2012 best album part1 01 – 05

2012 best album part1 01 – 05

Florian Hecker

Edition Megoからのドイツ生まれの実験芸術家(または元言語学学生)フロリアン・ヘッカーズの最新のプロジェクト「Chimarisation(キメラ化)」で2012年は暮れた。2011年に同じEditions Megoからリリースされた「Speculative Solution」は、哲学者カンタン・メイヤスーの「extro-科学世界」の概念を音響で表現したもので、学術的な出版者Urbanomicとのコラボレーションによるボックスセットで発表されていた。 最新のプロジェクトChimarisationは、イランの作家+哲学者Reza Negarestaniとのコラボレーションで、ヘッカーは、「実験の歌劇の台本」を書くために彼を委任した。それは英語、ドイツ語およびペルシア語がシンクロナイズする3つのヴァージョンを持つ「言語と音響心理学の交差」、空間調査で、減音された無響室での電子音響処理によるグリッチサウンドとポエトリーディングのように暗唱反復する言語が記録されたもの。
3つのヴァージョンはいわゆるギリシャ神話に登場する伝説の生物「キマイラ」を励起したもので、ジェンダー境界さえあいまいに理解できない夢のような不確かな実在論を展開している。人間の音声に基づいた作品としてはアルヴィン・リュシエやジョン・ケージ、シュトックハウゼンなどが上げられるが、フロリアン・ヘッカーズは彼らの継承者ともいえる世界をここで再構築している。

Eindpresentatie Media Ecology CIW Florian Hecker (2012)

**2012/12/15 ; Videopresentatie voor de eindpresentatie Media Ecology, werkgroep

hecker-01jpgHECKER – Chimerization
(English Language Version)
Editions Mego 153
written and produced by Florian Hecker
english voices – Sugate Bose, Gariel Catren, Joan Jonas
all voices recorded by Florian Hacker at the Sensory Communication Group, Research Laboratory of Electronics, Massachusetts Institute of Technology, except ; Gabriel Catren recorded by Olivier Pasquet at IRCAM, Paris
graphic design by NORM, Zurich
http://www.editionsmego.com
EDITIONS MEGO 2012

hecker-03HECKER – Chimerization
(German Language Version)
Editiond Mego 154

Editions Mego is happy to announce the release of ‘Chimerization’, three vinyl editions of a text – sound piece Hecker produced on the occasion of dOCUMENTA (13) in Kassel, Germany.

For ‘Chimerization’ Hecker invited the Iranian writer and philosopher Reza Negarestani, to contribute an experimental libretto, “The Snake, the Goat and the Ladder (A board game for playing chimera)” a script that has been recited by a group of speakers and recorded by Hecker in anechoic and sound-attenuated chambers – rooms designed to minimize the reflections of either sound or electromagnetic waves.

Hecker characterizes ‘Chimerization’ as a concept derived from psychoacoustic investigations on difficult-to-define areas between language and non-language, a process focusing on the decomposition of sound and synthesizing incompatible modalities, surpassing their respective particularities without fusing them, in order to obtain a narration beyond immediate comprehension, which may be deciphered through repeated, ‘active’ listening.

hecker-04HECKER – Chimerization
(Farsi Language Version)
Editions Mego 155

‘Chimerization’ is released in the following languages – English (eMEGO 153), German (eMEGO 154), the mother tongue of the artist and Farsi (eMEGO 155), the orginal language of the writer.

All lyrics and sleeve texts on this one are in Farsi. The sleeve is printed so that the opening is to the left, making sense in Farsi right-to-left logic.

LUCIANO MAGGIOREは、モジュールのアナログ・シンセサイザー(マイクロホンで記録された少数の音を組込む1つの軌跡を除いて)用の10の短い曲によって構成されている。2011年11月と2012年3月にボローニャで制作されたもの。、2つの他のシリーズの部分を組込むために終了しました。
ベン・オーエンによって印刷された凸版活字印刷スリーブ。
NICOLA RATTIは、レーベルの主宰者Giuseppe IelasiとのデュオユニットBellowsとしても活動していて、これは5枚目のソロ作品。グランドピアノのストリングに置かれた、2台のオーディオ変換器で増幅されてた小さなアナログ・シンセサイザーやループ装置からなる最小のセットアップを使用していて、2011年7月にホテルPupik(Schrattenberg)の医学研修期間中にリアル・タイムに録音されたもの。 http://www.senufoeditions.com/

inciano maggiore-01:blog

LUCIANO MAGGIORE – Intersezioni Di Vortici, Studi Ritmici E Falase Chimere
senufo edition # thirty four

Recorded between November 2011 and March 2012.

Thanks to laura, ghedo, carlos, jennifer and giuseppe.

Numbered edition of 220 copies.

Senufo Editions; Italian label for experimental music released in very limited editions. Established and run by Giuseppe Ielasi.

Luciano Maggiore, Stay!

nicola ratti-01blog

NICOLA RATTI – Streengs
senufo edition # thirty three

printed by Middle Press

recorded at Hotel Pupik

mastered by Giuseppe Ielasi

mixed by Giuseppe Ielasi, Nicola Ratti

released in a letterpressed sleeve. Numbered edition of 220 copies

Rotate Festival Innsbruck (DAY2): Machinefabriek, Nicola Ratti

Giuseppe Ielasiによってイタリアのボローニャで設立されたレーベルSenufo Editionsからの作品は、すべてが限定版でリリースされる実験音楽。グリッチ以降、こうしたコンクレート的音響になぜか惹かれる。Giuseppe Ielasi「15tapes」や、Joshua Bonnetta 「American Colour」、JOE COLLEY「Lonely Microphone」など、普段ボクの部屋のBang and Olfusenの装置から空気のように流れているのは、決まってこうしたデジタルにパチパチ共鳴する現代音楽のベクトルを持つ電子音楽だ。そのなかでも特に去年発売されたGiuseppe Ielasi「15moretapes」の様々なテープマシン上の即興により編集された短い15片の曲で構成された作品はお気に入りで、90枚コピーされただけの正に美術品。これからの音楽のあるべき姿勢、音楽の未来はこうした限られたスノビズムのなかで機能すれば十分なのだ。

2013 1/20

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。