Chelsea Hotel 1970 – Patti Smith

Chelsea Hotel 1970 – Patti Smith

「 Vintage Footage Shows a Young, Unknown Patti Smith & Robert Mapplethorpe Living at the Famed Chelsea Hotel (1970) 」
Dan Colmanによる ” OPEN CULTURE ” というWebには「 Vintage Footage Shows a Young, Unknown Patti Smith & Robert Mapplethorpe Living at the Famed Chelsea Hotel (1970) 」 と題された1970年代ニューヨークのチェルシー・ホテルに住んでいたパティ・スミスとロバート・メイプルソープのドキュメンタリー・フィルムが掲載されていた。ニューヨーク・パンク・ムーヴメントの火がつき始めた70年代後半に” rock magazine ” の取材でニューヨークを訪れた際に、話のネタついでにチェルシー・ホテルに泊まろうとしたことがある。しかし案内された部屋の床の絨毯に染み付いた血だまりを見て、あまりにも気持ち悪くなったので断念したという苦い思い出がある ( あの血だまりはきっと1978年10月13日のチェルシーホテルのバスルームでシド自身が刺殺したと言われている恋人のナンシー・スパンゲンの血ではなかったのか ) 。” Chelsea Hotel 1970 ” というその15分のフィルムには、チェルシーに住んでいるアーティストの生活を通した1970年代の始まりが描かれていて、ぼくには映像の背後にVelvet Underground’s Nicoの歌う “ Chelsea Girls ” が微かなBGMとして流れている。チェルシー・ホテルは最初、1884年の間それがアパートとして開き1970年代で持ち主を変えた後に、ホテル・ビジネスとして作家、アーティスト、映画製作者、ミュージシャンの間のひとつのアイコンになった。若くセクシーな女としてのパティ・スミスがこの映像には記録されていて、回想録としても貴重な資料だ。当時のことをスミスは「チェルシーは、100の部屋を持つトワイライト・ゾーンのドールハウスに似てそれぞれの小さい宇宙だった」 「 誰も、多くのお金を持つためではなく、成功でさえ贅沢な怠け者のように生きるために 」と話していた。


Chelsea Hotel 1970
Arnold Dietsche
2014/01/26
Albert Scopin drehte diesen Film 1970 im Chelsea Hotel New York und portraitiert darin Bewohner des Hotels, u.a. die jungen und noch völlig unbekannten Künstler Patti Smith und Robert Mapplethorpe

IMG_0657
1978年の” rock magazine ” の表紙に使用したパティ・スミス
合田佐和子さんのペンシル原画

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。