The Stranger + Leyland Kirby

The Stranger
Leyland Kirby
The Caretaker
+José Val del Omar

The Stranger – “Where Are Our Monsters Now, Where Are Our Friend”

** pitchforktv·: 2013/09/09
A haunting procession of pious images edited from Jose Val Del Omar’s 1960s short film Fuego en Castilla.

ジェームズ・レイランド・カービーはベルリンの共産主義者が建てた高層ビルの43階に暮らしている。彼は主として黴びたブラッドソーセージで生活し音楽を作ることだけに一日を費やす。1999年に最初のアルバムを制作して以来信じられない数の作品をリリースしていて、様々なフィルム・プロジェクトも展開している。The Stranger名義での久々のリリースは時代を象徴する我らモダンラヴからリリースされた。The Stranger のサイドB1曲目に収録されている “Where Are Our Monsters Now, Where Are Our Friend”のyoutubeには、1961年にカンヌで発表されたホセ・ヴァル・デル・オマールの映画 ” Fuego en Castilla ” のワンシーンが使われていて、この映画は、西洋から東洋へ交差する宗教彫刻がまるで夢遊病者がみる夢のように交錯するもので、数100年にもわたるイスラーム支配のあったスペインならではの、イスラーム哲学思想が色濃く流れている。


De barro
Rafael Liñan
2012/11/22 に公開
Imágenes de José Val del Omar. Música de Rafael Liñán. 2007
Excerpts from the video “Homenaje a José Val del Omar”. Junta de Andalucía, Spain.

https://www.youtube.com/watch?v=t1MA_C0EM2Q
La experiencia de las Misiones Pedagógicas en “Ojalá Val del Omar”
Pedro Jiménez
2013/06/17
Extraído del docu-ficción-homenaje de Cristina Esteban “Ojalá Val del Omar” (1994) http://www.imdb.com/title/tt1798221/
Si quieres encontrarlo completo puedes comprarlo en el cofre “Val del Omar. Elemental de España” editado por CAMEO y el Archivo Val del Omar http://www.cameo.es/top/val-del-omar-…
Este vídeo se sube con fines pedagógicos.

Jos+Val+del+Omarホセ・ヴァル・デル・オマル ( José Val del Omar )
常に燃えているスクリーン、火のように、それがイメージおよび触覚的でリアルなelectroac音とともに迫ってくる。バリャドリードの、宗教彫刻博物館の無限の数の彫像、死と愛。イーゴリ・ストラヴィンスキー、マンボ・ジャズおよびリズム、様々なノイズ、ミュージックコンクレート、フィールドレコーディング、、、恐怖のTactilvisión del páramo。映画の信仰者が存在していた時代があったように、音楽の信仰者が時代のなかにリアルに存在していた頃もあった。ホセ・ヴァル・デル・オマルも正にその作品にみられる異常な芸術的・技術的な才能からしても映画の信仰者のひとりだった。”Picto-Luminic-Audio-Tactile” artと呼ばれる芸術の統合。ホセ・ヴァル・デル・オマルの「触覚のビジョン」という映像には”diaphonic sound”というエレクトロ・アコースティックなフィールドが流れているが、音楽を聴くことによっても発生するイメージってなんだろうね。「 イメージまたは心的イメージ(しんてきイメージ、英語:Mental image)とは、何かの物体、出来事、または情景などを知覚する経験に極めて似通った経験であるが、対象となるはずの当の物体、出来事、また情景が感覚において現前していないような経験を言う ( ウィキペディア) 」。聴覚イメージといっても、それは常に「視覚」イメージとして現出する。それも考えれば不思議な経験だ。

https://www.youtube.com/watch?v=cE87X2foXW0&feature=player_embedded#at=320
Val del Omar PLAT
chejereguakoy·1: 2008/02/10
José Val del Omar (Granada 1904 – Madrid 1982)


: desbordamiento de Val del Omar en el MNCARS de Madrid
a10tv·: 2010/11/28
Más vídeos en http://www.arte10.com
El perfil de José Val del Omar no puede ser adscrito a una

✝ ✝ ✝

Stranger--01Stranger--02
Stranger--03Stranger--04
The Stranger ‎– Watching Dead Empires In Decay
Modern Love ‎– LOVE088
Vinyl, LP, Album, Limited Edition, Smokey Grey
UK
Released: Oct 2013
Genre: Electronic
Style: Experimental, Noise, Ambient, Industrial
A1 We Are Enemies But Not Here 2:34
A2 So Pale It Shone In The Night 6:17
A3 Spiral Of Decline 4:28
A4 We Scarcely See Sunlight 5:14
A5 Providence Or Fate 5:25
B1 Where Are Our Monsters Now, Where Are Our Friends? 7:13
B2 Grey Day Drift 5:41
B3 Ill Fares The Land 3:03
B4 About To Enter A Strange New Period 5:23
Phonographic Copyright (p) Modern Love
Copyright (c) Modern Love
Lacquer Cut At Alchemy Mastering
Cover – Guy Denning
Lacquer Cut By Matt
Distributed By Boomkat
Distributed By Forced Exposure
Distributed By Kompakt DistributionNotes
© & ℗ Modern Love 2013

このアルバムは、ゴダールの横目で見るレンズのように、音を、それ相当の物に作成しようと製作された。この表現でこのアルバムの意図は充分通じるだろう。古いゾンビB級映画からのドラム音サンプルや、スムーズな物語性をも疎外するほどの大胆な「分断と再構築」の編集術?によって供給された” The Stranger ‎– Watching Dead Empires In Decay ” 、それらにデムダイク・ステアのイメージが重なる。暗いダークアンビエントだけど、ぼくにとってはとてもモダンで、ファッショナブルな音楽、、、ところで彼は音楽産業をばかにして数年を過ごし、その悪評の高さは有名。「音楽に携わる人間はバカばかりで、ほんとうに音楽を聴いているであろう人々はほとんどいないだろう」、「誰もカルトの地位を達成する目的で始めません。それらは、もし行えば、失敗するでしょう。真実のカルト・ステータスは、ある姿勢、キャラクター、ビジョンおよび意図の結果です。それは、単に主体性のない人々の注意に達しない以上のものです。理想的なカルト収集者は、限定版に生きがいを持つアバンギャルドのelectronicaの眼鏡をかけた学芸員です」と。

05. Providence or Fate – The Stranger

Garret Littler·: 2013/10/09
Watching Dead Empires in Decay
via Modern Love

Leyland Kirby
Aliases: The Stranger, Billy Ray Cyrix, Bored In Columbia, Butcher Claws, Caretaker, The, CV[ev], Dr. Fred, Edgeley Musher, The, Leon And Hits, Notorious P.I.G., The, Pole, The, V/Vm, V/Vm Allstar Marching Band, V/Vm And The Hog Chorus, vvMike Read
Variations: Viewing All | Leyland Kirby
James Leyland Kirby, Leyland James Kirby

Leyland Kirby-01
Leyland Kirby-02Leyland Kirby-03
Leyland Kirby ‎– Eager To Tear Apart The Stars
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW010
CD
Europe
Released: Sep 2011
Genre: Electronic
Style: Abstract, Ambient
1 The Arrow Of Time 3:12
2 This Is The Story Of Paradise Lost 9:43
3 To Reject The World 1:28
4 No Longer Distance Than Death 7:53
5 They Are All Dead, There Are No Skip At All 10:25
6 My Dream Contained A Star 10:13
Mastered At Dubplates & Mastering
Manufactured By Handle With Care
Artwork – Ivan Seal
Mastered By Lupo
Recorded By, Other [Constructed By] – Leyland Kirby

ジェームズ・レイランド・カービーのすべての音楽から聴こえる(神の)超絶性とでもいうか、通常の限界を凌ぐ、凌駕する、または越える状態、トランセンデンスのメランコリックなこの深み、、、そして知的インスピレーション。音楽のそうした霊的な世界こそ、また人生の本質だと、ずっとずっと思い続けている、、、。ひととひとの繋がりでさえ、、、1年前のあの事件、一般論としての恋愛という意味で考えるなら、ぼくはあのひとを愛していたかと言えば、愛していなかっただろう。20数年前、初めて会ったぼくを前に口にした「あなたの愛人になりたい」と言う言葉、ただあのひとのその思いを時の流れの中で、静かに受け止めてあげていただけだと、思う、きっと、、、、だけど、あのひとへの思いは、好きとか嫌いとかではなく、もっと運命的なもので、人間の力や、ぼくらにはどうすることも出来なかったもの、、、、だ、としか言いようがない、、、なぜなら、留置され取り調べの数日の出来事は、京都市両御霊町の古びた検察庁の建物のなかのカビ臭い部屋の間取りや空気までも、「 ああこれは、前にも見たことがある・・・ 」と、デジャブ現象として体験する、とても不思議な時間が流れていたから、、、神の見えざる手( invisible hand of God )というのは確かに在って、自分の力ではどうにもならないものを受け入れる、そのことの意味を、、、、、、、

Leyland Kirby – They Are All Dead, There Are No Skip At All

**asouvenirreverse·: 2011/09/07
Taken from Eager To Tear Apart The Stars – released September 2011. Additional info can be found here – http://www.discogs.com/Leyland-Kirby-…
Image found here – http://cc-polaroids.tumblr.com/

leyland kirby this is the story of paradise lost
http://www.youtube.com/watch?v=aQarR5lOmkI
* Marcello Semeraro·: 2011/12/10

Leyland Kirby - Sadly, The Future Is No Longer What It WasLeyland Kirby ‎– Sadly, The Future Is No Longer What It Was
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW-DL-001
20 × File, MP3, Album, 320 kbps
Germany
Released: 2011
Genre: Electronic
Style: Dark Ambient
When We Parted, My Heart Wanted To Die (76:40)
1 When We Parted, My Heart Wanted To Die (Friedrichshain Memory) 15:06
2 The Sound Of Music Vanishing 11:15
3 The Beauty Of The Impending Tragedy Of My Existence 7:36
4 And As I Sat Beside You I Felt The Great Sadness That Day 12:52
5 Tonight Is The Last Night Of The World 9:36
6 To The Place Between The Twilight And The Dawn 20:15
Sadly, The Future Is No Longer What It Was (78:57)
7 When Did Our Dreams And Futures Drift So Far Apart ? 9:53
8 Not Even Nostalgia Is As Good As It Used To Be 9:40
9 Sadly, The Future Is No Longer What It Was 20:26
10 Stay Light, There Is A Rainbow A Coming 12:16
11 And Nothing Comes Between The Sadness And The Scream 6:59
12 I’ve Hummed This Tune To All The Girls I’ve Known 12:48
13 Not As She Is Now But As She Appears In My Dreams 6:55
Memories Live Longer Than Dreams (79:58)
14 Memories Live Longer Than Dreams 8:37
15 Don’t Sleep I Am Not What I Seem, I’m A Very Quiet Storm 13:17
16 A Longing To Be Absorbed For A While Into A Different And Beautiful World 13:20
17 Days In The Wilderness 4:17
18 Stralauer Peninsula 16:56
19 We All Won That Day, Sunshine 12:44
20 And At Dawn Armed With Glowing Patience, We Will Enter The Cities Of Glory (Stripped) 10:47
Leyland Kirby - Sadly, The Future Is No Longer What It Was-02

Leyland Kirby
http://www.discogs.com/artist/Leyland+Kirby

Leyland Kirby – when we parted my heart wanted to die (you tube edit

*vvmtest·: 2009/03/01
Taken from the 3CD album / Triple Double-Vinyl album “sadly, the future is no longer what it was”. The video was shot on location in Berlin in Winter 2008.
Released in 2009 on History Always Favours The Winners.

Leyland Kirby ~ When Did Our Dreams and Futures Drift So Far Apart

**** apeofnaples·: 2011/09/20
From “Sadly, the Future Is No Longer What It Was” by Leyland Kirby

http://www.youtube.com/results?search_query=Leyland+Kirby

✝ ✝ ✝ ✝ ✝

Caretaker, The-04
Caretaker, The-05Caretaker, The-06
The Caretaker ‎– An Empty Bliss Beyond This World
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW008
CD
Europe
Released: 19 May 2011
Dark Ambient, Musique Concrète, Experimental
1 All You Are Going To Want To Do Is Get Back There 3:46
2 Moments Of Sufficient Lucidity 3:48
3 The Great Hidden Sea Of The Unconscious 3:02
4 Libet’s Delay 3:27
5 I Feel As If I Might Be Vanishing 1:56
6 An Empty Bliss Beyond This World 4:20
7 Bedded Deep In Long Term Memory 1:49
8 A Relationship With The Sublime 3:36
9 Mental Caverns Without Sunshine 3:13
10 Pared Back To The Minimal 1:46
11 Mental Caverns Without Sunshine 1:35
12 An Empty Bliss Beyond This World 3:48
13 Tiny Gradiations Of Loss 2:53
14 Camaraderie At Arms Length 4:46
15 The Sublime Is Disappointingly Elusive 1:44
Credits
Artwork – Ivan Seal
Mastered By Lupo
Recorded, Other [Remembered] – The Caretaker

「 この世界の向こうの空の至福 」は、ジェームズ・カービーのプロジェクトThe Caretakerが2011年にリリースしたもの。2011年のトップ50アルバムのNo.47に挙げられている。V/Vm名義でAphex Twinをズタズタに解体しまくってたJames Leyland Kirbyではあるが、ここでの手法は膨大な所蔵レコードの中からクラシック・ピアノやボールルーム・ジャズなどのSP盤をセレクトし、自由にブリコラージュ。レコード針がヴィニール上を滑る際に発生するスクラッチ・ノイズがとても美しい、、

The Caretaker’s An Empty Bliss Beyond This World

*alteredzones·: 2011/11/23

Caretaker, The-01
Caretaker, The-02Caretaker, The-03
The Caretaker ‎– Patience (After Sebald)
History Always Favours The Winners ‎– HAFTW013, History Always Favours The Winners ‎– HAFTW 013CD
CD
Europe
Released: 14 Feb 2012
Classical, Electronic
Dark Ambient
1 Everything Is On The Point Of Decline 2:33
2 As If One Were Sinking Into Sand 2:32
3 Approaching The Outer Limits Of Our Solar System 5:40
4 When The Dog Days Were Drawing To An End 4:50
5 A Last Glimpse Of The Land Being Lost Forever 2:56
6 The Homesickness That Was Corroding Her Soul 3:37
7 I Have Become Almost Invisible, To Some Extent Like A Dead Man 4:00
8 In The Deep And Dark Hours Of The Night 4:37
9 No One Knows What Shadowy Memories Haunt Them To This Day 4:05
10 Increasingly Absorbed In His Own World 4:24
11 Isolated Lights On The Abyss Of Ignorance 4:33
12 Now The Night Is Over And The Dawn Is About To Break 5:14
Manufactured By Handle With Care
Notes
Soundtrack to the Grant Gee film. No track titles or other information other than the title and the catalog number appear on the album artwork. Alternate catalog number (HAFTW 013CD) appears on barcode.

ドイツのフィルムメーカーW.G.ゼーバルトのドキュメンタリーフィルム 「 忍耐 Patience (After Sebald)’ 」のサウンドトラック。歴史、廃墟、哀悼といったテーマからなる多層の映画エッセイで、「忍耐」のための資料はドイツの作家WGシーボルド(1944-2001)の作品、および彼の最も有名な本「土星の環」や、フランツ・シューベルトの1827個「Winterreise」からの分離された破片などが使われていて、2012年2月14日にHistory Always Favours The Winnersからリリースされた。The Caretakerの9thアルバム。アートワークはIvan Sealの絵画。

The Caretaker – No one knows what shadowy memories haunt them them to this day

*** redizorkitj·: 2012/01/14
Patience is a soundtrack to Grant Gee’s film about German writer WG Sebald. It’s described as a ‘multi-layered film essay on landscape, art, history, life and loss’, told through a long walk along the coast of East Anglia. Gee originally asked Kirby to soundtrack the film back in 2009. To put together the music, Kirby tracked down Franz Schubert records from 1927 which are now long out of copyright, and like the rest of his Caretaker records assembled the final piece from degraded shards and samples of the originals. It’s a fractured, brooding and very beautiful listen, its pianos half-vanished in vinyl crackle, static and murk. …

✝ ✝ ✝
他にもV/Vmは、ストックポート、イングランドから、ジェームズ・レイランド・カービーの実験音楽および正常なコラージュ・プロジェクトで、主としてノイズ・ミュージックともいえるが、この辺りはいつか機会があれば。

2013 11/1 am3.11

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。