Gonçalo F Cardoso, Ruben Pater ‎– A Study Into 21st Century Drone Acoustics

Gonçalo F Cardoso, Ruben Pater
A Study Into 21st Century Drone Acoustics

A Study Into 21st Century Drone Acoustics
Discrepant Films
2016/02/08
Trailer for A Study Into 21st Century Drone Acoustics project by Gonçalo F Cardoso and Ruben Pater.
http://www.droneacoustics.org

Gonçalo F Cardoso
: Gonçalo F Cardoso is a London based artist who runs the label Discrepant. He also releases music under the Papillon moniker as well as Gonzo.
He has released works by the likes of Kink Gong, Cédric Stevens, My Cat Is An Alien, Ergo Phizmiz, Mutamassik among others.

「A Study Into 21st Century Drone Acoustics ( 21世紀の無人機音響効果への研究 ) 」は、作曲家Gonçalo F. Cardoso (Discrepant records)とデザイナーRuben Pater (Untold Stories)による知られざる未知のノイズ/音響と聴覚の探求である( 明らかにされない物語 )。無人機ドローンのエンジンはどのように聴こえるのか? AサイドはRuben録音の小さな無人機から大きな軍隊用無人機に及ぶ17種類のフィールドレコーディング。Bサイドは、破壊的なパワー、無人機テクノロジーによりインスピレーションを与えられたGonçalo F. Cardoso Goncaloのためのサウンドスケープが収録されている。構成は21世紀の航空無人機マシンの概念(音)の人生と死をテーマにしたもの。アルバムは、銀色のmetallicizedされたものの上にまるで鳥のような偵察機無人機ドローンが黒インクでプリントされ、記録されたドキュメンテーションの12ページの小冊子が付いている。無人機ドローンの駆動音を、音楽におけるドローンと重ね合わせ、サウンドアート、21世紀の鳥物語としての電子音楽を構築した時代を先取った作品でもある。軍事的偵察から天気予報、Amazon社の配達用ドローン構想など商業分野におけるドローンの応用まで、あらゆることに広く使用され ( いまでは手のひらに乗るほどの、虫型ドローンのコンセプトモデルの実機も完成済みで、監視や爆薬の搭載による攻撃など、汎用性の高いマイクロドローンはアメリカ軍の最終的な目的になっていると言われている ) 、なにかと話題の、無人機ドローンにまつわる議論の多くは、監視と攻撃のその機能に導かれ、 あくまでも衝突のエリアに住んでいるひとには破壊的な心理的効果をも持っている無人機のエンジン音で、このアルバムにもその暴力的なまでのノイズが収録されている。このプロジェクトは様々な美術館とフェスティバルのインストールにおいて使われて、音はwww.droneacoustics.orgのウェブで自由に入手可能。

Discrepant
Gonçalo F Cardoso – The Life and Death of a 21st Century Drone Machine (LP excerpt)

https://soundcloud.com/discrepant/qav400?in=discrepant/sets/aereal-drone-sounds
Discrepant
QAV400
In playlist: Aereal Drone Sounds
#Follow Discrepant and others on SoundCloud.
Create a SoundCloud accountSign in
Drone sounds from the LP ”A Study into 21st Century Drone Acoustics”
Audio by Gonçalo F. Cardoso
Free Download version with no Introductory voice.
For more info go to http://www.droneacoustics.org

CREP24_droneacoustics_frontR-7851342-1450369817-7682.jpegスキャン 2
スキャンスキャン 1
unnamed
Gonçalo F Cardoso, Ruben Pater ‎– A Study Into 21st Century Drone Acoustics
Discrepant ‎– CREP24
Vinyl, LP, Album
UK
18 Dec 2015
Electronic, Non-Music
Field Recording, Experimental
A1 QAV400 1:12
A2 Parrot AR 0:47
A3 AirRobot AR-100 0:55
A4 RQ-11 Raven 1:11
A5 ScanEagle 0:35
A6 RQ-7 Shadow 0:24
A7 Harop/Harpy 0:11
A8 Rustom-1 0:11
A9 MQ-8 Firescout 1:25
A10 Heron 1:03
A11 Hermes 900 1:20
A12 Heron TP 0:38
A13 MQ-1Predator 0:46
A14 MQ-9 Reaper 1:09
A15 RQ-4 Global Hawk 0:48
A16 nEUROn 0:11
A17 X-47B 0:21
B1 The Life And Death Of A 21st Century Drone Machine 23:08
Written, Composed – Gonçalo F Cardoso
Voice – Emmet O’Donnell
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Concept – Gonçalo F Cardoso
Concept, Sleeve – Ruben Pater
Side A: field recordings of drones selected by Ruben Pater and edited by Gonçalo F. Cardoso.
Printed on a metallic finish sleeve.
With 12 page booklet.
DISCREPANT 2015

Discrepant:
Discrepant: inconsistent; conflicting; at variance
from Latin discrepāns, from discrepāre to differ in sound, from dis-1 + crepāre to be noisy
info@discrepant.net
discrepant.net
http://www.dronesurvivalguide.org

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。