PAUL JEBANASAM Continuum

PAUL JEBANASAM
Continuum

SUB016---Digital-Cover_1250
PAUL JEBANASAM
CONTINUUM
1. depart as | air dx stop ∂ρ/∂ /dt somewhere = +∇⋅(ρ sigma*(y waiting-x) v)=0 ∂ρ/dy/dt for = you x dim
2. eidolons beginning p = (m2A 2 am to (rho-z)-y ∂t+(ρ see to wait dz/dt = it xy that I -beta* do not z countless
3. search another 3Hφ ̇ = lose you i), place i=0 doubt I V (φ) am ∝ exp( √ 16π to meet you again pm2 P φ

The Subtext head’s second album is scheduled for a February release.

Subtexレーベル主宰者の一人、アンビエント、エクスペリメンタル・プロデューサー Paul Jebanasamの新しいアルバムがJames GinzburgとRoly Porterのサポートによってもうすぐリリースされる。アルバムは、「有機的ライフの原始の出現から宇宙の知ることができない弾道に伸びている年表への思索的なサウンドトラック」、「科学の届く範囲のマグニチュード、およびこの広大な発展システム内の人間性の不安定な役割を探究する」 ことだという。カバー・アートワークとしてUKの国立研究所フュージョンエネルギー(そのような研究のための)のカラムセンターからのフュージョン反応炉のイメージが使用されている。有機的に変化していくノイズと壮厳なるシンセの調べが荒涼とした世界を描いている。挑戦的で威厳ある色調とカオスの感覚によってこれらを溶融させた天のイベント、アルゴリズムの行動、および細胞の行動のミラーリング、、、過去と未知の未来が統合されたデジタル/原子のメカニズムが、動的で、予測不可能に変容していく哲学的な1つのエコロジー・サウンド。

Paul Jebanasam – Continuum
from Subtext Recordings
Music by Paul Jebanasam
Visuals and Programming by Tarik Barri
Taken from the forthcoming LP – available on Subtext Recordings February 5th 2016
Subtext Recordings 2016

———–

https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/09/12/paul-jebanasam-roly-porter/
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/11/12/roly-porter

enlightenment
bricolage AGI Yuzuru
media Kazuhito Matsumoto
30th sat January 2016
pm17.00-pm21.00
2000yen incl. one drink
@ environment Zero-Gauge
https://agiyuzuru.wordpress.com/2016/01/12/enlightenment-2/

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。