brutalism – contemporary modernmusic

brutalism – contemporary modernmusic

brutalism-CMMb

1950年代から1970年代中期に流行したアーキテクチャのムーブメント” Brutalist architecture ” は、ル・コルビュジエにより用いられた「生のコンクリート」、「新しい獣性」を意味し、建物の主要な機能と大気の表現、人々の流れをグラフィックで表現し強調されている。2010年代ポストグリッチ以後のエクスペリメンタルなcontemporary modernmusicの同時代意識、アトモスフィアには、brutalismの精神が流れていて、アーティストの多くがタイポグラファー、アーキテクトとしての空間/構造を持つサウンドを構築しているといっていいだろう。2015年までの先端音楽の過剰な情報を ” repetition ” で編集/総括してみて、初めて僕自身に必要な音楽を再発見することができたというわけである。この5年間、毎月試行錯誤しながら展開してきたブリコラージュの、迷うことのない新たな始まりである、、、

DesignTimeline Project – LE CORBUSIER
from hyemi

The Brutalist Noise Ensemble
from mHz
streamingmuseum.org/mh-zareei/
m-h-z.net
ブルータリズムに触発された典型的なMoのH. Zareeiのメカトロニクスサウンドインスタレーションは、メカトロニクス技術やループ、パルス、およびメトリックリズムノイズで構成され、それを通して厳格なプラットフォームを形成する堅固なグリッドベースパターン上での雑音を制御するために使用されるマイクロコントローラのプログラミングを組み合わせた装置によって達成される。 Brutalistの建物のように、彼のBrutalist美学から生まれたインスタレーションは蛍光灯の同期バーストで強調表示され、完全に質素に、幾何学的構造、繰り返しモジュール内のそのコンポーネントの重要性と身体の存在を公開する。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。