SØS Gunver Ryberg ‎– AFTRYK

SØS Gunver Ryberg ‎– AFTRYK


SØS Gunver Ryberg LIVE at Berlin ATONAL 2014
Booking_SØS Gunver Ryberg
2015/01/14
Keira Sinclair | Surefire Agency
keira@surefireagency.com
surefireagency.com/
soesgunverryberg.blogspot.dk/
Filmed by genericartensemble

avatars-000100206008-olmhld-t500x500同時代を生きる現代的な感覚や、2017年に向かおうとしているこの時代感覚や流行を取り入れない音楽なんて糞みたいなものだ。コンテンポラリーな ( 同時代な )マルチチャネルパフォーマー、 サウンド・アーティストSOS Gunver RybergのEP『AFTRYK』は、生音は統合され、処理されたフィールド・レコーディングは交響曲のフォームにより構築されユニークで未知のテクスチャーと音色とリズムの融合とが、新たな音楽世界に侵入していることを予感させる。電子音楽およびサウンドのアート、新しいスタイル、、、その音楽的体験によってアップデートし続けることはきみの古い概念に意識変容のショックを与えるのだ、、。AFTRYKの処理されたフィールド・レコーディングは、2009年に彼女が旅行したスバールバル(北極海の群島 )の中に端を発する。採炭の活動のもとで崩壊する山の音を記録していた時に、SOS Gunver RybergはトンネルのシーリングのPantodont ( 6000万の高齢の哺乳動物 )のフットプリントに触れた。レコードに挿入されたポストカードに書かれた ” inside the artctic mountain… ( 極北の寒い山の中で… ) というメッセージ、、、SAMUEL KERRIDGEが主宰するレーベルCONTORTからリリースされたSØS GUNVER RYBERGの ” AFTRYK ” には、女性ならではのダイナミックなキックするインダストリアルのカオスと、バンキングノイズ力学に巻きつけられたフィールド・レコーディングの美しい織物が縫い合わされている。MICACHUやMachine Womanなど、これからの先端音楽や時代はウーマン・パワーのイニシアチブと影響力によって開かれていくのだろう。なににつけ、これからは女性の時代だ。

SOS Gunver Ryberg-01
SØS Gunver Ryberg ‎– AFTRYK
Contort ‎– CNTRT006
Vinyl, 12″, EP, 180g
Germany
29 Jan 2016
Electronic
Techno, Experimental
A1 Skolezit
A2 Pantodont (Touching Thulitheripus Svalbardii)
B1 1170 Siva (Bare Bones)
B2 1170 Siva
Written, Produced – SØS Gunver Ryberg
Mastered – Matt Colton
Mastered At Alchemy Mastering
Artwork – Anthony Gerace
Copyright (c) – Contort
Manufactured – Optimal Media GmbH
Distributed – Boomkat
Includes postcard insert
CONTORT 2016

Crack Magazine
SØS Gunver Ryberg – ‘AFTRYK’

SØS Gunver Ryberg (Denmark) @ Electro-Mechanica, St Petersburg, Russia, 2015.11.21
Souvlaki93
2015/11/23
https://www.youtube.com/watch?v=_m82_-YSRcY&ebc=ANyPxKoIXe0JeUHNOqbfUDxLJbLAECVt3nfdNsRrLLukDAZIWPPHMQgtdGS-UqVvbt5Sw_R5o2tLc_NCLP13qEYbrhGLmtxArw

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。