Holly Herndon ‎– Movement

Holly Herndon ‎– Movement

Song: Fade by Holly Herndon – Future / Past

*Future / Past
from PERFECTO MAG PLUS 2 months ago NOT YET RATED
Video by: Istoica
Styling: Colleen Henman
Beauty: Robert Weir
Model: Juliann from Elite
Song: Fade by Holly Herndon

「ヴォーカリゼーション」に言葉とメロディは不要だとぼくは思っている。ヴォイス、声を声として表現するには感情移入してしまう歌では困るのだ。あくまでも言葉遊びであって、隠語による声そのものの即興演奏。声を楽器として、声帯を振動させることによって声を発する(有声音)と声帯振動を伴わない気息的な音(無声音)による「声」による言葉遊びである。Holly Herndonのヴォーカリゼーションはシンセサイザーが発てる多用な音色にとてもよく似ているように思える。「だだだだだ・・・。」だけで会話を成立させる赤ん坊の発する声のようなもの、そこにディアマンダ・ギャラスやトリスタンツァラの「ダダ」にある徹底した意味の破壊、虚無とナンセンス、あるいは壮絶な絶叫を伴うものであってほしい。あるいは音声詩の、言語の表面的な意味ではなく美学的・喚起的な性質を用いて表現される多くは韻文で一定の形式とリズムを持つものや、一定の形式に凝縮して言葉を収め、また効果的に感動・叙情・ビジョンなどを表すための表現上の修辞技法が使われたものか。口、喉から発せられる音=声はミュージシャン、アーティストにとっては最大の武器、楽器でもある。
「発声は気道を(普通は真声帯の)声門閉鎖で遮り、そこに呼気圧を加えて息を流し込むことで声門が繰り返し開閉し、断続的な圧力変動(音波、喉頭原音)が生まれ、さらに声道による共鳴の効果で連続的な波形に整えられると同時に口腔や鼻腔、舌、歯、唇などの調音機構によって母音および子音が付加される。真声帯は声唇とも呼ばれ、ヒトの口唇や瞼に似た構造の器官である。口唇を呼気で振動させる(リップロール、リップリード)と声帯振動を模した運動となり喉頭原音に似た音が生じる。これは金管楽器の発音体(マウスピース)に利用されている」

Holly Herndon-01Holly Herndon-02

Holly Herndon-03Holly Herndon-04

Holly Herndon-05Holly Herndon-06

Holly Herndon ‎– Movement
RVNG Intl. ‎– RVNGL15LP
Vinyl, LP, Album, Limited Edition
US
Released: 13 Nov 2012
A1 Terminal
A2 Fade
A3 Breathe
B1 Control And
B2 Movement
B3 Interlude
B4 Dilato
written and performed by Holly Herndon
produced and engineered by Holly Herndon
vocals on Dilato by Bruce Rameker
mixed by Scott Arford at The Red Lodge,
Oakland and Mark Pistel at Room 5 Recording, Sun Francisco
mastered by Rashad Becker at Dubplates
and Mastering, Berlin, Germany
Hours of editing and listening by Mathew Dryhurst
phtography by Randy Yau
design by Kevin ONeill, WWFG
RVNG Intl 2012
Limited edition vinyl with download code.

ホリー・ハーンドンはサンフランシスコを拠点に活動している芸術家で、ミルズ大学でエレクトロニック・ミュージックを学び、スタンフォード大学のエレクトロニック・ミュージックの研究に対する博士号候補にノミネートされた。またエリザベス・ミルズ・クラザーズ最優秀ボーカルのための作品で2010年の作曲家賞を授与されている。彼女の音楽は、電子的に処理された声の実験 ( 波形を変形させるなど ) によって電子メディアを具現化するエクスペリメンタルミュージック。2012年11月にRVNG Intlからデヴューアルバム ‘Movement’ をリリース。ラップトップミュージックについて彼女は次のような発言をしている。「スカイプ上でボーイフレンドと話し合うことができ、あるいは祖母が電子メール上で亡くなったことを知ることもできます。私たちの生活のすべてがそこに起こっています。したがって、私たちはそれを利用することができます、そしてそれを私たちが隠す必要のあるステートメントと見なしません。そのようにラップトップミュージックは新しいパラダイムを見つけることに関係していて、実際に素敵な、解放されたバイオリニストを持つことも可能です。このジャンルはまだその新しいパラダイムへの答えを解くための過渡期というのが現状です」

Holly Herndon
Real Name: Holly Herndon
Profile: Sound artist currently based in San Francisco.
http://hollyherndon.tumblr.com/
https://www.facebook.com/hollyherndonmusic
https://twitter.com/hollyherndon

Holly Herndon – Movement [Official Video]

*Holly Herndon – Movement [Official Video]
RVNGintl·: 2012/11/29
BEST VIEWED IN HD
From Movement on RVNG Intl.
https://itunes.apple.com/us/album/mov…
http://igetrvng.com/shop/holly-herndo…
Directed by Mat Dryhurst
Photographic Direction by Tolleson
Edited by David Riley
Lighting by Eric Haines
Performed by Pei Ling Kao and Nathan Ng
Make Up by Liana Sundar
Shot on location at The Lab, San Francisco, CA
Thanks To:
Sarah Bernat at The Lab
Jamie Calderon and Randy Yau at Tolleson
Kevin O’Neill at Will Work For Good
Adam Labay at Future Weapons
http://www.igetrvng.com
http://www.hollyherndon.com

Holly Herndon – 195 performance at Mills College 20

**195 performance at Mills College 20
from Holly Herndon 3 years ago
‘195’ is part of my MFA thesis, performed March 2010 in the Jeannik Méquet Littlefield Concert Hall at Mills College. This piece explores the juxtaposition of acoustic, amplified, and processed voice in an attempt to address disembodiment of the human voice by electronics. With the addition of synthesized electronics, feedback and extended vocal technique, this piece compares timbre and texture of electronics, voice and a combination of the two, as equal, yet different autonomous entities.
Logan Birdsall, Elise Cumberland, Lucy Moore, Gretchen Jude, Zeina Nasr, Danishta Rivero: Voice
Holly Herndon: Laptop

Holly Herndon – Terminal
http://www.youtube.com/watch?v=nnrbaPQHJEI

Holly Herndon Boiler Room London LIVE Show
http://www.youtube.com/watch?v=gp7l3PDws-M
*brtvofficial·: 2013/02/07
FOR PODCAST: http://bit.ly/VYWyn0
One of the artists that is really captivating the minds of the music press at the moment – and rightly so. Undoubtedly Holly still has a cast future in music ahead though.

Holly Herndon defends Laptop Musicians – Pitchfork Weekly

*****pitchforktv·: 2012/12/05
Holly Herndon discusses using her computer as a live instrument in Brooklyn’s Wythe Hotel.
Available on itunes: https://itunes.apple.com/us/album/mov…
http://igetrvng.com/shop/143
Watch more Pitchfork Weekly now: http://p4k.in/KMrAvK
——
SUBSCRIBE to Pitchfork.tv: http://bit.ly/yK2Fbp
——
Follow Pitchfork.tv on Twitter: http://bit.ly/KJ2PhP
——
For more videos from Pitchfork TV: http://bit.ly/M1lvs8
Like Pitchfork on Facebook: http://www.facebook.com/pitchforkmedia
Check out Pitchfork on Tumblr: http://pitchfork.tumblr.com/

Holly Herndon VIMEO
http://vimeo.com/search?q=Holly+Herndon+

Holly Herndon - CarHolly Herndon - Car-02

Holly Herndon ‎– Car
THIRDSEX ‎– 3rd/ten
Cassette, Album, Limited Edition
US
Released: 19 Jul 2011
A Side A
B Side B
Credits
Featuring [Contributor] – Paige Buck (tracks: A)
Notes
Car specific composition by San Francisco-based sound artist Holly Herndon, released in an edition of 102.
When approached to record a cassette for the label, the artist surveyed the label audience and found that most were listening to these cassettes in their cars.
This composition was derived from experiments including sine sweeps of popular car models in an attempt to reach optimal vibration within the space.
Best enjoyed while driving!
THIRDSEX 2011

カセットテープで発表された「CAR」は、彼女のトヨタ・マトリックスを鳴り響かせることを目指したサイン波、シンセサイザーデザインなどと、フィールドレコーディングなどの音響素材の合成からなる「 エンヴァイロメント 」。フランスの音楽家エリック・サティの楽曲「家具の音楽」にインスパイアされた70年代にブライアンイーノの提唱した単にオブスキュア/静謐なアンビエント→ヴィデオアートなどの視覚芸術のインスタレーション作品などと共振しながら発展してきたアンビエントミュージック ( 環境音楽 ) という概念も、時代とともに新たにスローモーションテクノ、ダークアンビエント、ドローン、フィールドレコーディングなどにみられる人工的に加工合成された音響を融合しつつエンヴァイロメントなるものへと発展し変容しつつある。

Holly Herndon – CAR – played by armored vehicle in a tunnel

2013 6/6 pm12.53

**Twitterとインターネット。これがなければ1日が始まらない、この糞病みきったソーシャルネットワーク依存症と強迫観念なんとかしないとね。このブログだって書き続けていないとぼくの存在はいなくなる。それと同じでツイートしていないと、きみはいないことになる。すべてが一過性の情報で、書き込まれた新しいすべての情報が数時間前にアップしたばかりの古い情報の上に上乗せされて積み上げられて行く。ぼくはTwitterは字数制限があるのでやらないが、「例えばFacebook上の友達が100人だったとしたら、1:100に対して、ブログとTwitterの場合には1:6,840,507,003です。見られる範囲の桁が全然違います」というほどTwitter上の情報拡散の解放度とそのスピード感は凄まじい。ブログのアクセス数だってTwitter上でブログ更新と告知してもらった日とそうでない日とは格段の差だ。Twitterによって仮想世界は動いているといっていいほどだ。否、もはやそれらの誹謗中傷に動かされている人の多い現在、我々の日常は、ソーシャルネットワークこそリアル/現実だと言い直しておこう。とにかく常にインターネット上にぼくがいないとぼくの存在はなくなってしまうらしい。だからといってRTされたりアクセス、フォローワーの人数が多いからといって、発信した情報が日常にリアルに反映されるのかといえばはなはだ疑問だが、、、、。リアルな人間関係ますます薄く遠のいていってしまったね、、、

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。