Marcel Duchamp ‎– The Entire Musical Work Of Marcel Duchamp

Marcel Duchamp ‎– The Entire Musical Work Of Marcel Duchamp


Marcel Duchamp – La Marièe mise à nu par ses cèlibataires même. Erratum musical
pelodelperro
2014/02/14
La Marièe mise à nu par ses cèlibataires même. Erratum musical (1914)

https://www.youtube.com/watch?v=TYGUERvcjZQ
Musical Sculpture – Marcel Duchamp
La Anticabeza Aa
2011/08/01
Musical work of Marcel Duchamp

la Mariee-mis a nu par ( musical sculpture )
Marcel Duchampによるアート、伝説的な大型ガラスの彫刻につながった多くのノートやプロジェクトのなかの2つの部分の原稿からの構成され、その一部は機械的な楽器のための未完成の作品であるピアノ、機械、新しい楽器で、スコアは数字で書かれていて簡単に書き換えることができる。他の部分には接続されたオープントップ車または小型ワゴン、番号付きのボール( ノート )などからなる構成装置の説明が含まれている。これらの音符や楽器は、いくつかの演奏家( Pete KotikとS.E.M. Ensemble、パーカッショニストDonald Knaackとソロ作品など )によって様々な方法で実現するために使用されている。 「彫刻ミュージカル( Musical Sculpture )」は、「音符を伴わない音楽」、「指示譜」、「言葉表記」などの多くの名前で後に知られるようになったもので、兆候( 詩的、正確、示唆的 )を使用しサウンド作成につながる何種類かのパフォーマンスを作成する。 Duchampのこの作品は、1960年代にはFluxus、ONCE Group、メアリー・アシュリー、La Monte Young、Ray Johnson(「メールアート」の創作者 )など多くのアーティストが演奏していた。マルセル・デュシャンは、20世紀の芸術史において最も重要なアーティストのひとりとして知られているが、その小さな作品は彼のヴィジュアルアートと同じくらい革命的な作曲家でもあった。ジョン・ケージがこれらと類似した作品を発表する前に、1913年にすでにデュシャンはこの劇的な実験的な構成でチャンス・オペレーションと非音楽的サウンドを使用していた。 ” Erratum Musical “と ” Bride Brie by Burl “における1976年のアンサンブル、フルート、セレステ、トロンボーン、グロッケンピールのこれらの解釈は、ケージ、クリスチャン・ウォルフ、モートン・フェルドマンの20世紀後半の構成と類似した柔らかなスローモーションの研究でもあった・・・
1976年5月7日に録音されB2は、スタインウェイのピアノでニューヨークのバッファローで録音されたピアノのためのトラックである。このレコードは1976年にMulthipla Recordsが元々リリースしたMarcel Duchampの全曲を再現したもの。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マルセル・デュシャン

https://www.google.co.jp/search?q=Marcel+Duchamp+%E2%80%8E%E2%80%93+Corolles+(+M.Duchamp+cover)+1920&sa=X&biw=1260&bih=924&tbm=isch&imgil=4QPbG5VCxwRpXM%253A%253BCJPfxyiqQe6_EM%253Bhttps%25253A%25252F%25252Fwww.pinterest.com%25252Fpin%25252F110478997079574280%25252F&source=iu&pf=m&fir=4QPbG5VCxwRpXM%253A%252CCJPfxyiqQe6_EM%252C_&usg=__wc6xetMmw7w_xuwfCcNWL4Xdqdg%3D&ved=0ahUKEwje_aOvoIXSAhWEvLwKHT7BAsoQyjcILg&ei=0IydWN7VIIT58gW-govQDA#tbm=isch&q=Marcel+Duchamp+%E2%80%8E

Marcel Duchamp ‎– Corolles ( M.Duchamp cover) 1920
https://www.google.co.jp/search?q=Marcel+Duchamp+%E2%80%8E%E2%80%93+Corolles+(+M.Duchamp+cover)+1920&sa=X&biw=1260&bih=924&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ved=0ahUKEwje_aOvoIXSAhWEvLwKHT7BAsoQsAQIHg

Song Cycle Records
The Entire Musical Work of Marcel Duchamp

https://boomkat.com/products/the-entire-works-of-marcel-duchamp

marcel-duchamp01
marcel-duchamp02marcel-duchamp03marcel-duchamp04marcel-duchamp05marcel-duchamp06
Marcel Duchamp ‎– The Entire Musical Work Of Marcel Duchamp
Song Cycle Records ‎– CY989
Vinyl, LP, Limited Edition, Repress
UK
02 Feb 2017
Electronic, Classical
Contemporary
A La Mariée Mise à Nu Par Ses Célibataires, Même. Erratum Musical
Alto Flute, Producer – Petr Kotik
Celesta – William Lyon Lee
Glockenspiel – John Bondler
Trombone – James Kasprowicz
25:30
B1 Voices: Erratum Musical
Voice – John Bondler, Petr Kotik, William Lyon Lee
4:35
B2 La Mariée Mise à Nu Par Ses Célibataires, Même. Erratum Musical 12:15
B3 Musical Sculpture
Performer – S.E.M. Ensemble
4:46
Recorded on May 7th 1976, Rogson Studios, Milan
Sound engineer: Paolo Bocchi
Music adviser : Walter Marchett
Photographs : Roberto Masotti and Giorgio Colombo
Graphics : Maurizio Turchet
Liner Notes – Petr Kotik
The Entire Musical Work of Marcel Duchamp realized by Petr Kotik and S.E.M Ensemble. Work planned and composed in 1913, based on chance operation. Recorded 7 May, 1976. B2 is a track for player piano, recorded in Buffalo, New York on a Steinway player piano. Repress on 180g vinyl in an edition of 500 copies
SONG CYCLE RECORDS 2017

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。