José Val del Omar [ The Stranger ] – El creyente de una película, y un creyente musical

José Val del Omar / El creyente de una película, y un creyente musical
Jose Val del + Industrial Minimal, Dark Ambient
[ The Stranger ]

1 sat + 2 sun Februaly19:00-23:00 2000yen ( inc 1drink+CDR ) @ nu things
bricolage: AGI Yuzuru

AGI

スペインの実験映画、それもThe Strangerの” Where Are Our Monsters Now, Where Are Our Friends? “のyoutubeで知ったホセ・ヴァル・デル・オマル ( José Val del Omar )の”Picto-Luminic-Audio-Tactile” artと呼ばれる芸術の統合、その映像には魅了されるばかりだ。「最も深い情欲、激情 …匿名の、恐怖の爆発性の残酷な仕事、映画の素晴らしい未知工場の熱望」としての破壊的な芸術、フィルム。ここのところ、彼の映像を尖端のインダストリアルやダークアンビエント、モダンクラシカルとどうしても振動させたい衝動に駆られていた。神秘的な理想主義によって進歩を進める曲げられた現実主義、それはまるで尖端音楽の行くべき道と歩みを共にする。

[1 sat – 2 sun February 2014]
1日は先日のFRUEでの衝動を引き継ぐ重低音がドゥンドゥンくるインダストリアル・ダンスミュージック、2日はモダンクラシカルとダークアンビエントやノイズなどによるサウンドスケープを。
[+ Exhibition 3 Mon – 6 Thurs February 2014 ]
3日から6日のExhibisionはホセ・ヴァル・デル・オマルの映像とアートジン「 Og 」に取り上げたレコード群と、この2、3年にリリースされた尖端のレコード/CDの展示。

ホセ・ヴァル・デル・オマルはオーディオ技術の発明のためのいくつかの特許をとっており、 そのなかの「Diáfonoサウンド・システム」は、彼が音の「弁証的な対話」と呼んだものを製作するために、観客の前や背後にスピーカーを置いて実験的な試みを展開していた。しかしそれは立体音響のように音の迫真性を増強するのではなく現実の単なる忠実な表現の向こうの、映画の装置の力を増強するのが目的だった。彼の映像の裏に流れているサウンドトラックは、映像のリズムを重要視したインダストリアル、モダンクラシカルで、Desbordamiento Apanorámico de la Imagen (Apanoramic Overflow of the Image)と呼ばれる映像システムによるVisión Táctil (触覚のビジョン)のようにリアルだ。

スクリーンショット(2014-01-28 19.17.54)スクリーンショット(2014-01-28 19.18.14)スクリーンショット2(2014-01-28 19.03.34)
スクリーンショット(2014-01-28 19.03.40)スクリーンショット(2014-01-28 19.04.10)スクリーンショット(2014-01-28 19.12.52)

Explicación Diafonía en “Ojalá Val del Omar”

Exhibition
El creyente de una película, y un creyente musical
“Ojalá Val del Omar”
+ The Stranger

3 mon- 6 thu Februaly19:00-23:00 500yen @ nu things

Exhibition-Stranger

2014 1.29 am2.34

*阿木 譲 a perfect day
表示回数125,777

BF88b8jCcAI1vIS**追記 久しぶりに東京の空気を吸って、FRUEの二次会が終わり深夜3時頃、連れの5人で渋谷でお茶でもしようということになった。金曜日だというのに店は閉まり、ひとの気配のないあの閑散とした街並には驚いた。言いたくないけど ” 日本の原発事故は、おそらく人類史上最も深刻な社会の健康被害事故として認識される” ということを、東京のひとたちは無意識に感じ始めているのだろう。福島や東京から離れる以外、もうどうしようもないところまできている。あらゆる意味で、自分で自分を守ることしか方法がない。いまさらだけどマスメディアに真実などない。そしていまなお音楽の、業界 ( 芸能 ) の太鼓持ちとしてのTVやFMや音楽雑誌の嘘だらけの情報に洗脳されてるマジョリティ。ここにはこんなに素晴らしい音楽があるというのに、、( 世間を騒がせておいて不届きだけど、このイラストはまるで一昨年暮れのぼくの事件でのマスメディアが流した誤報のよう、、w )

Adam Magyar, Stainless – Shinjuku
http://vimeo.com/77489382
from Adam Magyar PLUS 3 months ago ALL AUDIENCES
High speed video recording in Tokyo at Shinjuku station.
full video: 11min. 11sec. 720p 50fps
magyaradam.com
Note: There is no Creative Commons License applied to this work. Thus it is not legal to copy
*渋谷でも東京駅でもないけど、Adam Magyarがハイスピードで録画した” Stainless – Shinjuku ( よごれのない新宿 ) ” 。コピー拒否の作品だけど、それは無視して、、、。この映像を観て、それぞれ感じ方は違うだろうけど、、、これに似た風景は世界中どこにでもあるのだろうけど、、、だけどスタティックで無垢な目をしたひとびとはこの国だけ、、、そして、これが2014年のリアルニッポン。自由気ままに生きてきたぼくの罰当たり人生にはまるで無縁な [ The Stranger ]、見知らぬ人。

東京駅プラットフォーム、なんと驚きの4.88μSv/h!!
http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-879.html

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。