アーカイブ

月別アーカイブ: 12月 2013

■ FRUE feat. Svreca, Pedro Maia and AGI Yuzuru 2014 1.24 fri 東京現代美術館 Content
■ アイデア No.363(2014年2月10日発売) 発行:誠文堂新光社 「阿木讓の編集とデザイン」

Frue-01
Frue-02
FRUE
feat. Svreca, Pedro Maia and AGI Yuzuru

2014 1.24 fri
東京現代美術館 Content
open,start 17.45
DJs
Svreca ( semantica spain )
阿木 譲
Ametsub
Chris SSG
Visual
Peddro Maia ( portugal )
sound supports
田口造形音響

tickets
with flyer 3000yen ADV. 3000yen door 3500yen
東京都現代美術館 Content
東京都江東区三好4-1-1 東京現代美術館B1F
03 3820 2250

慶長遣欧使節団派遣400周年を記念し、2013年および2014年には「日本スペイン交流400周年事業」として様々な催しが行われています。その一環というわけではありませんが、今回スペインからSverecaというテクノDJ、ポルトガルからPedro Maiaという前衛映像作家を招聘し、常に未来を予見すると形容される「先端音楽」をテーマに掲げます。
日本からは、中村とうよう、渋谷陽一と並んでロック界の三大論客と呼ばれた阿木譲によるブリコラージュ、山口情報芸術センターの開館10周年で坂本龍一との共演も話題を呼び、大自然を描くような強烈なサウンドスケープで世界中のファンを魅了するAmetsub ( DJ ) 、そしてパワフルな音楽を世界へ発信しつづけるプロフェッサーChris SSGが迎えます。寒さ厳しくもっとも冷え込むころ、春のかすかな兆しを感じてください。

FRUE
http://frue.jp/?p=308

++++++

アイデアー01

アイデア No.363(2014年2月10日発売)
発行:誠文堂新光社
■「阿木讓の編集とデザイン」……24ページ
ネオフィリア的な志向とスリックな編集/デザイン術のなかで巧みに時代の潮流を捉え、大きな影響を発揮し続けてきた阿木讓。
阿木が日本の音楽史に残してきたものを検証するためには、評論のみならず印刷物、イベント企画、空間設計にいたるまで、全メディア的な射程から検討されるべきだ。
本記事ではビジュアル面、出版物周辺から見た阿木譲の軌跡を探る。
○全体構成
1)阿木×秋山対談 増補採録
2)図版+解説 (阿木さんの各仕事へのコメント付)
○掲載希望図版[定期刊行物]ロック・マガジン(第1~7期 69冊 fashion 3冊 EGO 9冊 復刊ロック・マガジン 2冊 infra 8冊 BIT 2冊
[単行本]rock-end イコノスタシス E

**
2013 12.30 am4.30
阿木譲 a perfect day – you’re going to reap just what you sow – 111,962 表示回数

0g(zero-gauge)001
11-IMG_3698-re13-IMG_3723-re14-IMG_3710-re15-IMG_3713-re16-IMG_3714-re17-IMG_3728-re18-IMG_3718-re

0g(zero-gauge)001

Texts by Yuzuru Agi
https://agiyuzuru.wordpress.com/

Design by Shin Akiyama + Naoki Ise +
Wataru Kobara + Takashi Honda

Printed and bound by chiku chiku laboratory

Published by Edition Nord
0g 001 / edition of 250
©2013 Yuzuru Agi
All rights reserved.
Printed and bound in Japan

Edition Nord
572-1 Hitomurao, Minamiuonuma-shi
Niigata-ken, 949-7316 Japan
Tel/fax: +81-(0)25-788-0596
E-mail: info@editionnord.com
http://www.editionnord.com

2013 12.24 Christmas Eve am4.31
107,894 表示回数 ( 12. 24 / 2013 3:44 am )