラリー・モダン・ミュージックと呼ぶに相応しい。モジュールの周期的な構造を持つ抽象的な激しい音と、アトモスフェリックなサウンドスケープが構築されているイブ・ドゥ・メイの作品から浮かび上がるエレクトロニック・ミュージックの物語、そのサウンドデザインとは「テクノとサウンドアートによって解体されたリズム、洞穴状の深い持続する抽象的なサウンドスケープ」が描かれる。以前にも書いたがこれらをぼくはいま同時代の電子のトラッキング・フィルム、劇場+ダンス用の現代音楽/ダンスミュージックとして聴いている。

Yves De Mey-01
Yves De Mey-02Yves De Mey-03Yves De Mey-04
Yves De Mey ‎– Transfer EP
Modal Analysis ‎– MA04
Vinyl, 12″
Greece
Released: Sep 2013
A1 Transfer#1
A2 Transfer#2
B1 Transfer#1 (Shifted Remix)
Mastered By Matt Colton
Mastered At Alchemy Mastering
Notes
On Labelsticker is written B2 for the B-Side.
MODAL ANALYSIS 2013

Yves De Mey
Aliases: Eavesdropper
In Groups: Sendai
http://submedia.com/

**

Sawf | Sand#1 (Yves De Mey Remix) [Modal Analysis 2012]

0AntN·: 2012/11/28

Sawf | Sand#2 [Modal Analysis 2012]
http://www.youtube.com/watch?v=n6zvx4gm1Ew
0AntN·: 2012/11/29
Sawf ‎| Sand EP
Label: Modal Analysis — MA03
Format: Vinyl, 12″, EP
Country: Greece
Released: 26 Nov 2012
Genre: Electronic
Style: Techno, Experimental
http://www.discogs.com/Sawf-Sand-EP/r…

Perc Trax上から多くのリリースをしているギリシャのプロデューサーSawfのここでの作品は、ディープなインダストリアル・エンヴァイロメント・ミュージック。アンビエントというのも音楽ジャンルではもう死語で、 環境,周囲; 四囲の状況、社会的・文化的・精神的に影響力を持つような環境、人を取り巻く場所を意味するエンヴァイロメント ( environment ) と呼ぶ時代に侵入しているかも。そしていまやサウンドデザインにはインスタレーションとしてのモジュールの新しい組み合わせ/解釈が不可欠。最近モジュラーシンセブームだが、オシレーターやフィルターなどのシンセサイザーの各構成要素(モジュール)をパッチコードなどで繋いで音作りができるシンセサイザーを買い集めても、それは単に自動演奏を楽しむだけの機材オタクであって、音楽創造の面から考えればモジュールを使いこなしてるとは言い難い。

21. Sawf-01
21. Sawf-0221. Sawf-0321. Sawf-04
Sawf ‎– Sand EP
Modal Analysis ‎– MA03
Vinyl, 12″, EP
Greece
Released: 26 Nov 2012
A1 Sand#1
B1 Sand#2
B2 Sand#1
Remix – Yves De Mey
Master Engineer – Matt Colton
MODAL ANALYSIS 2012

**

The Exaltics – Node#1

Fuccyootoo·: 2012/07/16
Node EP
Modal Analysis
MA02
BUY HERE http://modalanalysis.bandcamp.com/

ドイツ中部のイェーナの都市の出身のプロデューサーであり” Solar One Music ” の創設者Robert WitschakowskiのプロジェクトThe Exaltics。音の攻撃性と深い低音の渦巻く暗い銀河ファンクエレクトロ、微調整された混合テクノ( dark galaxy-funk electro and techno ) 。

R-3710190-1341275467-2173
R-3710190-1341413713-3501
The Exaltics ‎– Node EP
Modal Analysis ‎– MA02
Vinyl, 12″, EP, 33 ⅓ RPM
Greece
Released: Jul 2012
A1 Node#1
B1 Node#2
B2 Node#2
Remix – Delta Funktionen
Master Engineer – Matt Colton
Modal Analysis 2012

The Exaltics
Real Name: Robert Witschakowski
Profile: German producer. He is one of the founders of Solar One Music
Aliases: EXS, Robert Heis, Robert Witschakowski
In Groups: Crotaphytus
http://www.the-exaltics.com/index.php?id=2
https://myspace.com/theexaltics
https://www.facebook.com/TheExaltics
http://www.discogs.com/label/103783-Solar-One-Music

*

Cassegrain – Plate #1

Fuccyootoo·1: 2012/06/03
Plate EP
Modal Analysis
MA01
BUY HERE http://modalanalysis.bandcamp.com/

ギリシャ出身のAlex Tsiridisとベルリン在住のHuseyin Evirgenの2人によるプロジェクトCassegrain。アテネに設立されたレーベルModal Analysisは、いまぼくが最も支持しているレーベル。 ~ FRUE 2014 1.24 fri 東京現代美術館 Content ~でもこのグルーヴをキープしながらブリコラージュしたぐらいだから。言ってみればPost Raster-Notonというほど音楽の未来の、重要なヴィジョンとコンセプトがここに見える。
AGI Yuzuru Bricolage ~ FRUE 2014 1.24 fri 東京現代美術館 Content ~
http://www.youtube.com/watch?v=dCb2EFXw8DQ
nuthingsjajouka·: 2014/02/05
The bricolage by AGI Yuzuru.
FRUE 2014 1.24 fri Tokyo contemporary art hall “Content”
This image is 15 minutes of an introduction.
When it passed over 1 hour, last, many people rode on the industrial beat at a edge, and it was dancing off its head ( nu things ).

22. Cassegrain-01
22.Cassegrain-0222. Cassegrain-0322. Cassegrain-04
Cassegrain ‎– Plate EP
Modal Analysis ‎– MA01
Vinyl, 12″, 33 ⅓ RPM
Greece
Released: 01 Jun 2012
A1 Plate#1
B1 Plate#2
B2 Plate#2 (Kangding Ray Remix)
Mastered By Matt Colton
MODAL ANALYSIS 2012

Cassegrain
Profile: British/Greek and Berlin/Vienna duo Alex Tsiridis and Hüseyin Evirgren make up the dynamic Cassegrain.
http://cassegrain.tumblr.com/
https://www.facebook.com/cassegrainmusic?group_id=0
Members: Alex Tsiridis

もうなんども言ってきたが音楽は耳で聴いているのではない。脳が音楽を聴いているのだ。「Suzuki Method Kobe Branch」に記述されているフランスの耳鼻咽喉科医アルフレッド・トマティス博士 ( 1920-2001年 )の説による、” 子供の言語習得と耳の発達音楽 ” には、8つの段階に分けられた人間の耳の発育段階が記述されていて、” ストレスの要因が母親の厳しすぎる躾にあったとすれば、ある時母親の声の周波数に対する音のフィルターを耳にセットして、 以降はその音が入ってきても聞こえても聴かない構造の耳になってしまうのです。これが「保身耳」です。聴きたくない音にカーテンを引いてマスクしてしまうのです ” という。音楽を聴くときに我々が無意識に好き嫌いを判断し選別するのは、なによりもそのひとの過去の生活経験や体験から来るのだということ、、、。そして他にもカクテルパーティー効果 ( cocktail-party effect )という言葉があるが、カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、音などは、自然と聞き取ることができるという音声の選択的聴取 (selective listening to speech) のことで、そこにもひとの意識が大きく作用していることがわかる。 言い直せば、どんな素晴らしい音楽でもいったん嫌いだと思えば、その音楽は一生そのひとの耳には入ってこないだろうし、好きだと思えば聴こえない音まで聴こえてくるということ。

2014 2.26 pm19.08

*阿木譲 a perfect day
2月 26, 2014、10:09 am
表示回数138,286

広告

KAFKA
Metamorphosis / The room of Franz Kafka
bricolage: AGI Yuzuru
3/1&2 (sat&sun) 2014 19:00-23:00 2000yen(inc 1drink&CDR) @nu things

The room of Franz Kafka (2010)
from Fred L’Epee PLUS 3 years ago / Creative Commons License: by nc sa ALL AUDIENCES
Experimental flm by Fred. L’Epee / Switzerland-Greece / 2010 / 4 mn.
Synopsis A: Visiting the room of franz kafka/ surrealism and virtual perspective.
Synopsis B : Narration under active consideration from the theme of kafka’s paranoia , the kafka’s realism. The process of individual society provocating some pathological and post- chronological effect in association some anormal objectivity.
The room of franz kafka.
Synopsis A: visite dans la chambre de franz kafka/ vision surrealiste et virtuelle.
Synopsis B: Travail sur le comportement humain ou la societe impersonnelle developpe de plus en plus une emprise aigu sur l’individu, provoquant un sentiment pathologique dont l’ objectivite devient extremement etrange.
La chambre de franz kafka.
printer.wav::
(0:14) :: HP Printer making some noises.
Jovica:
tubular system C3.wav ::
(0:06) :: This sample is part of the “K5005 multisample
Kortan Cortex :
arteradio__impro17__join_the_army_kortane_cortex
IMPRO_17_Title : jOin tHe arMy
Additionnal music:
Author: Beauty in emptyness
Title: Majesty
IN- DEPTH SEA FILMS 2010
CREATIVE COMMONS/COPYLEFT

Violet Poison-01Violet Poison-02Violet Poison-03
VA – O/H / SUNIL SHARPE / ONTAL / CSA
SULLA GIOSTRA NELL’OMBRA

VIOLET POISON (GER)
VPN005
EP
A1. O/H / Delirium Tremens
2. Sunil Sharpe / Ground Skull Dust
B1. Ontal / Function
2. CSA / Overture
VIOLET POISON 2014

O/H :: DELIRIUM TREMENS [Official Video]
from F Squared Media PRO 1 week ago / Creative Commons License: by nc nd
Taken from the Violet Poison release “Sulla Giostra Nell’Ombra”
facebook.com/pages/Violet-Poison/442751152519238
Transparent vinyl 12″ available exclusively from Boomkat now – and elsewhere very soon!
boomkat.com/vinyl/919966-o-h-sunil-sharpe-ontal-csa-sulla-giostra-nell-ombra
OПTARIO HOSPITAL ╬ ODDIE ╬ H U R E П
facebook.com/ontariohospital
Edited & Directed by Dominic F. Marceau
©2014 F Squared Media

カフカの「 Die Verwandlung / 変身 」はある朝目覚めると巨大な虫になっていた男の物語だが、おそらくアルコールか薬物中毒による急性譫妄状態 ( dts, delirium tremens ) だったのだと思われる。振顫譫妄(しんせんせんもう)は耳に聞こえない周波数の共振振動によっても引き起こされるか? だってモーダル解析でも証明されているように音響は時には物質をも破壊するのだから、、、先端音楽に潜む魔力、Fカフカのメタモルフォーゼに重ねあわせブリコラージュ。ハッ、ハッ、ハ ( www )、しかし冗談は抜きにして、Emptyset以後のModal Analysisの作品などにみられるインダストリアルダブの振動は凄まじい。

2014 2.23 am1.45

*阿木譲 a perfect day
2月 22, 2014、4:41 pm
表示回数137,192

Panasonic + Ø (Mika Vainio)

Sähkö Recordings

SAHKO-021
フィンランドの南西部の町バルト海に面すトゥルク (Turku)にあるSähkö Recordingsは、1993年にTommi Grönlundによって設立された。このレーベルは ” フィンランドのエレクトリシティ ” 呼ばれているように主にエレクトロニック・ミニマリズムを特色としている。サブレーベルとしてPuu、Keys of Life、Jazzpuuなどがあり、 Ø (a.k.a. Mika Vainio)、Pan sonic、Jimi Tenor and Freestyle Man (a.k.a. Sasse Lindblad)などのアーティストの作品をリリースしている。このレーベルでのMika Vainio関係の作品は ” Ø ‎– Kvantti ” しか入手できなかったが、他のリリース・アーティストを調べているとオーストリア/ウィーンのCheap、ミュンヘンのDisko B、ウィーンのMainframeレーベルなどと共振しながら当時活動している ( 90年代中期の重要なエレクトロニック・ミュージックのこの周辺の作品と、その詳細はいずれ整理しなきゃならないと思っているし、機会があれば ) のも興味深い ( 上の写真はSähkö RecordingsでJimi Tenor以外でぼくが所有しているもの ) 。
Sähkö Recordings Oy
Tehtaankatu 27-29 D 74
00150 Helsinki
Finland
Fax: +358 9 628870
E-mail: tommi@sahkorecordings.com
http://www.sahkorecordings.com/
http://www.phinnweb.org/sahko/
http://www.discogs.com/label/985-Sähkö-Recordings

Ø – Atomit

forthelamented·: 2010/07/15

Ø ‎– Kvantti
Sähkö Recordings ‎– SÄHKÖ-002
Vinyl, 12″, EP, 45 RPM
Finland
Released: Mar 1993
A Kööpenhaminalainen Tulkinta
B1 Atomit
B2 Radium
Written and Produced by Mika Vainio
Sähkö Recordings 1993

1993年にフィンランドでミカ・ヴァイニオ ( Mika Vainio ) とイルポ・ヴァイサネン ( Ilpo Väisänen ) の2人によって結成されたパナソニック ( Pana Sonic, 1993 – 2010 ) は、1994年にメンバーとしてサミ・サロ ( Sami Salo ) を新たに加え活動していた ( 1996年に兵役のためサミ・サロが去り、2010年の解散までは2人で活動 / パナソニック ” 松下電器産業 ” からのクレームによりPan Sonicパンソニックに変名 ) 。音楽的ルーツをスロッビング・グリッスルやアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンなどのインダストリアル、ダブやレゲエと言われているが、いま聴き直せば、raster-notonでのグリッチの先取りといったほうが適切だろう。93年といえばクラブシーンはレイヴとデトロイトテクノへの熱も醒め、Warpでの「アーティフィシャル・インテリジェンス・シリーズ」が発売された頃で、ブラックドッグやオウテカの実験的エレクトロニカ、IDM、Rephlex Recordsでのエイフェックツインなどの、それこそコンテンポラリー・モダン・ミュージックが主流を占領しだしていた ( クラブミュージックといえば多くのひとがダンスミュージックに耳と目を取られ、現代音楽からIDM、アブストラクト、アンビエント、ノイズを横断する90年代のこうしたメインストリームを蔑ろにしてきたように思っている。単純にテクノとカテゴライズするのではなく新しい解釈としての「 contemporary Modern Music 」の文脈を1冊の本として編集したい欲求に駆られている。それほど90年代には素晴らしい実験的な作品が数多くリリースされていた ) 。パナソニックが1995年にBlast Firstからリリースした限定クリアーヴァイナル4枚組ボックス・アルバム ” Panasonic ‎– Vakio ” も、その流れを汲むミニマルとハードコアの融合する接触不良音楽 =テクノイズ、グリッチ、インダストリアルを展開している。Mika Vainioの音楽がクラブシーンで知れ渡るようになったのは、1997年にロンドンへ移り住んでからのことだろう。当時、北欧でのこうした作品はあまりニッポンに入って来ず、90年代のMika Vanio関係の作品でぼくが手にできたのは ” Panasonic ‎– Vakio ” と ” Ø ‎– Kvantti ” の2作品だけだった。

Pana Sonic-01
Pana Sonic-02Pana Sonic-03Pana Sonic-04Pana Sonic-05Pana Sonic-06
Panasonic ‎– Vakio
Blast First ‎– BFFP 118
4 × Vinyl, 10″, Album, 33 ⅓ RPM, Clear
Box Set, Limited Edition
UK
Released: 25 Sep 1995
A1 Alku
A2 Radiokemia
B1 Hetken
B2 Vaihe
C1 Urania
C2 Graf
D Hapatus
E1 Paine
E2 Tela
E3 Virhe
F1 Reso
F2 Vaihe (Fön)
G Kaasu
H1 CSG-Sonic
H2 Sahkötin
Music By [All Tracks By] – Ilpo Väisänen, Mika Vainio, Sami Salo
Engineer [Instrument Engineering] – Jari Lehtinen
Mastered By Nimbus
Design [Graphic] – A.Men Architects, Ilpo Väisänen, TG
All tracks recorded live using analog equipment.
BLAST FIRST 1995

PAN SONIC_VAKIO album(1995)_01 Alku
http://www.youtube.com/watch?v=b8Mpel2mdIw&list=PLnuNvjXOwAEVxsRu_FWZCi6PQY87YqhwK
*FUCKINGY·: 2011/05/13

Virhe (PAN SONIC- Vakio. 1995)

Panasonic – Urania
https://www.youtube.com/watch?v=QYiP0n-KwnQ
*forthelamented·: 2008/08/11
Mika Vainio / Ilpo Väisänen / Sami Salo

Panasonic: ‘Radiokemia’
https://www.youtube.com/watch?v=XZBzc_Ejsw8
*eyesaw77·: 2010/03/12
Track: ‘Radiokemia’ by Panasonic, from the 1st LP ‘Vakio’ 1995.
Visuals: Cut-up news reports of the Poll Tax Riot in Trafalgar Square.

http://www.phinnweb.org/panasonic/
ttp://www.phinnweb.org/panasonic/discography/

http://www.phinnweb.org/sahko/

http://www.phinnweb.org/panasonic/history.html

************

Ø (Mika Vainio) – Syvyydessa Kimallus

*TheMacadali·: 2014/01/19
Ø (Mika Vainio) – Syvyydessa Kimallus
Buy and support
http://hardwax.com/00028/o/konstellaa…
http://boomkat.com/cds/809343–mika-v…
All rights reserved for the producers of these tracks. All the tunes that I upload are for promotional use only. Please contact me if you don’t want your tracks on display.

フィールドレコーディングによってではない人工的に作られる疑似環境音楽のサウンドとサイレンスの境界を特に意識し、微妙な構成の機敏および思慮深さを備えたフィンランド語で星座を意味するアルバム ” Ø ‎– Konstellaatio ” は、音楽における静けさがクエルード ( quaalude / 鎮静催眠薬 ) としての機能を持つことを証明する。それだけではなくSynthによる静寂のなかの底流にある悪寒の感覚が、ただ繊細で美しいだけのサウンドスケープではなく、同時代意識としての、インダストリアルやグリッチの持つ凶暴性も微かに聴こえてくる。 Joachim NordwallとStephen O’Malleyとの共作?。「 脅威を与えるサブウーハーはあなたの胸を打ちます、物理的な存在として優しく明示する音、天のエレクトロニクスのまわりで曲がること、それは死ぬように、実際に悲しい感情を抱く、星。・・・ 私が惑星、次の粒子および亜原子の像を視覚化する1つの瞬間、・・・小宇宙/大宇宙の出来事 ( Ant / Norman Records on Thu 30 Jan, 2014 ) 」*注意 こうした音楽を部屋のオーディオ・システムで聴く場合でも最大限音量をあげて音の空間を意識して聴くこと。

Mika Vainio-01
Mika Vainio-02Mika Vainio-03Mika Vainio-04Mika Vainio-05Mika Vainio-06Mika Vainio-07Mika Vainio-08

Ø ‎– Konstellaatio
Sähkö Recordings ‎– SÄHKÖ-28
2 × Vinyl, LP, Album
Finland
Released: Jan 2014
A1 Otava
A2 Syvyydessä Kimallus
B1 Kesäyön Haltijat
B2 Neutronin
C1 Elämän Puu
C2 Talvipäivä, Vanha Motelli
D1 Metsän Sydän
D2 Syväwritten and produced by Mika Vainio in Berlin 2001-2013nteessä Pukinjalkaisen
D3 Takaisin
written and produced by Mika Vainio in Berlin 2006-2013
digital mastering by Denis Blackham
vinyl mastering by Rashad Becker
sleeve by Mika Vainio and Tommi Grönlund
photo by Kalle Vainio
Talvipäivä, vanha motelli is for Harold Budd.
Copyright (c) – Sähkö Recordings
Sähkö Recordings 2014

Ø (Mika Vainio) – Stratostaatti

*dolfijnmetans·: 2013/03/14
From ‘Olento’ (2013) (Reissue)
Purchase at http://boomkat.com/cds/17688–mika-va…
All tracks written and produced by Mika Vainio
Recorded during the summer 1995
Released in September 1996
Reissue March 2013
Mika’s amazing treasure box of rare Sahko music unleashes another amazing slab of cracked nordic bass explosions and abstract melodicism, this dating from 1995. Summertime writing for Helsinki residents probably means they get an extra half hour of daylight a day which might explain the slghtly warmer glow emitting from the tracks on ‘Olento’. Wrapped in a unique debossed card sleeve, inside you’ll find the cd inside another card holder (in cool shades of green). Enough designer lifestyle, the music will give your bass cones as much abuse as ‘Metri’ but where that album locked you in your fridge and left your there ‘Olento’ subtely increases the variance on tempo as the micro tech bump tracks swing more, the downtempo tracks make you feel hazed up and flowery and the ambience injects a certain Eno warmth. An amazing re-issue to file next to ‘Metri’ and ‘Kantamoinen’ (early best of 2005 methinks). Mika’s 2005 glow will intensify even more this summer when Pan.Sonic’s long muted collab with Suicide’s Alan Vega drops on Mego, stand well back these fireworks can sting! Essential.

Ø – Otava
https://www.youtube.com/watch?v=Ej9JMOB6VYs
viktor palmer·: 2013/12/10
From the upcoming ‘Konstellaatio’ LP on Sahko.
http://www.discogs.com/%C3%98-Konstel…
I do not own any rights to this music. If you like it, buy it in the near future on Hardwax.com.

2014 2.14 am4.15

*阿木譲 a perfect day
表示回数 133,499