Ø (Mika Vainio) + Panasonic

Panasonic + Ø (Mika Vainio)

Sähkö Recordings

SAHKO-021
フィンランドの南西部の町バルト海に面すトゥルク (Turku)にあるSähkö Recordingsは、1993年にTommi Grönlundによって設立された。このレーベルは ” フィンランドのエレクトリシティ ” 呼ばれているように主にエレクトロニック・ミニマリズムを特色としている。サブレーベルとしてPuu、Keys of Life、Jazzpuuなどがあり、 Ø (a.k.a. Mika Vainio)、Pan sonic、Jimi Tenor and Freestyle Man (a.k.a. Sasse Lindblad)などのアーティストの作品をリリースしている。このレーベルでのMika Vainio関係の作品は ” Ø ‎– Kvantti ” しか入手できなかったが、他のリリース・アーティストを調べているとオーストリア/ウィーンのCheap、ミュンヘンのDisko B、ウィーンのMainframeレーベルなどと共振しながら当時活動している ( 90年代中期の重要なエレクトロニック・ミュージックのこの周辺の作品と、その詳細はいずれ整理しなきゃならないと思っているし、機会があれば ) のも興味深い ( 上の写真はSähkö RecordingsでJimi Tenor以外でぼくが所有しているもの ) 。
Sähkö Recordings Oy
Tehtaankatu 27-29 D 74
00150 Helsinki
Finland
Fax: +358 9 628870
E-mail: tommi@sahkorecordings.com
http://www.sahkorecordings.com/
http://www.phinnweb.org/sahko/
http://www.discogs.com/label/985-Sähkö-Recordings

Ø – Atomit

forthelamented·: 2010/07/15

Ø ‎– Kvantti
Sähkö Recordings ‎– SÄHKÖ-002
Vinyl, 12″, EP, 45 RPM
Finland
Released: Mar 1993
A Kööpenhaminalainen Tulkinta
B1 Atomit
B2 Radium
Written and Produced by Mika Vainio
Sähkö Recordings 1993

1993年にフィンランドでミカ・ヴァイニオ ( Mika Vainio ) とイルポ・ヴァイサネン ( Ilpo Väisänen ) の2人によって結成されたパナソニック ( Pana Sonic, 1993 – 2010 ) は、1994年にメンバーとしてサミ・サロ ( Sami Salo ) を新たに加え活動していた ( 1996年に兵役のためサミ・サロが去り、2010年の解散までは2人で活動 / パナソニック ” 松下電器産業 ” からのクレームによりPan Sonicパンソニックに変名 ) 。音楽的ルーツをスロッビング・グリッスルやアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンなどのインダストリアル、ダブやレゲエと言われているが、いま聴き直せば、raster-notonでのグリッチの先取りといったほうが適切だろう。93年といえばクラブシーンはレイヴとデトロイトテクノへの熱も醒め、Warpでの「アーティフィシャル・インテリジェンス・シリーズ」が発売された頃で、ブラックドッグやオウテカの実験的エレクトロニカ、IDM、Rephlex Recordsでのエイフェックツインなどの、それこそコンテンポラリー・モダン・ミュージックが主流を占領しだしていた ( クラブミュージックといえば多くのひとがダンスミュージックに耳と目を取られ、現代音楽からIDM、アブストラクト、アンビエント、ノイズを横断する90年代のこうしたメインストリームを蔑ろにしてきたように思っている。単純にテクノとカテゴライズするのではなく新しい解釈としての「 contemporary Modern Music 」の文脈を1冊の本として編集したい欲求に駆られている。それほど90年代には素晴らしい実験的な作品が数多くリリースされていた ) 。パナソニックが1995年にBlast Firstからリリースした限定クリアーヴァイナル4枚組ボックス・アルバム ” Panasonic ‎– Vakio ” も、その流れを汲むミニマルとハードコアの融合する接触不良音楽 =テクノイズ、グリッチ、インダストリアルを展開している。Mika Vainioの音楽がクラブシーンで知れ渡るようになったのは、1997年にロンドンへ移り住んでからのことだろう。当時、北欧でのこうした作品はあまりニッポンに入って来ず、90年代のMika Vanio関係の作品でぼくが手にできたのは ” Panasonic ‎– Vakio ” と ” Ø ‎– Kvantti ” の2作品だけだった。

Pana Sonic-01
Pana Sonic-02Pana Sonic-03Pana Sonic-04Pana Sonic-05Pana Sonic-06
Panasonic ‎– Vakio
Blast First ‎– BFFP 118
4 × Vinyl, 10″, Album, 33 ⅓ RPM, Clear
Box Set, Limited Edition
UK
Released: 25 Sep 1995
A1 Alku
A2 Radiokemia
B1 Hetken
B2 Vaihe
C1 Urania
C2 Graf
D Hapatus
E1 Paine
E2 Tela
E3 Virhe
F1 Reso
F2 Vaihe (Fön)
G Kaasu
H1 CSG-Sonic
H2 Sahkötin
Music By [All Tracks By] – Ilpo Väisänen, Mika Vainio, Sami Salo
Engineer [Instrument Engineering] – Jari Lehtinen
Mastered By Nimbus
Design [Graphic] – A.Men Architects, Ilpo Väisänen, TG
All tracks recorded live using analog equipment.
BLAST FIRST 1995

PAN SONIC_VAKIO album(1995)_01 Alku
http://www.youtube.com/watch?v=b8Mpel2mdIw&list=PLnuNvjXOwAEVxsRu_FWZCi6PQY87YqhwK
*FUCKINGY·: 2011/05/13

Virhe (PAN SONIC- Vakio. 1995)

Panasonic – Urania
https://www.youtube.com/watch?v=QYiP0n-KwnQ
*forthelamented·: 2008/08/11
Mika Vainio / Ilpo Väisänen / Sami Salo

Panasonic: ‘Radiokemia’
https://www.youtube.com/watch?v=XZBzc_Ejsw8
*eyesaw77·: 2010/03/12
Track: ‘Radiokemia’ by Panasonic, from the 1st LP ‘Vakio’ 1995.
Visuals: Cut-up news reports of the Poll Tax Riot in Trafalgar Square.

http://www.phinnweb.org/panasonic/
ttp://www.phinnweb.org/panasonic/discography/

http://www.phinnweb.org/sahko/

http://www.phinnweb.org/panasonic/history.html

************

Ø (Mika Vainio) – Syvyydessa Kimallus

*TheMacadali·: 2014/01/19
Ø (Mika Vainio) – Syvyydessa Kimallus
Buy and support
http://hardwax.com/00028/o/konstellaa…
http://boomkat.com/cds/809343–mika-v…
All rights reserved for the producers of these tracks. All the tunes that I upload are for promotional use only. Please contact me if you don’t want your tracks on display.

フィールドレコーディングによってではない人工的に作られる疑似環境音楽のサウンドとサイレンスの境界を特に意識し、微妙な構成の機敏および思慮深さを備えたフィンランド語で星座を意味するアルバム ” Ø ‎– Konstellaatio ” は、音楽における静けさがクエルード ( quaalude / 鎮静催眠薬 ) としての機能を持つことを証明する。それだけではなくSynthによる静寂のなかの底流にある悪寒の感覚が、ただ繊細で美しいだけのサウンドスケープではなく、同時代意識としての、インダストリアルやグリッチの持つ凶暴性も微かに聴こえてくる。 Joachim NordwallとStephen O’Malleyとの共作?。「 脅威を与えるサブウーハーはあなたの胸を打ちます、物理的な存在として優しく明示する音、天のエレクトロニクスのまわりで曲がること、それは死ぬように、実際に悲しい感情を抱く、星。・・・ 私が惑星、次の粒子および亜原子の像を視覚化する1つの瞬間、・・・小宇宙/大宇宙の出来事 ( Ant / Norman Records on Thu 30 Jan, 2014 ) 」*注意 こうした音楽を部屋のオーディオ・システムで聴く場合でも最大限音量をあげて音の空間を意識して聴くこと。

Mika Vainio-01
Mika Vainio-02Mika Vainio-03Mika Vainio-04Mika Vainio-05Mika Vainio-06Mika Vainio-07Mika Vainio-08

Ø ‎– Konstellaatio
Sähkö Recordings ‎– SÄHKÖ-28
2 × Vinyl, LP, Album
Finland
Released: Jan 2014
A1 Otava
A2 Syvyydessä Kimallus
B1 Kesäyön Haltijat
B2 Neutronin
C1 Elämän Puu
C2 Talvipäivä, Vanha Motelli
D1 Metsän Sydän
D2 Syväwritten and produced by Mika Vainio in Berlin 2001-2013nteessä Pukinjalkaisen
D3 Takaisin
written and produced by Mika Vainio in Berlin 2006-2013
digital mastering by Denis Blackham
vinyl mastering by Rashad Becker
sleeve by Mika Vainio and Tommi Grönlund
photo by Kalle Vainio
Talvipäivä, vanha motelli is for Harold Budd.
Copyright (c) – Sähkö Recordings
Sähkö Recordings 2014

Ø (Mika Vainio) – Stratostaatti

*dolfijnmetans·: 2013/03/14
From ‘Olento’ (2013) (Reissue)
Purchase at http://boomkat.com/cds/17688–mika-va…
All tracks written and produced by Mika Vainio
Recorded during the summer 1995
Released in September 1996
Reissue March 2013
Mika’s amazing treasure box of rare Sahko music unleashes another amazing slab of cracked nordic bass explosions and abstract melodicism, this dating from 1995. Summertime writing for Helsinki residents probably means they get an extra half hour of daylight a day which might explain the slghtly warmer glow emitting from the tracks on ‘Olento’. Wrapped in a unique debossed card sleeve, inside you’ll find the cd inside another card holder (in cool shades of green). Enough designer lifestyle, the music will give your bass cones as much abuse as ‘Metri’ but where that album locked you in your fridge and left your there ‘Olento’ subtely increases the variance on tempo as the micro tech bump tracks swing more, the downtempo tracks make you feel hazed up and flowery and the ambience injects a certain Eno warmth. An amazing re-issue to file next to ‘Metri’ and ‘Kantamoinen’ (early best of 2005 methinks). Mika’s 2005 glow will intensify even more this summer when Pan.Sonic’s long muted collab with Suicide’s Alan Vega drops on Mego, stand well back these fireworks can sting! Essential.

Ø – Otava
https://www.youtube.com/watch?v=Ej9JMOB6VYs
viktor palmer·: 2013/12/10
From the upcoming ‘Konstellaatio’ LP on Sahko.
http://www.discogs.com/%C3%98-Konstel…
I do not own any rights to this music. If you like it, buy it in the near future on Hardwax.com.

2014 2.14 am4.15

*阿木譲 a perfect day
表示回数 133,499

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。