STRANGER – BLEAKLOW

STRANGER – BLEAKLOW
Stranger
The Caretaker
James Leyland Kirby


The Caretaker – friends past re-united
vvmtest
2009/02/19
Taken from “a stairway to the stars” released on V/Vm Test. This video has been made by Drakulady http://www.youtube.com/user/drakulady

前作のThe death of rave (A partial flashback)も、V/Vm Testの失われたままになっていた過去の作品のアーカイヴだった。” Bleaklow ” も2009年にリリースされた V/Vm Test.のアーカイヴである。The Caretakerは、アトモスフェリック・サイド・プロジェクトのV/Vmで始められ、それらは精神障害のテーマを伝える手段として78rpmやballroom recordingsの非常に古いレコードを使用しサンプリングされブリコラージュされたものだった。その音楽手法はリーランド・カービーの常套手段で、一種のパロディーともとらえられるがポスト・モダニズムの実践ともいえる。ジェームズ・レイランド・カービーの世界とは、大雑把に言えば次に記した9項目にすべて当てはまるだろう。1. 情緒的なミュージックコンクレート、 2. (文学的な味のある)小品およびスケッチ、3. (劇や映画中の)挿話,短い場面による旅行、4. 霊妙な来世の空気のような空虚、5. 昨日渡された決して新しいものではないノスタルジックなゴシック・インダストリアル、6. 抽象的で定形のない( 仮面舞踏会 ) 、7. 脅威を与える不調和な( 不思議なものの有害な力) 、8. 天使のような永遠に育むエレクトロニック・ミューザック、、そして9. サイケデリックなディストーション。


The Stranger – something to do with death
vvmtest
2007/07/03
Audio available on The Stranger album “bleaklow” which was released on V/Vm Test Records. http://www.brainwashed.com/vvm/news/v…

Stranger-01
Stranger-02Stranger-03Stranger-04
Stranger-05Stranger-06

The Stranger ‎– Bleaklow
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW016
2 × Vinyl, LP, Reissue, Remastered, Transparent Yellow
UK
Released: 30 Sep 2014
A1 Something To Do With Death 5:11
A2 Exposure 4:27
A3 Exhumation 8:44
B1 Solemn Dedication 4:43
B2 Indefinite Ridge 5:16
B3 Kirkbymoorside 7:03
C1 Inverted Burial 6:09
C2 Bleaklow 6:06
D1 Bob Greaves 4:44
D2 A Melody Drags Me Back 5:14
D3 Ominous Sunset 5:57
Remastered [Uncredited] – Matt Colton
Remastered At Alchemy Mastering
Lacquer Cut By Matt
Lacquer Cut At Alchemy Mastering
Artwork – Ivan Seal
Photography By Nick Ash
*First ever vinyl edition of the 2008 album from The Stranger, aka James Leyland Kirby / The Caretaker
*First 250 copies pressed on transparent yellow vinyl
Cover artwork: “Nordessnis Recalled” by Ivan Seal 2014 courtesy of Raebervon Stenglin gallery.
2014 HISTORY ALWAYS FAVOOURS THE WINNERS

https://www.youtube.com/watch?v=1aMH3vZBfpQ
The Stranger – exposure
vvmtest
2009/02/19
Taken from the album “Bleaklow” released on V/Vm Test.

https://www.youtube.com/watch?v=sCyO6VtD-Ig
The Stranger – ominous sunset
vvmtest
2009/02/19
Taken from the album “Bleaklow” released on V/Vm Test.


The Stranger – kirkbymoorside
vvmtest
2009/02/19
Taken from the album “Bleaklow” released on V/Vm Test.

https://www.youtube.com/watch?v=kYsTOzkf9aQ
The Stranger – a melody drags me back
vvmtest
2009/02/19
Taken from the album “Bleaklow” released on V/Vm Test.

参照
https://agiyuzuru.wordpress.com/2014/06/19/leyland-kirby/
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/10/31/the-stranger-leyland-kirby/

*

The Caretaker

Pasted Graphic
Real Name: Jim Kirby
Profile: The Caretaker started as an atmospheric side project to V/Vm, using 78 rpm and ballroom recordings in tribute to the Haunted Ballroom scene from The Shining.
It has since become one of Leyland Kirby’s longest-running acts, using very old recordings as a means to convey themes of mental disorder and its impact on the way the mind works.

http://www.discogs.com/artist/7734-Caretaker-The

http://www.discogs.com/artist/505-VVm
V/Vm
Real Name:
James Kirby
Profile:
Earliest known project of James Kirby, under which he formed V/Vm Test Records and the netlabel Vukzid as a means to release his own works, as well as those of like-minded artists and collaborators.
As V/Vm, he specialized in noise and plunderphonics, although his catalogue under this name is eclectic, with a wide range of approaches.
Works tended to be harsh, highly experimental or otherwise confrontative.

*****

余談
2014. 4.13 Bunkamura/NADiff modernでのLecture+Sound Talk [ decode, abstract, evocation ]の打ち上げの会食の席で、椹木野衣、室賀清徳氏たちから、阿木さんは他の批評家で誰を最も信頼しているのかと質問された、即座にぼくはデンシノオトと答えた。すべて彼の取り上げる作品を肯定しているわけではないが、あの世代では珍しく尖端音楽を把握しているという意味において、、、そのデンシノオト氏が10/9のツイッターで 「 音楽ファンとか音楽マニアとかミュージシャンとか皆怖い。音楽なんか嫌いになる」と呟いておられたが、ソーシャルネットワークの背後には、礼儀もわきまえない人間性の欠落したそれこそ精神を病んだ音楽ファンやミュージシャン、業界人が星の数ほどいるのは自明だ。妬みに満ちた意味のない誹謗中傷。ぼくのこのブログだって、どれほどの嫌がらせを受けているか、彼に教えてあげたいw。ぼくはそんなこと屁とも思ってなく、むしろそのことも楽しんでいるけれど、、、正当な議論や反論ではないだけに、悪質だよね、、、でも、今年アートジン” 0g ” を10年ぶりに編集してみて、活字メディアにはまだまだ未知の可能性が残されているなと思うほどの、リアクションを感じました、、、

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。