eRikm ‎– L’Art De La Fuite

eRikm ‎– L’Art De La Fuite

Luc Ferrari & eRikm
from jetlag prod
Les ProtoRythmiques 2005
extract of the documentary.
Portrait d’un Réaliste abstrait
by Hideyuki Miyaoka
Product by Studio Malaparte ©2005

ターンテーブリストというのは、90年代におけるDJのカッティング/スクラッチングといったクラブカルチャーでのDJが生んだブリコルールという演奏者でもあるのだが、ターンテーブルをひとつの楽器として巧みな編集作業によってオリジナルをずたずたにカットアップし、まったく新しいスタイルの新しい曲を生み出すアーティストである。フランスのミュージシャン、作曲者、およびヴィジュアル・アーティストeRikmもまたDJのようにメディア・プロダクトやレコード、CDを3台のターンテーブルと4トラックカセットで遊び、新しい混合物としてコンテンポラリー・ミュージック ( 壊された音楽 ) を我々に投げ返す。この ” L’Art De La Fuite ” という作品は彼の1994 – 1995に制作された10トラックが収録された4番目のカセットをヴァイナル化したもので、既成の音素材から電気音響の実験音楽を展開しているもの。ミニマルな暴力的で痙攣統合失調症患者テクノ、語り手としてのシネマ的物語が再構築されている。ルーク・フェラーリ、Einsturzende NeubautenなどともコラボレートしているeRikmはフランスの実験的な視覚のコラージュとポスト・パンクによる33回転の即興音楽と、ノイズアンビエントなミュジック・コンクレート、ポスト・インダストリアルを横切りひとつの物語の語り手、寄生虫の彫刻家とも言えるだろう。彼の作品に興味を持ったのは、オーストリアのRoom40からリリースされていた ” Stème ” や ” Transfall ” 、2010年にEntr’acte ‎( E94 ) からリリースされた ” Lux Payllettes ” からで、特に真空パックされた密封ジャケットで発表されたEntr’acteでの作品には、多くのウェスタン・ムーヴィー、ヴィデオ・テープからの、DVDからの、音の断片が、映画を鑑賞しているときのその緊張感、リアルな音響効果にある潜在的なヒステリー状態までもが再構築、ブリコラージュされていて印象深い作品だった。


eRikm – L’Art de la Fuite LP
Sonoris
2015/06/12
Available Sept. 1st, 2015.
http://www.sonoris.org
http://www.erikm.com
Distribution : http://www.metamkine.com
https://www.discogs.com/ja/artist/381973-eRikm

IMG_0191

eRikm ‎– L’Art De La Fuite
Sonoris ‎– LP01
Vinyl, LP, Album, Limited Edition, Reissue, Remastered
France
01 Sep 2015
Electronic, Non-Music
Experimental, Industrial, Musique Concrète
A1 No Accident 3:56
A2 Piscine 2:11
A3 Ventoline & Berotec 4:04
A4 Shangri-La II 4:47
A5 Rose 4:56
B1 Ich War Ein Armer Heidensohn ! 8:46
B2 White Deep 2:31
B3 1937. Encore Des Dieux 3:06
B4 Hangar à Sel 1:34
B5 Parallel Stress 2:58
Remastered By Giuseppe Ielasi
First recordings: a selection. Originally released on limited edition homemade tape.
All compositions recorded on 4 or 8 track. 1994-1995 (Turntables & prepared records . Tapes . CD . Prepared guitar . Field recordings)
300 copies
With 2 postcards and a French/English text sheet.
SONORIS 2015

R-2330889-1285619278.jpeg
eRikm ‎– Lux Payllettes
Entr’acte ‎– E9
CD
UK
:
2010
Electronic
Abstract, Experimental
1 Lux Payllettes
Composed By – eRikm
Liner Notes – Graeme Thomson
Liner Notes [Translated Into French] – Benoit Deuxant, Patrick Thinsy
LUX PAYLLETTES
dimanche 6 juin 2010, par erikm
With this piece, I have been working with the sound material of Western cinema, after its multiple supports : optical film sound, video tapes, dvd and also with sounds that I recorded in cinemas during projections.
Originally, my interest in this « process-handling » is the very relation to listening to the motion picture sounds, its clichés, tensions, loosening, sound effects, and the emotional palettes coming out. In the meantime, Lux echoes a reflexion about the process of identification to such actors or groups of population, including a potentially schizophrenic relation over these projections (Hallucinations).
My desire, on this occasion, was to support the emergence of psychic images so that the listener would seize different elements to create his own decorations, lights, landscapes. Via this range of acoustic suggestions, the listener would let him be led to the centre of his own interpretations.
The first empirical phase of creation originated in an intuitive selection of musics, sound effects, and audience reactions. Gradually, as a meaningful “colour” arose from these sound images, the layout of comments released a social criticism, through the prism of popular cinema. 2007

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。