We Can Elude Control | Peder Mannerfelt

We Can Elude Control
Digitalis Recordings
Entr’acte
+
Peder Mannerfelt
Rose Kallal
Mark O Pilkington
Nocturnal Emissions
Shelley Parker
Paul Purgas ( Emptyset )

34774048_640b8500447610_f1e2a68af5_zbmarkpilkingtonsmall_1bayers-k-steve-pike-01bUnknownbbemptyset_1350552761_crop_550x346

すべてが、ノイズインダストリアルな ” レクイエム ” である尖端音楽でのシーンを追っていると、嫌がうえにも80年代に強引に引き戻されることが多くなってきた。そこで、ふと、あのすっかり忘れ去られた90年代とゼロ年代とはなんだったんだろうか、なんだろうかと、強く思うようになった。現在40歳代のひとたちの音楽感性と生き様を、まったく信頼していないぼくには、90年代のオタクと現代思想、エヴァンゲリオン、ギャル、セカイ系にもまったく興味なく、あの時代はただRPGやシミュレーションのテレヴィゲームと、デトロイトテクノ、アシッドハウス、ブリープ、インテリジェンステクノなどのクラブミュージックに浸っていた ( こうしたいわゆるエレクトロニカ、IDMの動きのなかでも、ワープなどのように表層に浮かび上がったものではなく、素晴らしい作品がまだ底辺の闇に眠ったままになっていて、そうした情報を早急にこのブログにでもアップして、あの時代を再考察しなきゃならないと、強く思っています、でないと90−00年代がまったく見えてこないから、、 ) 。それにしても、90年代後半からゼロ年代のドラムンベースとnu jazzの” ジャズ的なるもの” の流れ、jazz room nuthingsで展開していたあの15年間の切断はとても無駄な時間だったようで、最近のベース/ビート系、ハウスミュージックなどは、再びあのなんにも無しの時代のジャズ的なるものの、ディスコ/ダンスミュージックに、火をつけようと躍起になっているかのように思えるのだ ( 現在25歳前後の若い世代にとっては、あのサウンドがとても未知なもので新鮮に聴こえるのだろうな。 ) 。テン年代に入ってから再び80年代が呼び戻されるその意味は、我々にはもはや葬送曲 ( レクイエム) を聴くことしか残されていないんだと、いうことでもある。「もうパーティーは終わったんだよ」ということだろう。きっと、、、

+++++

Peder Mannerfelt

Peder Mannerfelt – Gulo Gulo Caesitas [2014 Lines Describing Circles]
from k_sixsix 1 month ago
UNOFFICIAL VIDEO
Peder Mannerfelt
“Gulo Gulo Caesitas”
Lines Describing Circles
2014 Digitalis Recordings ‎– DIGIV066
[AudioReact・Lab]

イギリスのある批評家がジギタリスインダストリーズからリリースされたPeder Mannerfeltの” Lines Describing Circles ” での音楽を、サブベースニヒリズム( sub-bass nihilism ) 、耳の暴力 ( aural mayhem” ) 、そして音の酸性雨 ( sonic acid rain )と形容し、これこそがスペースとエコーからなる”ダブテクノ”の本質でもある。レイランドカービーのストレンジャーやエンプティセットの ” Recur ” のように、彼の電子音楽は建築家にも似た3マイルの広いベースサウンドの深い円筒状のリバーブ、広大への憧れ、SF未来派として機械的な風景を構築している「アウトサイダーテクノ」でもある。

PEDER MANNERFELT-B-01
PEDER MANNERFELT-B-02PEDER MANNERFELT-B-03PEDER MANNERFELT-B-04
Peder Mannerfelt ‎– Lines Describing Circles
Digitalis Recordings ‎– DIGIV066
Vinyl, LP, Album, Limited Edition
US
Released: Mar 2014
A1 Collapsion
A2 Lines Describing Circles
A3 Africate Consonantes
A4 Gulo Gulo Caesitas
A5 Alpha Waves
B1 Derrvish
B2 Nihilist 87
B3 Evening Redness In The West
B4 In Place Of Once Was
B5 Rotterdam Anagram
written and produced by Peder Mannerfelt 2014
mastered and cut by Stefan Betke
Artwork – Malin Björklund
Design [Typography] – Konst & Teknik
Edition of 500 housed in a spotgloss jacket
DIGITALIS RECORDINGS 2014

http://www.youtube.com/watch?v=2DWApCKXstU
Peder Mannerfelt – Lines Describing A Circle
Filip Škubal·: 2014/03/25
From Lines Describing Circles album released on Digitalis records
info: https://digitalisrecordings.bandcamp….

PEDER MANNERFELT-B-05
PEDER MANNERFELT-B-06
Peder Mannerfelt ‎– PM001
Peder Mannerfelt ‎– PM001
Vinyl, 12″
Germany
Released: Feb 2014
A1 Hook End
A2 Psalm And Songs And Voices
A3 Expanding Sinewaves
B1 Serpant And Cross Modulated Oscilator
B2 Pauls Chain
B3 Rhythm Modulated
B4 With Psalms And Songs And Praises
PEDER MANNERFELF 2014

Peder Mannerfelt-A-01
PEDER=D=01
Peder Mannerfelt ‎– Stockholm Recorded
We Can Elude Control ‎– WCEC008
CD, Mini
UK & Europe
Released: 2013
1 Färgfabriken 06/12/12
2 Kägelbanan 13/05/13
WE CAN ELUDE CONTROL 2013

Peder Mannerfelt @ Bold Tendencies

*CHENG D. LAO·: 2013/09/05
Excerpt from Peder Mannerfelt’s performance for We can Elude Control.
Part of the Bold Tendencies project at Peckham multi-storey car park.

wcec-006-peder
PEDER-R-4833310-1376926745-2480
Peder Mannerfelt ‎– Come Closer
We Can Elude Control ‎– WCEC006
Vinyl, 12″, 33 ⅓ RPM
UK
Released: 2012
A1 Arss
A2 Untitled 3 Edit
B1 Kommen Sie Doch Näher
B2 Flem/Flam
WE CAN ELUDE CONTROL 2012

Peder Mannerfelt – SoundCloud

+++++++

Rose Kallal

Paul Purgas (Emptyset)プレゼンツのRose Kallal & Mark O Pilkington ( 「カルト秘義”cult esoterica” 」出版者ストレンジ・アトラクター ” Strange Attractor ” の創立者 ) ” Implicate Explicate ” は、ニューヨークをベスに活動するフィルムメーカーRos Kallalの16mmフィルムを元にモジュラーシンセやエフェクトのセットアップによる即興でつくられたサウンドトラック。 リミックスはTVOとMordant MusicやPublic Informationレーベルから作品を発表しているEkoplekzが手がけている。

“Implicate Explicate” 16mm film loop installation, 2012
from Rose Kallal 2 years ago
Multiple 16mm film loop installation by Rose Kallal. Sound by Rose Kallal and Mark Pilkington using modular synthesizers. Installation was presented at The Hidden Noise project space in Glasgow UK.

http://www.youtube.com/watch?v=7usmjJwxBWo
Rose Kallal Multiple 16mm Film Loop with Live Sound Performance 6/27/13
ParticipantInc·: 2013/06/15
Rose Kallal with Robert Aiki Aubrey Lowe/ Lichens using modular synthesizers, and spoken work by Mark Beasley. Start Begin Feel Again is an immersive four-channel video installation shot on 16mm film. June 27, 2012

ROSE KALLAL & MARK O PILKINGTON-01
Rose Kallal & Mark O Pilkington-02Rose Kallal & Mark O Pilkington-03Rose Kallal & Mark O Pilkington-04
Rose Kallal & Mark O Pilkington ‎– Implicate Explicate
We Can Elude Control ‎– WCEC009
UK
Released: 14 Oct 2013
A1 Implicate Explicate (Original Version)
A2 Implicate Explicate (Ekoplekz Remix)
Remix – Ekoplekz
B1 Implicate Explicate (TVO Remix)
Remix – TVO
B2 Implicate Explicate (Paul Purgas Remix)
Remix – Paul Purgas
remixes from Ekoplekz, TVO & Paul Purgas
WE CAN ELUDE CONTROL 2013

http://www.youtube.com/watch?v=cLRgjue6n7w
Rose Kallal, “Mobius Coil” 16mm film loops & sound, 2010
rosekallal·: 2010/04/25
16mm film loop installation with synth & drums by Rose Kallal

ROSE KALLAL-01
Rose Kallal-N-02Rose Kallal-N-01
Rose Kallal ‎– Vermillion Vortex
We Can Elude Control ‎– WCEC003
Vinyl, 12″, White
UK
Released:06 Jun 2011
A Vermillion Vortex
Words By – Mark Beasley
B Vermillion Vortex (Robert Aiki Aubrey Lowe Remix)
Remix – Robert Aiki Aubrey Lowe
Duration not on item.
White vinyl
WE CAN ELUDE CONTROL 2011

+++++

Nocturnal Emissions

1983年6月9日のブリクストンリッツィでのライブを録音した無料のCDRが付録についたノクターナル・エミッションズの” Accumulator ( アキュムレータ1&2 ) ” 。ここでの音楽はすべて未発表作品で、歪んだギターのドローンノイズと乾いたシンセサウンド、低いベース音の帯びた、チクチク・ステッピング・リズムとマシンドラム・パターンのリズミカルなミニマリズムによって構築されている。ノクターナル・エミッションズは1982年を中心に活動したミュージックコンクレート、サウンドコラージュ、ポストインダストリアル、ダークアンビエント、ノイズを展開していたナイジェル・エアーズ ( Nigel Ayers ) のユニットで、それは民間伝承もコンセプトに内包する呪術的な原始テクノでもあった。当時としては珍しく、キャブスと同じように、ビデオ・アート、フィルム、ハイパーテキストおよび他のドキュメントを利用するゲリラ・サイン存在論のマルチメディア・キャンペーンを展開していた。彼らの音楽コンセプトは、情報過多の情報社会の批判、カルト的態度、洗脳やサブリミナル広告のような概念を強調していた。個人的には1988年の” Spiritflesh ” ( Earthly Delight ) を最後に彼らの作品は聴かなくなったが、ぼくにとってはインダストリアルを語る上でとても重要な存在でもあった。

NOCTURNAL EMISSIONS-01
Nocturnal Emissions-02Nocturnal Emissions-03Nocturnal Emissions-04
Nocturnal Emissions-CD-01Nocturnal Emissions-CD-02
Nocturnal Emissions ‎– Accumulator
We Can Elude Control ‎– WCEC007
Vinyl, 12″
CDr
UK
Released: Apr 2013
A Accumulator 2
B1 Accumulator 1
B2 So Darn Hot
WE CAN ELUDE CONTROL 2013

Nocturnal Emissions – Accumulator 1

+++++

Shelley Parker

ロンドンの女性プロデューサー、シェリー・パーカー( Shelley Parker ) とEmptysetのPaul Purgasの ” Dual Capacity ” 。このデュオは主にギャラリー、フェスティバルおよび美術展示会での公演と活動をもとにした、そのライブ即興セッションを記録したもの。 エンプティセットのPaul Purgasの存在と影響が現在のノイズインダストリアルの世界にあって、いかに重要な役割を果たしているかが、どうだ! 分かっただろう。彼女たちの音楽とプロジェクトは、ニューメディアと催眠術ソニックス、音声の設置およびディジタル技術、そして即興をもとにした偶然から生まれ、濃厚で厳密な衝撃の構造の可能性を調査し、その録音は、原始の生地および調性、典礼主義のアプローチの様相、低音で駆動される継続的な影響を調査する。またそれらは、現代芸術と音および実験の電子音楽の間の対話を拡張する手段としての機能を持つ。

CONTACT DJ MIX (SHELLEY PARKER) AUG 2004
By Shelley Parker
11 months ago
http://www.mixcloud.com/shelleyparker/contact-dj-mix-shelley-parker-aug-2004/

Shelley Parker & Paul Purgas – Dual Capacity

GM - REC LABEL SPEC (Page 1)
Shelley Parker-02Shelley Parker-03
Shelley Parker & Paul Purgas ‎– Dual Capacity
We Can Elude Control ‎– WCEC005
Vinyl, 12″
UK
Released: 2012
A1 Preternatural
B1 Dual Capacity
B2 Chance Fracture
WE CAN ELUDE CONTROL 2012


Shelley Parker – Live for Fractal Meat – Apiary Sunday Salon
Graham Dunning: 2013/12/09
Shelley Parker performing live for Fractal Meat on a Spongy Bone at Apiary Studios’ Sunday Salon, – 24th November 2013

Shelley Parker
from La Casa Encendida PLUS 6 months ago

Shelley Parker-B-01
Shelley parker-C-01Shelley Parker-C-02

Shelley Parker ‎– Sleeper Line EP
Entr’acte ‎– E154, Entr’acte ‎– 154
CD, EP, Limited Edition
Belgium
Released: 2013
1 Fixed Connectors
2 Deep Excavations
3 Dry Riser
4 Falling Main
5 Sleeper Line 1
Published By Entr’acte
“Produced in 2012”
Edition of 200 copies.
ENTR’ACTE 2013


Roberto Crippa”Reverse”をリリースしている2008年にロンドンで設立された電子音楽レーベル「We Can Elude Control」からは、2009年にジョーニール・メルシエの提携でカール・オコナーとミック・ハリスによる3Dオーディオ・ヴィジュアルショーを含んだヴィジュアル・アーティストやデザイナー、エレクトロニック・ミュージシャンとの共同ギャラリー・パフォーマンスが録音された30分間のオーディオ・ヴィジュアル・コミッション・シリーズとして、密封された黒のパックに収納された限定版CD ” We Can Elude Control – Sleeparchive / Regis / Secondo / mick Harris ” がリリースされていた。We Can Elude Controlは、ノイズ、アブストラクト、ダークアンビエント、インダストリアル、エクスペリメンタルを横断する電子音楽シーンで活動する逸材を輩出していて、まだ知名度こそは低いが、今後おおいに注目されるレーベルに成長することだろう。

Karl O Connor & Mick Harris – Untitled ( We Can Elude Control )
http://www.youtube.com/watch?v=ybL6W7l1pm4

2014 5.17 am3.00

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。