JEALOUS GOD – SS/S ( SILENT SERVANT & SVRECA )

JEALOUS GOD – SS/S ( SILENT SERVANT & SVRECA ) – SICARIO DIOS

「今、自分が存在している場所の真価を問う同時代の突然変異 ( ミュータント ) たち」に捧げるレーベルJealous GodはKarl O’Connor (Regis)がメインの、Juan Mendez ( Silent Servant/ビジュアル・ディレクター ) 、James Ruskin ( 視覚的な管理者および音楽監督/ミュージック・ディレクター ) の3人による新しいプロジェクト。Issue N° OneはSilent Servant とSvreca ( Semantic )とのコラボレーションSS/Sの「Sicario de Dios」。これには16ページからなるアートジンとDaniel HerguedasのBlackdogからYoung Hunting、Coil、 Suicideなどインダストリアル系25曲のミックスCDが付録に付けられている。

Jealous God http://jealousgodltd.tumblr.com/

SS/S (Silent Servant & Svreca) – Siglo 3 (Original Mix)

**SS/S (Silent Servant & Svreca) – Siglo 3 (Original Mix)
Fredsel·: 2013/05/31
SS/S (Silent Servant & Svreca) – Sicario De Dios
Release Date: 27-05-2013
Label: Jealous God
Cat.nr: JEL01
Genre: Electronic
Style: Techno
http://readymade.bigcartel.com/produc…

JEALOUS GOD-C01JEALOUS GOD-C02
JEALOUS GOD-C03JEALOUS GOD-C04
SS/S ( SILENT SERVANT & SVRECA ) – SICARIO DIOS
JEALOUS GOD Issue N° One
A Siglo 1 Siglo 2
B Siglo 3 Siglo 4
mix CD
mixed by Daniel Herguedas Irazu
JEALOUS GOD 2013

SS/S (Silent Servant & Svreca) – Siglo 1

SS/S (Silent Servant & Svreca) – Siglo 2 (Original Mix)

SS/S (Silent Servant & Svreca) – Siglo 4 (Orignal Mix)

JEALOUS GOD-01JEALOUS GOD-02JEALOUS GOD-03

JEALOUS GOD-03:2JEALOUS GOD-04JEALOUS GOD-05

JEALOUS GOD-06JEALOUS GOD-07

「 私たちは宗教を主張しているのではなく視覚的な象徴主義を主張するためにここにいます。私たちの目的は、考えを暗示し質問することです。what is the here and now。私たちは、過去の先入観のない私たち自身のイメージにおけるテーマを解釈し直すでしょう。目的は私たちに関連のある考えおよび私たちに近い人々を露出することです。多数が、私たちのアプローチ中の横柄さを思うでしょう。しかし、これは明白に理解されます。私たちは在来のグループです。しかし、そのありのままの純真さで私たちは自由をみつけます。新しい考えを許可する自由。Jealous Godは同時代の突然変異体のために意図されます。私たちはそれらに慰めを見つけます、それらはクリエイトするために私たちに燃料を提供します。私たちの手の中の私たちの心で私たちは勇敢に究極まで達します。 sunday march 24th,Jealous God 2013 」

JEALOUS GOD-B01JEALOUS GOD-B02JEALOUS GOD-B03

JEALOUS GOD Issue N° One
mix CD

The Black Dog and Anthony Child – Sleep Deprivation 3
Cuthands – Krokodilo
Sunn O))) – Bathory Erzebet
Young Hunting – a List Of Indignities
Tropic of Cancer – Distorted Horizon
The Midnight Episode – Romancer
Coil – 2.5-Dimethoxy – 4 Ethyl – Amphetamine ( DOETHecate )
Suicide – Mr Ray ( live )
Vangelis – Blush Response
This Mortal Coil – Dreams Made Flesh
Broadcast – I Found the End
Anika – I Go to Sleep
Tropic of Cancer – The Dull Age
DSCRD – L‘ Envers Des Clefs II
Tangerine Dream – Mysterious Semblance At The Strand Of Nightmares
Jocelyn Pook – Masked Ball
Grischa Lichtengberger – Sonix
Coil – Going Up
Bob Ostertag – The Surgeon General
Svreca – Post Madrid
Cut Hands – ++++ ( four crosses )
Spaceman 3 – Revolution
Ugandan Methods – She Belongs to Eternity
British Murder Boys – Dead Sun
The Cramps – Lonsome Town
**mixed by Daniel Herguedas Irazu
JEALOUS GOD 2013

今後Jealous God からはRuskinから1枚、Silent Servantのソロ作が1枚(Powellリミックス付き)、O/V/R (RegisとJames Ruskin)から1枚、そしてIn Aeternam Valeから1枚リリースが予定されている。全てにアートブックが付属され、最初の100枚には更にもう一つおまけ(「artifact」)が付いてくる。第一弾にはトートバッグが付き、セカンドリリースにはロゴが刻まれた短剣、3作目にはミリタリーのロゴバッジが同封されるという。Jealous Godは、O’ConnorとMendezが、Dave Sumner(別名Function)と共に運営し2011年に停止したSandwell Districtの後を引き継ぐ運動でもあるのだが、Sandwell Districtとしての最後のリリース「fabric 69」にはJealous God名義の曲が2曲収録されている。

神話の力-ジョーゼフ・キャンベル ビル・モイヤーズ-Vol.6 永遠の仮面.flv
http://www.veoh.com/watch/v31838137HEnCk957
**「神話の力 ジョーゼフ・キャンベルとの対話」(6回シリーズ) 第2回 神と人間 製作  パブリック アフェアーズ テレビジョン (アメリカ) 出演  ジョーゼフ・キャンベル+ビル・モイヤーズ

音楽とは詩や言葉を超えたある事柄の本質・意味などについての突然の直観、洞察、ひらめき=エピファニー ( Epiphany ) によって生まれてくる。エピファニーの語源であるギリシア語エピファネイアは「出現」を意味するもので、元来はキリストの顕現の意でもある。言い直せば音楽とは神の出現 ( a divine manifestation ) とも解釈できる。旧約聖書出エジプト記 – 第20章20-5や申命記 – 第6章6-15にある「あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三四代に及ぼし、、、。/ あなたのうちにおられるあなたの神、主はねたむ神であるから、おそらく、あなたに向かって怒りを発し、地のおもてからあなたを滅ぼし去られるであろう。」から引用されたでのであろう「妬みの神/熱情の神 ( Jealous God ) 」というコンセプトを前面に押し出した彼らのインダストリアル音楽は、日常の取るに足らない些細なことに集中し、そこに瞬間的な啓示や神話の原型をみつける作業でもある。あるひとには、15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われるドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きにしたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの「ファウスト」に描かれた錬金術や占星術、黒魔術師の悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたという奇怪な伝説がJealous Godプロジェクトの音楽から聴こえてくるのかも。

Faust 1926 FW Murnau Opening

ゲーテの「ファウスト」にインスピレーションを得たF・W・ムルナウ監督による無声映画「ファウスト」
*Faust (German: Faust – Eine deutsche Volkssage) is a 1926 silent film produced by UFA, directed by F. W. Murnau, starring Gösta Ekman as Faust, Emil Jannings as Mephisto, Camilla Horn as Gretchen/Marguerite, Frida Richard as her mother, Wilhelm Dieterle as her brother and Yvette Guilbert as Marthe Schwerdtlein, her aunt. Murnau’s film draws on older traditions of the legendary tale of Faust as well as on Goethe’s classic version. UFA wanted Ludwig Berger to direct Faust, as Murnau was engaged with Variety; Murnau pressured the producer and, backed by Jannings, eventually persuaded Erich Pommer to let him direct the film.
Faust was Murnau’s last German film, and directly afterward he moved to the US under contract to William Fox to direct Sunrise (1927); when the film premiered in the Ufa-Palast am Zoo in Berlin, Murnau was already shooting in Hollywood.

2013 6/20 pm23.08

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。