Kevin Drumm ‎– The Back Room

Kevin Drumm ‎– The Back Room

こうしたエレクトロアコースティック・ノイズ・シーンが、最近になって海外アーティストの来日ツアーなどが頻繁に行われていて表層的にはなんだかクラブシーンの中枢を占めているかのように錯覚しているひとが多いが大きな誤解だ。イヴェント・オーガナイザーがなにもこの辺の音楽を分かっていないのかも・・・ね・・単にパーティを楽しんでいるパーティ・ピープルとレコード・リスナーとのギャップは大きくなるばかり。さてKevin Drummはシカゴ・ベースのエクスペリメンタル・アーティストのひとりで、この ” The Back Romm ” は以前にホスピタル・プロダクションズから100コピーCDRでセルフリリースされた作品のヴィニールによる再発行である。5曲の激しい断片から成る長い混合物で組み立てられたアナログ電子ノイズのその残忍な美が聴こえてくる。Kevin DrummはMats GustafssonやJim O’Rourke、Ken Vandermarkなどの即興詩人とコラボレートしているが、彼の存在が気になりだしたのは2002年にAmerican Tapes からリリースした” I Drink Your Skin ” ( この作品は2013年にHanson recordsからCDで再リリースされている) でAaron Dillowayと関わったり、2012年にPANからMika Vainio / Kevin Drumm / Axel Dörner / Lucio Capeceっとのコラボレートアルバム” Venexia ” がリリースされだしてからだ。Kevin Drumm のギターは、楽器の音をゆがめるための磁石、バインダークリップ、チェーン、バイオリン弓、足の爪切りなどのオブジェクトによってナイフで切り刻むかのようなフル・ゲージ・ノイズを放出し、フィードバックする鳴り響くストリングと叫ぶノイズテクスチャーによる緊張感のある高周波スコールが降り注ぐ・・・

RECREATIONALPANICK
http://recreationalpanick.blogspot.jp
Bandcamp
https://kevindrumm.bandcamp.com


Kevin Drumm – Back Room A
charlesfosterkane
2013/02/27
‘The Back Room’

https://www.youtube.com/watch?v=t6D0YDkavEc
Kevin Drumm – Back Room E
charlesfosterkane

スキャン 7スキャン 8スキャン 9スキャン 10
Kevin Drumm ‎– The Back Room
Monotype Records ‎– monoLP 021
Vinyl, LP, Limited Edition, Reissue
Poland
25 Feb 2016
Electronic
Abstract, Noise, Experimental
A1 The Back Room A 1:21
A2 The Back Room B 1:08
A3 The Back Room C 1:08
A4 The Back Room E 10:59
B The Back Room D 13:59
Music – Kevin Drumm
Cover drawing – Brent Gutzeit
Layout – Tomek Mirt
Edition limited to 500 copies.
MONOTYPE RECORDS 2016

MonotypeRec
Kevin Drumm – The Back Room D (excerpt)

⚫︎Kevin Drumm
Avant-garde tabletop guitarist Kevin Drumm was born and raised in 1970 in South Holland, IL, playing in a handful of rock bands before relocating to Chicago in 1991 to work at the city’s Board of Trade. He soon began his experiments with prepared guitar, applying objects including magnets, binder clips, chains, a violin bow and even toenail clippers to distort the instrument’s sound; in time Drumm befriended a number of members of Chicago’s growing improv community, including Jim O’Rourke (with whom he served in Brise-Glace, additionally contributing to Gastr del Sol’s Upgrade and Afterlife album and Ken Vandermark. In late 1997 Drumm made his solo debut with a self-titled (Perdition Plastics) and has released superb duo records with Taku Sugimoto (Sonoris), Axel Dörner, Martin Tètreault (both Erstwhile) and Ralf Wehowsky (Selektion).
His chameleon-like presence has been documented on a number of projects, each revealing new facets of his wide-ranging and unique talents on both guitar and electronics. Drumm seamlessly melds the worlds of acoustic and electronic sound, occasionally teetering on the edge of silence, yet always remaining impeccably musical.
Kevin Drumm has recorded and performed with Phill Niblock, Tony Conrad, Jim O’Rourke, MIMEO, Mats Gustafsson, John Butcher, Thomas Ankersmit, Taku Sugimoto and many others.

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。