LEYLAND KIRBY

LEYLAND KIRBY

Leyland Kirby Presents V/Vm ‎– The Death Of Rave (A Partial Flashback)

Bank Pekao PROJECT ROOM Daria Malicka, Unheimlich – zwiastun
from CSW TV PRO 2 months ago / Creative Commons License: by nc
Bank Pekao PROJECT ROOM
Daria Malicka
“Unheimlich”
Otwarcie wystawy: 1 kwietnia 2014, godz. 18.00
Wystawa trwa do 20 kwietnia 2014
Kurator: Marcin Krasny
Koordynacja: Katarzyna Tomczak-Wysocka
csw.art.pl
facebook.com/cswzu
twitter.com/CSW_WARSAW
instagram.com/csw_art#_
Montaż: Agata Wałachowska
Materiał filmowy: Daria Malicka
Muzyka: James Leyland Kirby, Caretaker, Bedded deep in longterm memory
Produkcja: Monika Melanik
© CSW TV 2014

レイランド・カービーの音楽を聴くとなぜかポーランドのワルシャワを思い出す。60年ほど前にはナチス・ドイツの軍靴の響きが聴こえていただろうワルシャワ中央駅近くの古いスターリン様式の佇まいを少し残したホテルの小さな部屋で、社会主義時代の名残がどんどん薄くなっていくベルリンやワルシャワの、どこからともなくやってくる薄ら寒い気配を背中に感じながらメランコリックな感情に浸っていた10数年前の夏のあの旅の朝、ニーチェの 「 知られざる神 」の一節が頭を過っていた。” 最後に、これが一番恐ろしいことなのだが、善人という概念の中では、すべての弱者、病人、できそこない、自分自身に苦しんでいる者ども、つまり没落すべきすべての者どもの方が擁護され、淘汰の法則はさえぎられ、誇り高く、できがよく、然りを語り、未来を確信し、未来を保証する人間に対する抗議が一つの理想とされている、そうなると、できのよい人間のほうは今度は悪人と呼ばれるようになる・・・そしてこれらすべてのことが道徳として信仰せられたのだ!(14・152)” 。きみに言っておく、社会的に成功したいなら、またひとから愛されたいなら、できそこないで人生を全うすること。音楽だってそうだ、人並みはずれた感性を持つ超越した神のような自分の神聖さを恥じ、それを隠蔽しないことには決して報われない、、、と、、。レイランド・カービーのトランセンデンスのメランコリックなこの深い音楽を聴くと、いつもそのことを憶う。

The Caretaker // Bedded Deep In Long Term Memory
from Richard Cruz 3 years ago ALL AUDIENCES
ALBUM // An Empty Bliss Beyond This World (2011) // brainwashed.com/vvm/
DIRECTOR // Richard Cruz // richardlcruz.com

++

Leyland Kirby Presents V/Vm – Monroes Stockport

Leyland Kirby Presents V/Vm – XR2 MK1 Sale Waterpark
http://www.youtube.com/watch?v=dyhvS3ro230

レイランド・カービーが言うまでもなくクラブミュージック、あるいはレイヴカルチャーはすでに死んで久しい。” The Death Of Rave ” のためのアイデアは2006年初めベルリンのBERGHAINクラブを訪問した後に構想され、当時BERGHAINでのシーンは爆発寸前の空気感が満ちていて、特別な何かが起こり始めていた。しかしエネルギーと音の冒険、精神?何かが欠けていたことをカービーは見抜いていた。海外のことは分からないが、このニッポンのクラブシーンで音楽の共有経験を一緒に人々にもたらすことなど、あるのだろうか? いや、過去に一度でもあったのだろうか? 「集団的記憶は、80年代後半と90年代初頭のマンチェスターのクラブシーンでカービーが触発されたレイヴ・プロジェクトの死の対象となった。1988年から1996年の間を想起し、それらの長い夜にできた世界、ダンスフロア上の光の片鱗を見たこの世代は非常に幻滅していると思うが、それ以上にクラブカルチャーの将来は厳しいと予測可能なようだ ( サイモン・レイノルズ 、Retromania ) 」
この作品” The Death Of Rave ” はV/Vmテストに関連した実験の継続で、V/ VMのテスト·ラベルは数年前から無料でダウンロード可能だった。 しかしV / VMテストWebサイトは、2008年に全て削除され、その8トラックがプロジェクトから解除されマット・コルトンによってリマスターされた。「彼らは踊った。 彼らは、夜明け前の暗い時間に踊りました。しかしそうしたレイヴの光は今消えた」

V/vm – The Death of Rave 090
http://www.youtube.com/watch?v=DA_a7Y1yx6w
2011/11/10
My personal favorite from the album “The Death of Rave (The Source), which is a part of the V/vm 365 project.
Support the artist: http://brainwashed.com/vvm/

Layland Kirby-M-01
Leyland Kirby-MM-02Leyland Kirby-MM-03Leyland Kirby-MM-04

Leyland Kirby Presents V/Vm ‎– The Death Of Rave (A Partial Flashback)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW015-LP
Vinyl, LP, Limited Edition, Black
UK
Released: 29 May 2014
A1 Monroes Stockport
A2 Moggy & Wearden
A3 Machete’s At The Banshee
A4 Acid Alan, Haggis & Scott
B1 Marple Libradome ’91
B2 Smithy & Dave The Rave
B3 Big Eddie’s Van – Bowlers Car Park
B4 Xr2 Mk1 Sale Waterpark
Lacquer Cut By Mat
Lacquer Cut At Alchemy Mastering
Artwork – Ivan Sealt
Photography By Andy Keate
Limited edition Vinyl pressing.
Tracks not listed on the release
HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS 2014

History Always Favours The Winners
LEYLAND KIRBY
http://www.brainwashed.com/vvm/artists/leyland_kirby.html

http://vimeo.com/44456690
The Caretaker – Stardust
from Alex Littleboy 1 year ago
A music video I created for The Caretaker (V/VM Test Records). I do not own the music, but have been given permission by Leyland James Kirby to use this track. The Film is mine, taken from footage I acquired myself. From the album “We’ll all go riding on a rainbow”.

++

Leyland Kirby ‎– Intrigue & Stuff vol.1-vol.4

ジャケットもない黒い内袋に入れられた1枚2100yenもするクリア・ヴァイナルを4枚も購入するなんて、彼の音楽にこころから感情移入しているとか、仕事柄こうした動きを無視できないがためにとか、よほどの理由がなければ、こうした情報は無視すればすむ。しかしぼくには、この今という時代意識を暗示するシンセの魔法使いレイランド・カービーの世界からは離れられそうにない。それほど魅了される世界だ。ジェームズ・レイランド・カービーは常に詩的で妥協のない音楽の本質を突いてくる。彼の40歳の誕生日を記念して制作された4枚1セットの作品 ” Intrigue & Stuff vol.01-vol.04 ” 、突然変異フラクタルをモデル化し、催眠スペクトル・サイレン・コラールのシンフォニー、シンセブラスと重低音で締めくくる奇妙なパーカッシブ作品。ダブプレートによるマスタリング、 ナディア・ハーベストによるロゴデザイン。 タイトルIntrigue & Stuff ( 陰謀&スタッフ )とはファクトリー・レコードに関するマーティン・ハネットの” There’s an awful lot of incest that goes on “から引用。これら19曲はレイランド・カービーの超現実的な新しい領域と未来のまだらなヴィジョン 「 音楽そのものの時間と時間の概念を再発明するアーティストのための衝撃的な音の変化」、ということだそうだ。多作と言われるほど音楽を制作することだけに明け暮れるカービーの音楽とは、言ってみればリトアニア人映画監督、作家、キュレーターのジョナス・メカス(Jonas Mekas)の「日記映画」というジャンルのように、詩的な手触りとインスピレーションから構成される「日記音楽」と言っていいのかも知れない。


Leyland Kirby – The Tar Sands
Voneuen·
2014/05/15
Intrigue & Stuff Vol.4 ( 2014, History Always Favours The Winners ) – Available on vinyl and download formats : http://bit.ly/1swIEpQ

Intrigue & Stuff-01
Intrigue & Stuff-02Intrigue & Stuff-03

Leyland Kirby ‎– Intrigue & Stuff (Vol. 4)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW 014
Vinyl, 12″, Single, 33 ⅓ RPM, Limited Edition, Clear
Europe
Released: 2014
A1 Locked Into Situations
A2 Derelict Bar
A3 The Tar Sands
B1 Night Owls
B2 Wanting An Absolute Beyond
Mastered By Lupo
Recorded, Other [Constructed] – Leyland Kirby
Mastered At Dubplates & Mastering – HAFTW 014
Artwork [Logo Design] – Nadia Herbst
Initial copies on clear vinyl, unknown limitation. Hand-stamped label
ALWAYS FAVOURS THE WINNERS 2014

Intrigue & Stuff-10
Intrigue & Stuff-11Intrigue & Stuff-12

Leyland Kirby ‎– Intrigue & Stuff (Vol. 1)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW-009
Vinyl, 12″, Single, Limited Edition
UK
Released: 2011
A1 Video 2000
A2 Re-Record Not Fade Away
A3 Neon Lit Atoms
B1 Live For The Future, Long For The Past
B2 Low Entropy
B3 Ruined Visions
Distributed By – Boomkat
Manufactured By – Boomkat
Part one of a series of four twelve inch singles.
Limited, hand-stamped white label. Black vinyl version (initial copies pressed on clear vinyl).
Recorded and constructed by Leyland Kirby in Winter 2010 / 2011.
Mastered by Lupo @Dubplates and Mastering
HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS 2011/ 2014

ソニックテロリスト、 著作権法の違反者、ドローンの作曲家、文化的なポップ考古学者、 挫折未来思想家、ジェームズ・レイランド・カービィはひとびとからそう呼ばれている。 彼の音楽は、心と記憶の研究、およびそれらが崩壊し始めたときに起こる物事を動かす一連のジャンプ・オフ・ポイントとして輝く。「 狂気、メモリ&マインドフルネス:レイランド・カービー・インタビュー 」のなかで触れられているマインドフルネスとは、自分の身体や気持ちの状態に気づくための「こころのエクササイズ」でストレス対処法の1つとして医療や教育現場で実践されていて、「今」の自分に気づき、現実をあるがままに受け入れ、マインドフルネスを実施すると、感情や物事にとらわれている自分を開放することができるという。カービーの音楽は一種のミュージック・セラピー?

Intrigue & Stuff-07
Intrigue & Stuff-08Intrigue & Stuff-09

Leyland Kirby ‎– Intrigue & Stuff (Vol. 2)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW 011
Vinyl, 12″, Single, Limited Edition, 33 ⅓ RPM, Clear
UK
Released: 2011
A1 Eventually, It Eats Your Lungs
A2 Speeded Up Slow Motion
B Complex Expedition
Mastered By Lupo
Recorded By Leyland Kirby
Mastered At Dubplates & Mastering – HAFTW 011
Artwork [Logo Design] – Nadia Herbst
*First press on clear vinyl
HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS 2011/2014

Intrigue & Stuff-04
Intrigue & Stuff-05Intrigue & Stuff-06

Leyland Kirby ‎– Intrigue & Stuff (Vol. 3)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW 012
Vinyl, 12″, Single, 33 ⅓ RPM, Limited Edition
Europe
Released: 03 Nov 2011
A1 The Start Of Wars And The End Of Eras
A2 Fleeting Modern
A3 Lie Low, Pick Your Moment
B1 The Watcher And The Watched
B2 We Might Just Lose This One
Mastered By Lupo
Recorded, Other [Constructed] – Leyland Kirby
Mastered At Dubplates & Mastering – HAFTW 012
Artwork [Logo Design] – Nadia Herbst
Limited edition of 500 copies for the world. Black vinyl edition
HISTORY ALWAYS FAVOURS THE WINNERS 2011/2014

参照
The Stranger + Leyland Kirby
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/10/31/the-stranger-leyland-kirby/

2013 best album 10
1. The Stranger ‎– Watching Dead Empires In Decay
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/12/23/2013-best-album-10/

[ 余談 ] 最近、知り合いのミュージシャンやひとのTwitterをみたりすることも少なくなりソーシャルデトックス( social detox )、利用を控えSNSによる解毒、浄化を図っている。なぜそうしたかといえば、そこにはあまりにも病んだ世界がチラチラ見え始めているからだ。当の本人は病んでることも、きっと気づいていないのだろうな、、、、例えばこのブログを見に来る人は1日多い時で500人、少ない時で200人なのだが、その多くが野次馬だろうと思っている。そうした数字はまったく信用していない。この数字がリアルなものなら、ここで取り上げているレコードはもっと売れていて当然だ。他にもTwitterにアップしたぼくのイヴェント情報をRTしてくれるひとが多いからといって、当日顔見せてくれるかといえば、そうではなく、SNSでのネットで広げる友達の輪なんてまったく端から信じていない。ぼくが最も信じているのは、nu thingsで月1で展開しているぼくのイヴェント、そこに集まるひととの小さなコミュニティくらいで、そこはまるで不思議なほどクリーンな空気感漂う人と人との繋がりがある。信じられないほど気持ちいい奴ばかりが集まってくる。

2014 6.19 pm22.25

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。