アーカイブ

月別アーカイブ: 7月 2015

「repetition」soundcloud ●bricolage AGI yuzuru

0g[zero-gauge] AGi Yuzuru
2015.7.5(sun) @ environment 0g [repetition(concrète drone)]bricolage: AGI Yuzuru ( 阿木譲 )

Repetition2bExhibition「 2010′ best album 100」
7 teu-10 fri 2015 pm18.00-pm23.00 500yen inc one drink
curator:AGI Yuzuru
@ environment 0g zero-gauge
+
[ Repetitiont ] 3 fri, 5 sun – 6 mon JUly 2015 pm19.00-pm21.00
2000yen (inc one drink CDR)
3days ticket 4500yen(inc 3drink+3CDR)
3 fri – Post industrial
5 sun – Concrete Drone
6 mon – Contemporary Modern music
bricolage AGI Yuzuru
Sound Installation:Agi Yuzuru
@ environment 0g zero-gauge
0g[zero-gauge] AGi Yuzuru
2015.7.5(sun) @ environment 0g [repetition(concrète drone)]bricolage: AGI Yuzuru ( 阿木譲 )

広告

Shackleton / Demdike Stare ‎– Archive Series: #1

7/25、大阪は天神祭の本宮の宵の陸渡御、船渡御の時代絵巻さながらに揺れている。堀江で生まれ育ったぼくは、子供の頃から、なぜか天神祭に親しみをおぼえたことはなかった。そこには夏祭りにある独特の、一抹の寂しさのような、風情というものが感じられないからだろう。 ( それなら夕陽ケ丘に住んでいた頃の、愛染さんの境内に繰り広げられる懐かしい夜店の前で、綿菓子を頬張っていた20歳も年下の、かわいかったきみの浴衣姿の思い出に浸っている方が、、、、) こんな夜は冷えた水瓜でもまるかじりして、Shackletonが”Skull Disco”から05年にダブ・プレートで発表していた幻の初期作品でも聴いて静かに過ごすのがいいだろう。Demdike Stareによるミックス・テープをカップリングした真夏の夜の夢、、、ほんとのこと言うとシルクスクリーン・プリントのトートバックが欲しくて買ったのかもしれないが、、、

IMG_3129

Shackleton / Demdike Stare ‎– Archive Series: #1
DDS ‎– DDS-012
Vinyl, 12″, 45 RPM, Single Sided
Cassette, Mixed
UK
Released: May 2015
Electronic
Dubstep
A1 –Shackleton Untitled
Cassette
A –Demdike Stare Untitled
B –Demdike Stare Untitled
Distributed By Boomkat
Manufactured By Boomkat
Official release of a ten year old dubplate. Sold with a DJ mix by Demdike Stare and tote bag. No credits or durations on release.
DDS 2015


Demdike Stare – Archive Series #1, Side-B
Betadine 7OTA
Shackleton / Demdike Stare ‎– Archive Series: #1
DDS ‎– DDS-012
Yusef Lateef の「Symphonic Blues Suite – Fourth Movement: Passacaglia」 (iTunes)

ロンドンとマンチェスターとブリストルの間の薄汚いdancehallとテクノ間のダブステップの追想、付随テープは特別なDemdikeの世界であり1時間弱の旅行、エコー美学。

brutalism – contemporary modernmusic

brutalism-CMMb

1950年代から1970年代中期に流行したアーキテクチャのムーブメント” Brutalist architecture ” は、ル・コルビュジエにより用いられた「生のコンクリート」、「新しい獣性」を意味し、建物の主要な機能と大気の表現、人々の流れをグラフィックで表現し強調されている。2010年代ポストグリッチ以後のエクスペリメンタルなcontemporary modernmusicの同時代意識、アトモスフィアには、brutalismの精神が流れていて、アーティストの多くがタイポグラファー、アーキテクトとしての空間/構造を持つサウンドを構築しているといっていいだろう。2015年までの先端音楽の過剰な情報を ” repetition ” で編集/総括してみて、初めて僕自身に必要な音楽を再発見することができたというわけである。この5年間、毎月試行錯誤しながら展開してきたブリコラージュの、迷うことのない新たな始まりである、、、

DesignTimeline Project – LE CORBUSIER
from hyemi

The Brutalist Noise Ensemble
from mHz
streamingmuseum.org/mh-zareei/
m-h-z.net
ブルータリズムに触発された典型的なMoのH. Zareeiのメカトロニクスサウンドインスタレーションは、メカトロニクス技術やループ、パルス、およびメトリックリズムノイズで構成され、それを通して厳格なプラットフォームを形成する堅固なグリッドベースパターン上での雑音を制御するために使用されるマイクロコントローラのプログラミングを組み合わせた装置によって達成される。 Brutalistの建物のように、彼のBrutalist美学から生まれたインスタレーションは蛍光灯の同期バーストで強調表示され、完全に質素に、幾何学的構造、繰り返しモジュール内のそのコンポーネントの重要性と身体の存在を公開する。