EMPTYSET – RECUR

Emptyset – Recur

ブリストルのJames GinzburgとPaul PurgasからなるユニットEmptysetの、ドイツraster-notonから発表された3番目のスタジオ・アルバム「 Recur 」のテーマが、砕かれたソニックスの相互作用を通じての時間、構造および回帰で「時間という概念がどのように体験と形式に作用するか、そしてコンプレッション ( 圧縮,圧搾 ) やレアファクション ( 希薄作用 ) を通して、音の信号を限界点まで持って行くことでどのような形態が生まれるかなどを探究している」。その結果として生じる「 境界条件で両端が定められる区間に存在できる波動の基本振動と倍振動 」のモードと、どのように対話するか、ということらしい。エンプティセットの音響は常に空間的で、雑音と音楽の間の知覚境界、および技術とアーキテクチャーの両方の可能性を探求している。
Emptyset: Fragment

Emptyset: Fragment

from The Wire Magazine PRO 2 weeks ago
Watch a video for “Fragment”, a track from Emptyset’s forthcoming album on Raster-Noton.
Emptyset says: “The video mirrors Recur’s production approach, applying greater layers of detail and complexity into a signal chain, and continues from our previous moving image work exploring aspects of analogue video, broadcasting and electromagnetic induction. “Fragment” follows on from this line of research, integrating more physical processes by using reflective surfaces as a means of reshaping the transmitted image.”
Recur is released on 28 October by Raster-Noton.

Emptyset-N-01Emptyset-L-02
Emptyset-N-03Emptyset-N-04
Emptyset ‎– Recur
Raster-Noton ‎– R-N 151-2
Vinyl, Album, LP
Germany
Released: 28 Oct 2013
Style: Abstract, Experimental, Glitch, Rhythmic Noise, Techno
Tracklist
A1 Origin 3:18
A2 Fragment 3:16
A3 Disperse 4:17
A4 Order 6:36
B1 Absence 4:17
B2 Lens 2:59
B3 Instant 3:35
B4 Recur 3:27
B5 Limit 3:00
Published By Multiverse Media Publishing
Recorded At Multiverse
Recorded At Bink Bonk
Cover – Emptyset
Engineer [Additional] – Mat Sampson
Written, Produced by J. Ginzburg, P. Purgas

エンプティセットの音楽は、エクスペリメンタルな音のアーキテクチャーと肉体的で物質的な,形而下のクラブミュージックの間の応力点で作動すること。それらは巨大な/砕かれた美学の臨床の調査とも言えるだろう。ノイズとサイン波とグリッチとインダストリアルに感染した選ばれたスノッブな音楽ファンのためだけのオルターモダンミュージック。

Emptyset – Lens

* chookiessss·: 2013/10/31
http://boomkat.com/vinyl/818423-empty… Emptyset – Recur, Released on raster-noton.

Emptyset-P-01Emptyset-P-02
Emptyset-P-03Emptyset-P-04
Emptyset-P-05Emptyset-P-06
Emptyset ‎– Material
Subtext ‎– SUB007
Vinyl, 12″, 45 RPM, 33 ⅓ RPM
UK
Released: 2013
Style: Rhythmic Noise, Abstract, Techno
A Trawsfynydd Nuclear Power Station – Snowdonia, Wales 17.12.12
B1 Ambika P3 – London, England 12.12.12
B2 Chislehurst Mine – Kent, England 02.11.12
Mixed At Multiverse Studios
Published By Multiverse Media Publishing
Manufactured By Cargo
Distributed By – Cargo
Engineer [Location Recording] – Mat Sampson (tracks: A, B2)
Photography By P. Purgas
Written by J. Ginzburg, P. Purgas
Produced by J. Ginzburg, P. Purgas
Sleeve [Sleeve Design] – John Coulthart
Gatefold sleeve.
Side A plays at 45 RPM, Side B at 33 ⅓ RPM

エンプティセットがコッツウォルド丘陵のゴシック様式の大邸宅「Woodchester館」で、大きなサウンド・システムをセット・アップした後に、高ボリュームで雑音を放ち、建物の構造を利用したその反響を記録した「 Material 」は、階段の吹き抜けを上へブンブン音を立てて、廊下、壁を通ってブンブン鳴ったsub-bass detonationsと、床から下へと反復した高周波はウーウーと金切り声を発てる。同じ方法論を用いて録音された3まいの絵画のような作品の、その異なるセッティング、シチュエーションは、ロンドンにある燃料庫 ( Ambika P3 concrete bunker ) 、ウェールズ、スノードニアのTrawsfynydd原子力発電所、、ケントのChislehurst鉱山によって行われスピーカーから再生されたものをリヴァーブなどをかけて録音されている。洞窟状のアーキテクチャー、空間が音楽全体を構成している。サウンドアーキテクチャー、人工的フィールドレコーディング、サウンドトラック、インダストリアルミュージック。「音のスペースとその根音の関係の調査、極端な低音の適用、これらの特異部位の本質および音の記号を抽出する手段としての雑音およびフィードバック。録音の向こう側にある空間 ( スペース ) がそれぞれその記号を与えるので、音の腐食の性質上に焦点があり、地中の地球を通って低周波ソニックス・トンネリングへのコンクリートサーフェスの彼方に反射する雑音から信号へ反響する特性。。その録音は構造、資料および音の一体になった調査を巧妙に作って、ドキュメントの3つの位置を供給する( subtext recordings )」。
**参照 阿木 譲 a perfect day – EMPTYSET – Material
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/04/15/emptyset-material/</

Trawsfyndd
http://vimeo.com/76090188
from emptyset PLUS 1 month ago

Emptyset-R-01Emptyset-R-02
Emptyset-R-07Emptyset-R-08
Emptyset ‎– Collapsed
Raster-Noton ‎– R-N 116
Series: Unun – Ununhexium
Vinyl, 12″, 45 RPM
Germany
Released: 04 Oct 2012
Style: Abstract, Experimental, Glitch, Rhythmic Noise, Techno
A1 Armature 4:14
A2 Core 3:09
B1 Collapse 3:53
B2 Wire 3:16
Published By Multiverse Media Publishing
Producer, Written By James Ginzburg, Paul Purgas

Raster-Notonの「 Unun – Ununhexium 」シリーズの1枚としてリリースされたシングル。厳密な意味では自然界には存在しないと言われている波動の振幅が、雑音に比べて非常に大きいサイン波( 1950年にフランスの作曲家アンリ・プッスールは正弦波曲線が、楽曲の理想的な形式と定義した ) やグリッチは大脳・内臓のレベルに深刻な損害を引き起こすと言われているが、ノイズやロックから受け継がれている破壊的音響もここまで来れば本望かも。

Collapse
http://vimeo.com/76080177
from emptyset PLUS 1 month ago

Emptyset-T-01Emptyset-T-02
Emptyset-T-03Emptyset-T-04
Emptyset ‎– Medium
Subtext ‎– SUB005
Vinyl, LP, Limited Edition
UK
Released: Mar 2012
Style: Leftfield, Abstract, Techno, Bass Music
A1 Medium
A2 Other
B1 Interstice
B2 Divide
B3 Mirror
Design – John Coulthart
Mastered, Mixed, Engineer by Mat Sampson
Photography – Caroline Seymour
Produced by J. Ginzburg, P. Purgas
Written by J. Ginzburg, P. Purgas
Recorded at Woodchester Mansion in Gloucestershire, UK – February 17th, 2011.
Published by Multiverse Media Publishing
Distributed by Cargo Records
Special thanks to Hannah McCanlis and the Woodchester Mansion Trust

ブリストルのアヴァンテクノ・オペレーターEmptysetは、ゴシック建築での轟音の反響の調査のために、この作品をセット・アップした。歪なこの空間は正弦波の低音とフィードバックの巨大なエコールームと化し、その音響をフィールドレコーディング。音とアーキテクチャーの共演。プロジェクトはWoodchesterマンション・トラストに支援され、また、有名なブリストル・エンジニア、マット・サンプスンは、中央のモノ音響システムと同様に建物に関して分配されたヴィンテージ・マイクロホンおよびプリアンプの莫大な配列を管理。

Medium
http://vimeo.com/76077527
from emptyset PLUS 1 month ago

emptyset-S-01Emptyset-S-02
Emptyset-S-03Emptyset-S-04
Roly Porter, Paul Jebanasam & Emptyset ‎– Demiurge Variations
Subtext ‎– SUB006
Vinyl, 12″, 45 RPM
UK
Released: 2012
Style: Rhythmic Noise, Abstract, Techno
A Demiurge: Of Blackest Grain To Missive Ruin (Paul Jebanasam Variation)
Remix – Paul Jebanasam
B Function: Vulgar Display Of Power (Roly Porter Variation)
Remix – Roly Porter
Guitar – Nick Talbot (tracks: B)

Techtronic/Moving NinjaのひとりPaul JebanasamとSubtextのオーナーVex’dのRoly PorterとEmptysetのコラボレーション作。モダンクラシカルとインダストリアルの融合。

Function
http://vimeo.com/76075197
from emptyset PLUS 1 month ago

参照 阿木 譲 a perfect day – Paul Jebanasam + Roly Porter
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/09/12/paul-jebanasam-roly-porter/

Emptyset-U-01Emptyset-U-02
Emptyset ‎– Demiurge LP Sampler
Subtext ‎– SUB003
Vinyl, 12″, 45 RPM
UK
Released: 23 May 2011
Style: Leftfield, Abstract, Techno, Bass Music
A1 Monad
A2 Function
B1 Void
B2 Tangent

Emptyset-V-01
Emptyset-V-02Emptyset-V-03
Emptyset ‎– Demiurge
Subtext ‎– SUBCD001
CD
UK
Released: May 2011
Style: Rhythmic Noise, Bass Music, Techno, Experimental
1 Departure 3:29
2 Void 3:16
3 Point 3:34
4 Periphery 1:19
5 Plane 3:38
6 Sphere 3:03
7 Tangent 4:34
8 Structure 2:45
9 Function 3:10
10 Monad 2:49
11 Return 3:41
Distributed By Cargo Records
Phonographic Copyright (p) – Multiverse Ltd.
Copyright (c) – Multiverse Ltd.
Phonographic Copyright (p) – Subtext
Copyright (c) – Subtext
Published By Multiverse Media Publishing
Recorded At Multiverse Studios
Design – John Coultart
Mastered By Kevin Grainger
Photography By Caroline Seymour
Written by James Ginzburg, Paul Purgas
℗ & © 2011 Subtext / Multiverse Ltd.

emptyset – Kunsthalle Zurich – 21/06/13
http://vimeo.com/77412139
from emptyset PLUS 1 week ago

参照 阿木 譲 a perfect day – 2012 best album part4 11-13 EMPTYSET
https://agiyuzuru.wordpress.com/2013/01/25/2012-best-album-part4-11-13/

2013 11/5 am5.05

*阿木譲 a perfect day 11月 5, 2013, 11:56 am現在 / Views 91,221

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。