Half High “Rubble Indent”

Half High “Rubble Indent”


ハーフ・ハイはルーシー・ペラン ( Lucy Phelan ) とマシュー・P・ホプキンス ( Matthew Hopkins ) のプロジェクトで、2人ともヴィジュアル・アーティストであり、またシドニー系のグループで活動し特にバンド「Naked On the Vague」の創設メンバーとして知られている。 ハーフ・ハイは、瞑想的なシンセ・ライン、さまざまなエレクトロニクス、およびアトモスフェリック・テープ操作を通して傷ついたインダストリアルな雰囲気を作り出す。収録されている3つのトラックは、過度に処理されたギターの導入とエレクトロニクスへのより侵食されたアプローチがみられる。
オーストラリアやカナダのアーティストの作品はできるだけ避けて購入しないのだが、音楽もさることながら自主出版されたダクトテープを使ったハンドメイド・パッケージ、コラージュ・アートワークが新鮮で美しく購買欲をそそられた。
https://halfhigh.bandcamp.com/album/rubble-indent
https://soundcloud.com/halfhigh/reposts

Rubble Indent
Half High
Released February 23, 2017
Limited edition Rubble Indent CDR + collage
CD
package image package image package image package image
Limited run of 40 CDR’s, which come with an A4 fold out hand made collage by Hopkins.
1. Glorious Glug 08:24
2. Ground Grey 10:24
3. Send Caresses 10:15
NO LABEL 2017

Half High
Sydney, Australia
Half High is the project of Sydney based artists Lucy Phelan and Matthew P. Hopkins. Half High
create a slightly damaged form of ambience through meditative synth lines, various electronics, and
atmospheric tape manipulation. Half High map a sonic terrain that is in parts alien and industrial,
and in certain locations, tranquil and mesmerising.

After two recent releases ‘Deserted Squares Under The Rain’ (Chemical Imbalance, 2017) and ‘Folds’ (self released, 2016), which saw the duo inhabiting spaces swaddled in synthesizer warmth and scattered tape remains, Half High return, and make a harsh left turn, with ‘Rubble Indent’. The 3 tracks presented here follow a more hoarse kind of creeping than previous outings, with the introduction of heavily processed guitar and a more eroded approach to the electronics taking the pair’s usual synthesizer/tape combo deeper into the gravel.

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。