2016年07月16日(土) 「ATONAL 5」

2016年07月16日(土)「 ATONAL 5 」
18:00-22:00
@ environment 0g  ( zero-gauge )
2000yen ( inc 1drink+CDR )
bricolage:
AGI Yuzuru ( 阿木 譲 )

IMG_0551b
IMG_0552b
Le cable de feu “Firewire”
IMG_0553b
V.A “Ecstatic & Wingless: Bird-Imitation on Four Continents, ca. 1910-44”
Ecstatic & Wingless: Bird-Imitation on Four Continents, ca. 1910-40
“War or no war, bird life is going on and even the armed powers of the three dictators cannot prevent it. I would like to advise everybody in a position to do so, to relax his nerves, in listening to the songs, now so beautiful, of the birds. If one watches carefully, one can be sure of surprises.”
Ludwig Koch, May 13, 1940 London Times

Atonal- JUly調性音楽やリズムを主体とした旋法性による音楽に飽きてから久しい。クラブミュージック、それもグリッチ以降のノイズ系音楽は強弱、アタック、音色などが主体となるトータル・セリエリズムとも言える。テクノロジーの発展によって人間が聴くことのできる情報処理能力も変容し、我々には聴こえなかった不可聴域の周波数の振動=音も聴こえる時代になったように思える。ノイズという調性のないatonalは、音楽の聴き方すらも変えてしまったし、その未来は明るい ( 今頃Aphex Twin – Cheetahでもあるまい・・・ ) 。ベルギーのCanary Records/Tanuki Recordsからリリースされた ” Wingless: Bird-Imitation on Four Continents, ca. 1910-44 ” の、ひとが鳥の鳴き声を真似たカセット・テープを聴きながら目覚め、ペルシャン・ブルーの神秘的なプラスティック・ボトルの、スペインのナチュラル・ミネラル・ウォーター “ソラン・デ・カブラス Solan De Cabras ” を飲み、フィールド・レコーディングに思いを馳せる・・・知らないうちにカセットの作品もかなりの数蒐集したようだし、7/16のAtonal5では、久しぶりにカセット・テープ・レコーダーも使ってブリコラージュしてみよう・・・勿論発売されたばかりKetev ‎– I Know No Weekendなどのヴァイナルも・・・ちなみにKetev ‎– I Know No Weekendでのエレクトロ・アコースティック・スケープは、反復性のトランスミッションのように、変速し駆動するリズムがエッジの大きなメカニズムを感じさせる。絶え間なく砕く黒ずんだインダストリアルの広大なスペースとエントロピーの高調波 ( 倍音 )。


KETEV | I Know No Weekend [Portal Editions 2016]
0AntN
2015/07/11
The flawed wonders that Yair Elazar Glotman puts forth on his latest opus I know no weekend are the coldest dreams you would ever wish to immerse yourself in. They recall echoes of echoes, forced into slowly struggling shapes; ghosts of memories, whispers of life from another dimension. Shamanic-repetitive beats shift slowly beneath echoing bells and fragments of past transmissions. Overwhelmingly, one is taken into upon a winding mental path, with no clear resolution in sight, although the journey is ever-evolving and new.
The listener perceives a great mechanism at the edges of this mass of sound, a machinery of blackened iron that grinds ceaselessly, opening vast spaces to the ear. Howling winds caress the nerves like ground glass, opening up the long limits of the Void. These are the siining harmonics of entropy
A lover’s memory. Centuries of thought dissolved into unusual dimensions, creating a new language woven from the fragment of a mad entity. Amorphous at first, it evolves to become as piercing as glass. caught in a patiently eternal and animal gaze, all that is left to do is surrender to the vacuum of this cosmos.
Edition of 300 12″ in inside out matte sleeve w/ 2 sided screen print + digital DL.
https://portals-editions.bandcamp.com…

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。