Joseph Clayton Mills “The Letter” [Cassette]

Joseph Clayton Mills “The Letter” [Cassette]

IMG_0157

1449811937442

” The Letter ” は、徐々に消滅に近づくようにデザインされた音楽の断片である。その22分における記録は、ピアノ、フィールドレコーディング、エレクトロニクスと、ヴォイスを含んでいて、Maxell CommunicatorシリーズC45カセットの一面に録音されたもの。この初期のカセットは、別のカセットの上に複写され、それは次々複写され、この繰返しのプロセスの手続は、100のユニークな人工物が生産されるまで繰り返された。たったの100コピー限定版のリリースは木綿袋にいれられ、それぞれ、断片(「切除」2015 )、写真、および短い説明的なテキスト、スコアのコピーが添付されている。彼の音楽に魅了され、彼の活動に興味を持ったのはEntr’acteのE167でリリースされた ” The Patient ” でのフランツ・カフカをコンセプトにした作品を聴いたことによる、、、その作品は切迫した死の薄暗いあかり、息が聴こえてくるカフカの疎外のテーマや原型で充満し、「 The Patient ( 患者 ) 」というタイトルに示されているように、死の床にいたフランツ・カフカが友人や家族と通信するために書いた分離されたまだ首尾一貫していない断片的な注意事項や、会話のテキストからの描写、特定の画像、テクスチャ、ムード、不明瞭になった言葉、ジェスチャー、および計測のためのスリップなどをもとにして、2012年シカゴで行われたパフォーマンスでの即興演奏と追加素材をミルズが再配置、および組み立て完成されたものだった。 誰に宛てたのだろうか、、” 手紙 ” という表題を付けられたこのカセットでの音楽もまた、いまにも消えそうなほどに繊細なミュージック・コンクレート。
https://agiyuzuru.wordpress.com/2014/07/23/joseph-clayton-mills-the-patient/

Joseph Clayton Mills ‎– The Letter
Suppedaneum ‎– #07
Cassette, Single Sided, Limited Edition, Numbered, C45
US
2015
Electronic
Experimental
A The Letter 22:00
Assemblage – JCM
Recorded 1989-2015.
This limited-edition release comprises 100 unlabeled, hand-duplicated cassettes, each accompanied by a copy of the score that inspired the piece (“Abscission” 2015), a photograph, and a brief explanatory text. Copies of the release will be issued strictly in sequence.
SUPPEDANEUM 2015
Joseph Clayton Mills:
Joseph Clayton Mills is a musician, artist, and writer who lives and works in Chicago. His text-based paintings, assemblages, and sound installations have been exhibited in Chicago, New York, and Europe and his work has appeared in numerous publications, including The New Yorker.
He is the author of the short-story collection Zyxt, and in 2012 published Nabokrossvords, a translation of early Russian crosswords by Vladimir Nabokov.
He is an active participant in the improvised and experimental music community in Chicago, where his collaborators have included Adam Sonderberg and Steven Hess (as Haptic), Michael Vallera (as Maar), Noé Cuéllar (as Parital), Sylvain Chaveau, Jason Stein, Michael Pisaro, and Olivia Block, among many others; his recordings have appeared on numerous labels, including Another Timbre, FSS, and Entr’acte.
In 2013, in conjunction with Noé Cuéllar, he launched Suppedaneum, a label focused on releasing scores and their realizations
http://www.josephcmills.com
https://soundcloud.com/joseph-clayton-mills

image004image008

Suppedaneum
The Letter (excerpt 1)
Excerpt from iteration 1 of The Letter (Suppedaneum 07), a limited edition of 100 unique, individually duplicated cassettes. Each cassette in the series is copied from the previous cassette in the sequence, resulting in a gradual deterioration in the fidelity of the recording as the music approaches disappearance.

https://soundcloud.com/suppedaneum/the-letter-excerpt-2
Suppedaneum
The Letter (excerpt 2)

https://soundcloud.com/suppedaneum/the-letter-excerpt-5
Suppedaneum
The Letter (excerpt 3)

https://soundcloud.com/suppedaneum/the-letter-excerpt-4
Suppedaneum
The Letter (excerpt 4)

http://www.suppedaneum.com/TheLetter.htm

エンプティ・セット以後のノイズ・インダストリアルやコンテンポラリーな音楽群は、言ってみれば、「 騒音としての言葉 ( 騒音語 ) は、音声のない真空のうえを覆っている声高な真空に他ならない。、、、、騒音語の末端にあるのは、それに続く真空の縁、他ならぬ空無なのである ( マックス・ピカート 沈黙の世界 ) 」、なのかも知れない、、、言葉はもう要らない、言葉は常にぼくを裏切る、、、

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。