rite to passage 5.29 fri 2015 @ environment 0g ( zero-gauge )

rite of passage
5/29 (fri) 2015 19:00-23:00 2000yen(inc 1drink+CDR)
@ environment 0g ( zero-gauge )
bricolage: AGI Yuzuru

IMG_3009
Ideal recordingsからリリースされた「 iDEALISM」には、思考と世界はお互いにお互いを創造しあい、そこでは思考が、決定的な役割を持ち物質よりも精神、理性、言葉に優位性を置く「音楽によるイデアリズム」、観念主義、理想主義がうたわれている。クラブ空間からもっと広範囲な「環境」あるいは「エンバイロメント」に拡張される同時代意識としてのコンテンポラリー・モダンミュージックは、過去、50-60年代のインターメディアでの現代音楽家や建築家,美術家によって提唱されたものだろうけれど、決定的な違いは、そこにはクラブカルチャーをrite of passageしたミュージック・コンクレートやフィールド・レコーディングという記号が大きく関与していることだ。2015年の音楽での同時代意識、、、そこを押さえなきゃ現代美術もアウトサイダー・アートもないだろう、、、、それにしても、2015年の先端音楽におけるストックホルムのサブリミナルキッズPeder Mannerfeltの重要性と存在感はますます大きくなってきている。

有料制の0g webは現在100人ほどの購読者がいて先端音楽の情報は閉ざされたなかで充分機能している。新しい音楽情報を知りたい方は、0g web購読と、毎月展開しているイヴェントに是非おこしください。いまでは、気持ちのいいひとばかりが集う、コミュニティのような人間関係が成立しています、、、

052915_rite of passage2

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。