Tape Loop Orchestra ‎– Setsuko Setsuko

Tape Loop Orchestra ‎– Setsuko Setsuko

tumblr_nygvyqnxrq1qlv4gqo1_1280
SETSUKO HARA: 1920-2015

https://www.youtube.com/watch?v=pCh4WRDVzyY
Tokyo Story (1953) [Subtitulos Español & Inglés/Spanish & English Subtitles]
Julio Trujillo
2015/04/18
Una pareja de ancianos viaja a Tokio para visitar a sus hijos, pero ninguno de ellos tiene tiempo para atenderlos, por lo que deciden enviarlos a un balneario. Cuando regresan, la madre pasa una noche en la casa de una nuera, viuda de uno de sus hijos. A diferencia de sus cuñados, Noriko muestra afecto por sus suegros y conforta a la anciana. (FILMAFFINITY)
https://ja.wikipedia.org/wiki/原節子

テープループ・オーケストラの不吉な暗い深さへの下降と輝き、そして腐敗と、、これこそがテープループ・オーケストラとしてリリースされるすべての大きなテーマである。 Tape Loop Orchestraは、ランカシャーに住むロマン主義者アンドリュー・ハーグリーブズ ( Andrew Hargreaves / The Boats、The Mistys ) のソロ・プロジェクトで、この3インチCD-R EP ” Setsuko Setsuko” は女優原節子と小津安二郎の東京物語への賛辞のためのミニCDである。15分の天使のような合唱調和と心を洗われるかのようなストリングの超自然の微妙さを持つアンビエント・ミュージック、、
小津安二郎の ” 東京物語 ” は、東京に住む息子夫婦の家に遊びに来た年老いた父と母にまつわる物語で、そのなかでの原節子は未亡人になった嫁の役を演じていて、昭和初期の激動の時代の人と人の寛大な心結びつきの深さを演じていた。この映画を観終わって個人的にはぼくの子供の頃の戦後の伝統と現代性の間を変動する日本社会の急速な経済、および技術の変化、下層階級のひととひとの深い結びつきなどを思い出したのだが、、、
去年95年の原節子の死のニュースは、完璧に昭和の時代の終焉に気づかされて少しこころ揺れて、悲しかった。映画のなかの原節子は、叙情性と感情的に着色された昭和の時代の象徴のような存在だったが、しかし当時の日本の家長政治、階層的な社会秩序についての女性の不満や極端な疎外や、そこに隠された痛烈さ、深さをも表現していた。私生活では彼女はまた性的に、政治的に反逆者でもあった。映画のなかの、あのわざとらしい作られたような微笑に隠された彼女の深い苦痛と混乱、、、、、

IMG_0164
Tape Loop Orchestra ‎– Setsuko Setsuko
Tape Loop Orchestra ‎– none
CDr, Mini, Limited Edition, Numbered
UK
25 Jan 2016
Electronic
Ambient, Abstract
1 Setsuko Setsuko 15:06
Hand-numbered limited edition of 50 copies.
TAPE LOOP ORCHESTRA 2016

——

Kissed Me
from Fluid Radio
Film taken from the upcoming Tape Loop Orchestra release ‘In A Lonely Place’, forthcoming on Facture…

ーーーーーー

CUqu85KU8AAsSvv
余談: 画像検索していて、ゲッペルスと記念撮影している写真をみて驚いたのだが、よくよく調べれば当時、日独防共協定を結んだ相手である日本のイメージアップを図るのがナチスの目的のため1937年公開の日独合作映画「新しき土」、ドイツ語版のタイトルは「Die Tochter des Samurai ( 侍の娘 ) 」が制作され、そこで大和撫子役を演じた原節子が、日本大使館主催のこの映画の完成パーティが開かれ、そこにゲッベルス宣伝大臣も出席していて、原と親しく歓談しているものだった、そこでのワン・ショット、、、、裏を考えればきりがないが、、、しかし、芸能と政治の忌まわしい関係、それはいまでも変わらない、、、のだ、、芸能界は怖いところ、元東芝の歌手が言うんだから ( 笑 ) 、、、
https://www.youtube.com/watch?v=p4qa6cr6sQk
Die Tochter des Samurai (1937)
Bibliotheca Germania
2014/05/13
Drama.
Der Hauptfokus dieses Films liegt weniger auf der Geschichte, als mehr auf der Darstellung der damligen japansichen Kultur, die zu jener Zeit für die Deutschen ebenso fremd war wie für uns heute. Dass vieles nicht untertitelt wird ist dabei keine Fehler. Übersetzt wird es immer nur dann, wenn ein Deutscher dabei ist. In vielen Kamerafahrten werden Kultur und Lebensart der Japaner dargestellt oder ein Japaner erklärt einem Deutschen seiner Kultur. Besonderer Fokus wird hierbei nicht nur auf die Unterschiede, sondern auch auf die Gemeinsamkeiten zwischen der japansichen und der deutschen Lebensart gelegt.
Die Deutschen genießen bis heute bei den Japanern großes Ansehen. Auch, wenn leider viele ihre Vorstellungen nicht mehr zutreffen.

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。