JAMES HOFF – Blaster

JAMES HOFF – Blaster

James Hoff – Blaster
from PAN 1 week ago
James Hoff – Blaster (PAN 55)
Video by Nic Hamilton, © 2014 PAN
p-a-n.org
nichamilton.info

この夏は様々な事件や天災などの出来事が明示的、あるいは暗示的に表出した。音楽にもそれが言えて、この夏にリリースされた尖端音楽に隠されたその暗示的な意味は、これからやってくる2、3年先の世界の手がかりを与えてくれる。PANからリリースされたニューヨークのサウンドアーティスト、ジェームズ・ホフの” Blaster ” にみられる美しいスポット・ワニス・スリーブ ( spot-varnish sleeve ) の、Bill Kouligasによるタイポグラフィーとコミュニケーション・ネットワークへのコンピューター・ウィルスの影響、およびそれらの可能性を明示する画像を使用したアートワークの挑戦的態度。収録されている音響は、スパークし緊張したスプライシング・ノイズ、歪み、フィールド・レコーディング、バラバラに引き裂かれたテクノやグリッチノイズの予期できない形状の、コードの感染/断片の再構成といった感じで、絶句するほどに絶望的だ。vimeoでアップしたJames Hoff – Rblaste [Blaster 2014]は、なんだかraster-notonでの過去のグリッチのようでもあるが、B面のスクラッチ・ツールでのRashad Beckerのマスタリング/カッティングは壮絶だ。このアルバムだけは買い逃すなよ! ところで夏はいつも不吉な季節なのだが、それにしても今年はすべてのものが自然淘汰されていったような気がする、ミュージシャンも古い音楽も、、、なにもかも、、、

James Hoff – Scratch

*4deep8u
2014/08/13
BLASTER (2014)
https://www.facebook.com/4deep8u
http://4deep8u.blogspot.com/

http://vimeo.com/103523690
James Hoff – Rblaste [Blaster 2014]
from k_sixsix 1 week ago
UNOFFICIAL VIDEO
James Hoff “Rblaste”
Blaster 2014 PAN 55
video [AudioReact•Lab]

James Hoff-01
James Hoff-02James Hoff-03James Hoff-04
James Hoff-05Jamesw Hoff-06

James Hoff ‎– Blaster
Pan ‎– PAN 55
Vinyl, LP
Germany
Released: Aug 2014
A1 Blaster
A2 Lasterb
A3 Asterbl
A4 Sterbla
A5 Terblas
A6 Erblast
A7 Rblaste
B Scratch
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Lacquer Cut At Dubplates & Mastering
Artwork – Bill Kouligas
PAN 2014

James Hoff-B-01
James Hoff-B-02JAMES Hoff-b-03James Hoff-B-06

James Hoff ‎– How Wheeling Feels When The Ground Walks Away
Pan ‎– PAN 92
Vinyl, LP, Single Sided, Picture Disc, Limited Edition
Germany
Released: 2011
A How Wheeling Feels When The Ground Walks Away
Producer – Mike Skinner
Producer [Uncredited] – James Hoff
Sound Designer [Uncredited] – James Hoff, Mike Skinne
Mastered, Lacquer Cut – Rashad Becker
Mastered At Dubplates & Mastering
Lacquer Cut At Dubplates & Mastering
Artwork – Bill Kouligas, Kathryn Politis
*Limited edition of 200 copies, pressed on a 140g one-sided picture disc, housed in a silk-screened pvc sleeve.
Special thanks to: Artists Space, Mark Beasley, Michael Bernstein, Todd Cavallo, Elizabeth Hirsch, Stephanie Howe, Stefan Kalmár, Maya Miller, Nate Nelson, Esa Nickel, Amy Owen, Performa, Calvin Rocchio, Børre Sæthre, Mike Skinner, Danny Snelson, Elizabeth Sporleder, and Spencer Yeh.
PAN 2011

James Hoff – How Wheeling Feels When the Ground Walks Away

*Performa
2009/11/27
James Hoff’s “How Wheeling Feels when the Ground Walks Away” presents an audio landscape comprised of various historic riots, from the concert hall and music venue to the sounds of modern warfare. Presented in surround sound, the work relentlessly envelops the audience as the tumultuous panorama of over-layered riots travel around the gallery.
Part of Riot Radio Ballad, which explores the performative and futurist aspects of spoken word, audio, and radio material.
Curated by Mark Beasley. Commissioned by Performa. Co-presented by Performa and Artists Space. Produced by Mike Skinner and James Hoff – sound design Mike Skinner and James Hoff.

+

083014_CON_Cretism Aug
CON/cretism @ nu things
8/30 (sat) 19:00-23:00 1500yen(inc 1drink+CDR)
bricolage: AGI Yuzuru
https://agiyuzuru.wordpress.com/2014/08/19/concretism-nu-things/
+
スクリーンショット(2014-08-29 17.06.54)
Closing Party[ CON/cretism ]
9/6 (sat) 19:00-23.30
@ BULLET’S[西麻布]http://www.bul-lets.com/
入場料2000yen ( hiromiyoshii roppongiでのトーク参加者は1000yen )
DJ – asyl cahier
Wasabro VII
Bricolage – AGI Yuzuru
ジェームズ・ホフを核に写真での購入したばかりの素材を使用してブリコラージュします。インダストリアルテクノからジェームズ・ホフのスパークするスプライシング・ノイズを横断! 最新のモダンに感電しUpdating Modernism!

IMG_2589
IMG_2588

[余談]
https://www.youtube.com/watch?v=FS6xLpPmzlE
「絶叫する女、同情する女たち」
この映像での哀れな人間模様、これこそがこの時代と我々の病、、、
[余談2]
「万人受けしそうにない音楽で生計立てられてる人は凄いなぁ、とつくづく思う。少し前に阿木譲さんが”日曜趣味で音楽をやられても困る”的な事を書いていたのと照らし合わせて」( tadas1cks )や、「 ” CDだけで食べていくのはもう無理 ” ドリカムですらこう言い切る時代。漠然とライブして音源をネットにあげるだけのバンドは会社員が” ゴルフや釣りをしてるのと変わらない ” 。良い音を出していても趣味でしかない。考えるか辞めるか、趣味だと言い切るか」( masakinisi )の2つのツイートを読んで、これはミュージシャンだけの話ではなく、とても大きな問題だ。ぼくのような評論家にとっても、音楽だけで生きていくのには想像以上に過酷な時代がやってきていることを実感し思い知らされている。アメ村にnu thingsを立ち上げた頃には、大学を出たての音楽に夢を抱いていた若いラップトップミュージシャンがごまんといた。あれから5年、彼らはいったいどこに消えたのだろう。残ったのはSeihoと∠yuLLiPPeぐらいか、この違いはなんだろう?

2014 8.28 pm5.00

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。