Mika Vainio – MANNERLAATTA

Mika Vainio scores Mika Taanila film Tectonic Plate

http://testifilmi.fi/site/
https://www.facebook.com/testifilmi

TECTONIC_PLATE_5_passengers映画の広大な可能性を追求するフィルムアートを中心に行っているヘルシンキベースの製作会社Elokuvayhtio Testifilmi Oyは、 ” Abendland (Hours, Years, Aeons /2015 ” に続き ” Mannerlaatta ( english title: Tectonic Plate ) ” を制作、東京への旅行から戻った後に、無名の主人公の、ホテルに、ヘルシンキ空港の近くに不可解に突き刺される飛行、セキュリティ・チェック、およびタイムゾーンの恐怖についてのフィルム。それはカメラなしで完全に作られた74分lettristフィルムで、テクトニック・プレートとして翻訳し、Mannerlaattaはベルリン映画祭フォーラム拡大で2月15日に初演された。フィルムは、また、ヘルシンキのshowings、 およびタンペレビエンナーレのKiasma現代美術館でもスクリーニングされる。
音楽はフィンランドのレーベル、Sähköを共同で立ち上げ2011年Pan Sonicとしての活動を終え、現在はソロで活動しているミカ・ヴァニオがフィルムのイメージに伴うように、約50分の音楽を担当している。グリッチ以後のテクノの先端テクノイズ・テロリストともいえる痙攣性のノイズ・エレクトロニック。

2016 | 74 min | B/W | DCP | 1:1,85
66_IFB_Forum_expanded_bw
Director: Mika Taanila
Text: Harry Salmenniemi
English translation: Lola Rogers
Music: Mika Vainio
Graphic design: Markus Pyörälä
Sound design: Olli Huhtanen
Producer: Jussi Eerola

MANNERLAATTA traileri
from Testifilmi
testifilmi #2

csm_TECTONIC_PLATE_1_instructions_909b2d1c51

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。