MOHAMMAD ‎– Som Sakrifis

Mohammad ‎– Som Sakrifis

MOHAMMADは、ギリシャ出身の3人の音楽家Coti K ( コントラバス ) 、ILIOS ( オシレーター ) 、およびNikos Veliotis ( チェロ ) から成る室内楽トリオ。オシレーターでチェロとコントラバスをマニュピレートする彼らのモダンクラシカル/ドローン音響は、極度の情緒的能力を保持する周波数の残像/連続体 ( フリークエンシースペクトル )によって構成されている。モノクロマチックなMohammadの音楽は、これもまたブダペスト/ハンガリーの映像作家タル・ベーラ ( Tarr Bela ) の映画「 The Turin Horse ( ニーチェの馬 ) 」での、哲学者フリードリヒ・ニーチェに神経衰弱を引き起こしたと噂される馬の鞭打ちの、単調な馬とその所有者の反復の空虚な毎日の生活を描いた単色世界と、とても符号する。 あるいは「Sakrifis」の螺旋状の、オシレーターの調子が休止したかと思うと、地獄の底を這うような帯状の低いストリングの弓のうめき声が流れ始め、突然急変するドラマティックな構造を持つ曲から察すれば、世界の救済をテーマにしたロシア人映画監督のアンドレイ・タルコフスキーが制作した「サクリファイス(The Sacrifice )」での J. S Bach Komm süsser Tod Stokowski ( 甘い死よ来れ ) へのオマージュか?。しかし、Mohammadの映像にみられる馬の目はなぜにこうもやさしく悲しいのだろう? それともヨハネ黙示録第6章第8節にあらわれる死を象徴する馬「蒼ざめたる馬」がついにやってきたのか。

Mohammad ‘Sakrifis’ (PAN 37)

**from PAN PLUS 1 month ago
‘Sakrifis’
Music by Mohammad. Video by Beben Films.
‘Som Sakrifis’ (PAN 37)
mohammad.gr
pan-act.com
© 2013 PAN

MOHAMMAD-01MOHAMMAD-02MOHAMMAD-07

MOHAMMAD-04MOHAMMAD-06MOHAMMAD-03

Mohammad ‎– Som Sakrifis
PAN 37
Vinyl, LP
Germany
Released: Mar 2013
A1 Sakrifis 6:52
A2 Lapli Tero 8:14
B Liberig Min 17:01
all music by Mohammad
mastered and cut by Rashad Becker at Dubplates & Mastering
photography by Babis Makeidis ( front ) & Traianos Pakioufakis ( back )
artwork by Kathryn Politis & Bill Kouligas, mphammad,gr
LP pressed on 140g vinyl. It is packaged in a pro-press color jacket which itself is housed in a silkscreened pvc sleeve.

MOHAMMAD
http://www.mohammad.gr/

PAN
http://www.pan-act.com/
https://soundcloud.com/pan_recs

The Turin Horse

10年前の2002年の夏、7月31日から9月1日にかけてロンドンからスカンジナビア半島のオスロ、ストックホルム、コペンハーゲン、そして東欧のベルリン、ワルシャワ、プラハ、ブタペス、 ウィーンなどを旅行したあのモノクロームな思い出がいまになって急にフラッシュバックしている。我々の生きている世界がいつのまにかカラフルなものだと誤解してしまっているが、人生って実はとてもモノクロマチックなものなんだと、最近つくづく思う。それもあの旅行での、特にワルシャワからブタペストでの時間は、いまになってなによりも重かったことに気付く。➥

J. S Bach “Komm süsser Tod” Stokowski
http://www.youtube.com/watch?v=fws6Q9lpggw
*Addiobelpassato·: 2012/08/18
Komm süsser Tod, BWV 478, from
Musicalisches Gesangbuch G.C. Schemelli, BWV 439-488
by Johann Sebastian Bach
transcripted and arranged by Stokowski
Philadelphia Orchestra
Leopold Stokowski, conductor
1933

Andrei Tarkovsky – The Sacrifice – J. S Bach Komm süsser Tod

*******Ricardo Maraña·: 2012/12/14
The Sacrifice – Andrei Tarkovsky
Music – J. S Bach Komm süsser Tod Stokowski

➦当時のブログにぼくはこんなこと書いていた。「…翌日早速、ワルシャワに向かうことにした。その電車のなかで隣り合った子供連れの女性から “ワルシャワはとてもデンジャラスな街よ” と聞いていたので、少しの期待と緊張を持ってワルシャワ中央駅を降りた。ワルシャワは民主化以後、貧富の差が激しく、現在もロシア貴族たちだけが相変わらず社会の中枢を握っているという。古いロシアの気配を少し残し(ボクにはロシア聖教の力は未だ大きく存在しているように思えた)、共産主義社会の残骸を残しながらヨーロッパ経済の水準に近づこうともがいているようにも思える街だった。治安の悪さゆえか、街の至る所で警察官や警備員が配置されていた。しかしボクが思っていた以上にヒューマニズム溢れた国で、屋台や蚤の市など、庶民的でエネルギッシュな結構楽しい街だった。お世辞にもモダンな街とは言えないけれど、メインストリートのALEJA JEROZOLIMSKIEやSTADION DZIESIECIOLECIAなどには、発展途上のエナジーも感じたし、モダンなカフェも存在していた。ベルリン以上に古いベルリンを感じた街でもあった。…8月13日、ヨーロッパの中心に位置するプラハに着いた。ロマネスク、ゴチック、ルネッサンス、アールヌーボーなど中世以後のすべての建築様式が現存しているプラハではあるが、そうした西洋遺産的な世界にはすっかり興味を失っている今のボクは、とりあえずダンシングハウスをこの眼で確かめステーションカフェでお茶すればそれでよかった。ドイツを中心に襲った洪水(フロッド)の影響で、ヴァルタヴァ川(モルダウ)が氾濫し、行動を制約されたこともあって、急遽滞在期間を一日短縮し、ブタペストへ向かうことにした。…宿泊先に決めたCity Panzio Matyasは、中央に吹き抜けのホールがありエレベーターから室内まで見事なまでにロマネスク様式が残されたホテルだった。その前を流れるブタペストを二分するドナウ川も、もう一雨くれば氾濫しかねないほどの水量だった。ブタペストの人々と街の持つエナジーは、ひょっとするとヨーロッパで一番熱いかも知れない。それほどの生命力溢れたブタペストだった。 中央市場での豊富な食料品や衣料品、地下鉄での人々のラッシュなどなど、とても活気のある街だった。…実は、ベルリンからブタペストに至る旅の途中には、ここでは話せない危険な出来事が多くあった。後から考えたらゾッとするような話なのだが ( 2002/9/30 ) 」➥

Mohammad – Koraci

***from mohammad 2 years ago / via Vimeo Desktop Uploader NOT YET RATED
From “Spiriti” 3xLP Box, Antifrost
Filmed by George Katsanakis

Mohammad – Vildblomma

****from mohammad 2 years ago / via Vimeo Desktop Uploader NOT YET RATED
From “Roto Vildblomma” Cd, Antifrost [afro2044]
Filmed by Mohammad

➦Out Side Tokyoに掲載されていたタル・ベーラ「ニーチェの馬」のインタヴュー「毎日、我々はルーティンを生きている、でもそれは毎日厳密に同じかというと実は違う、日々人生というものは短くなっていくからです。人生は弱まっていく、個々のエネルギーというものも段々と失われていく…」。他人を出し抜いて利益を得る、油断も隙もないことを意味する「生き馬の目を抜く」という言葉もあるが、この歳になって初めて常に相手をリスペクト ( 尊敬し、敬意を表す ) することの大切さを感じる。人間として生きる意味、尊厳とはこれ以外ないのじゃないのか? 人生とは退屈なきまりきった手続きや手順、日常の仕事、日課を淡々とやり過ごすことでしかない。Mohammadの「 Som Sakrifis」を聴いて、この2、3日、ずっとそんなことが頭のなかをグルグル巡っていた。この手で直接ザラっとした感触を感じるような、生きているというリアリティ、あのブタペストのひとびとのように生きることを諦めない人間的な熱いリアリティ。なぜ、馬の目はいつも涙をためているように悲しく、やさしいのか。

2013 4/17 pm14.35

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。