0g night UN/expressionism

0g night UN/expressionism

sa

May 30 friday 2014
pm18.00-pm23.00 @ nu things 1500yen 1d+CDR
Talk +Bricolage:AGI Yuzuru ( 阿木譲 ) + Exhibition | Un-Expressionism records 2012-2014

June 3 Tuesday
pm18.00- pm23.00 @ nu things 1500yen incl.1 drink
USTREAM delivery
Lecture:AKIYAMA Shin ( 秋山伸 )
Talk:AGI Yuzuru ( 阿木譲 ) + AKIYAMA Shin( 秋山伸 )
Bricolage: AGI Yuzuru ( 阿木譲 ) + Exhibition | Un-Expressionism records 2012-2014

June 8 sunday 2014
pm18.00-pm23.00 @ nu things 1500yen 1d+CDR
Talk + Bricolage:AGI Yuzuru ( 阿木譲 ) + Exhibition | Un-Expressionism records 2012-2014

7019

●非表現主義についてのメモ
秋山伸

日本語:非表現主義
英語:anti-expressionism

参照した言葉:
ジェルマーノ・チェラント「アンエクスプレッショニズム」
Germano Celant: Unexpressionism
http://www.amazon.co.jp/Un-Expressionism-Germano-Celant/dp/0847809854

美術における80年代の新表現主義の台頭に対する新しい動向を示した書物。
著者は、美術史に残る「アルテ・ポーベラ」の命名者。
この書名である「Unexpressionism(無表現主義?不表現主義?)」という言葉は美術史ではほとんど定着しなかったが、
混同されないよう、私の造語は「anti-」にしました。

初めて使った場所:
せんだいスクールオブデザインでのレクチャー
構造主義的な(コンテンツの構造から本の構造を考える)デザイン方法と非表現的なタイポグラフィーの共存が、
エディションノルトの本の特徴であると説明しました。

BosIAerIcAAZexa

今回のレクチャーの構想:
そもそも、非表現的なタイポグラフィーは、
尖端音楽における文字表記に見い出したものでした。
今回は80年代におけるプロトタイプと
00年代におけるミニマリズムとしての一般化と
10年代の尖端音楽における深化について
自分なりに整理してみたいと思います。

+++

IMG_2552
アルノルト・シェーンベルクの大胆な不協和音の使用、音域の拡張、極端な強弱法の使用、自由なリズム、不安定なメロディラインの「自由な無調」音楽を表現主義音楽というなら、尖端音楽にみられるノイズインダストリアル、コンテンポラリー・モダン・ミュージックをすべて一度表現主義音楽から派生した不表現主義音楽、あるいは非表現主義音楽と言ってみよう。表現するものなどない、表現しているのじゃない、なら、それらの音楽に、勿論物語性も意味も発生しないだろう。ということは、美術も音楽もすべての芸術はもはや無効であるということだろう。ご破算で願いましてーは ( いったん白紙に戻して、、 ) 、、、
さて、急遽5月30日金曜日、6月3日火曜日、6月8日日曜日の3日間 「 0g night UN/expressionism 」を尖端音楽における不表現主義のExhibition | Un-Expressionism records 2012-2014を兼ねて催すことになりました。3日は秋山伸のレクチャー+ぼくのブリコラージュという構成。尖端音楽の多くのモノクロームのジャケットデザインにみられる「非表現主義 ( アンチ・エクスプレッショニズム ) 」は、秋山伸デザイン発想の源で、0gのブックデザインすらも、そうした非表現的なタイポグラフィーから来ているのだろう。そうした話を交えて秋山伸が楽しく解説してくださいます。この模様はustreamで発信する予定。そして5月30日、6月8日はぼくのブリコラージュとトークを主に展開するのですが、両日ともpm18.00-20.00まではTalk Timeとして尖端音楽について、その他みなさんからの質問を交え進行します。その後pm20.00以後はいつものようにBricolageDJ Timeです。

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。